島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2009年08月30日

アンケート結果:結局、民主党支持多数〜これから混乱の時代が始るだろう

長い間続けてきました支持政党のアンケートですが、
その時々で支持政党の積み上げが変わり、逆転、逆転の
連続でした。

一時期、自民党支持の猛追があり、それまで民主党支持が
圧倒的だったのを逆転する現象が見えました。
その後、しばらくは自民・民主が拮抗する場面が続きましたが
選挙が近くなると急激な民主党支持の追い上げで、あっという間に
民主党がTOPに躍り出ました。

これはあくまでも、このブログ読者の結果ですので、断定は
出来ませんが、全国的な傾向と見ても外れてはいないのでしょう。

マスコミが「民主党支持有利」と報じるたびに、ここの支持者も
増えて行きましたので、マスコミ報道の影響力の大きさを
改めて感じることとなりました。

まずは、結果をご覧ください。

衆院選、何処の政党を選ぶ?
投票したい政党、またはグループ、無所属などを 選んでください。

自民党 44件 (37.3%)
民主党 56件 (47.5%)
公明党 1件 (0.8%)
国民新党 0件 (0.0%)
社民党 1件 (0.8%)
改革クラ 3件 (2.5%)
共産党 2件 (1.7%)
新党大地 0件 (0.0%)
新党日本 1件 (0.8%)
無所属 1件 (0.8%)
棄権   0件 (0.0%)
行かない 0件 (0.0%)
白紙投票 2件 (1.7%)
その他 7件 (5.9%)


これを始めた当時は、新規の政党がありませんでしたので、
「みんなの党」「幸福実現党」などに投票する事ができません
でしたが、コメント欄には、そういう人たちの意見もありました。

「アンチ自民党」

この勢力が、保守・革新ともに多かったようです。

あまりにも長く政権党にあったが為に、その弊害は無視できず
国民の我慢の限度を超えたと言う事なのでしょう。

「一度、民主党に政権を渡せ」

この風潮は、マスコミに煽られる事がなくても、きっと増えたでしょう。
マスコミがその「種火」に油を注いだ、ということかもしれません。

お寄せいただいたコメントの全部を、そのまま掲載して記録として
ここに残しておこうと思います。

■ コメント一覧 (一番上が、最新コメントです)

「自民党」 : ここか幸福でないと、日本沈没。・・・まじで。 (男性/30代/埼玉)

「その他」 : 幸福実現党です!!!!!!!!! (女性/40代/神奈川)

「自民党」 : 日本が日本である為に (男性/50代/大阪)

「自民党」 : 何度も投票しているが他の党では日本が滅びる。 (男性/40代/長野)

「自民党」 : 底力を感じるから (女性/70代/神奈川)

「自民党」 : 安保、経済、「日本政府」として任せられるのは現状ここしかない。 (女性/30代/東京)

「共産党」 : 半年差で投票権ないが、他の党は一貫性がない。 (10代/岩手)

「白紙投票」 : 竹島盗られて拉致されて、ガス田造られて平気な自民・民主・公明、他。全政党だめ。

「自民党」 : 右も左もいるが、基本は保守の自民しかない。 (男性/30代/千葉)

「その他」 : 幸福実現党を支援 (男性/60代/広島)

「その他」 : 幸福実現党を作る事 (男性/60代/埼玉)

「自民党」 : 主権移譲を公言する民主党には、この国を委ねられません。 (男性/30代/東京)

「自民党」 : 正式には、売国議員に票を投じない。

「その他」 : 幸福実現党に入れます (男性/40代/愛知)

「自民党」 : 投票に価しないの項目がほしい (男性/20代/福島)

「その他」 : 幸福実現党ってのも、緊急回避的にはありだと思うんだけど・・ (男性/30代/埼玉)

「自民党」 : 民主党は中国・韓国に日本を売却占領させる考えだぞ (男性/40代/東京)

「自民党」 : なんとか過半数を取ってもらうしかない気がします (男性/30代/神奈川)

「自民党」 : 緩やかな右傾化を願う。民主・社民・公明は売国党である。 (男性/30代/群馬)

「その他」 : 幸福実現党にでも入れよかな (男性/40代/愛知)

「自民党」 : 自民党もね〜と思うが、他にないから仕方ない。 (女性/50代/長崎)

「自民党」 : 自民しか選択肢がない。民主を選べば修正不可能な損失を受ける。 (女性/40代/千葉)

「自民党」 : 消去法で結局ここしかない

「自民党」 : 自民党で売国奴議員がいるところは、改革クラブが良いと思う。 (女性/30代/東京)

「共産党」 : 与謝野がいない政党ならどこでもだが、対米従属を抜け出すきっかけで共産党 (男性/30代/京都)

「自民党」 : 民主よりマシ

「民主党」 : 自民は官僚と利権を守ることが一番、国民の生活なんて考えていないから支持しません

「その他」 : 自民は左傾化し、民主・社民・公明も偽装帰化人による特亜の工作機関。新風が出てくれれば良いのだが・・・

「民主党」 : 絶対に民主党です、自民党は「最低な人間」が多いから嫌だし支持したら日本が滅亡する。 (女性/30代/兵庫)

「自民党」 : 長い間、平和を守って来ました!
「自民党」 : ここしか無いじゃん。選択肢が無さすぎ (男性/50代/長野)


これらのコメントが、国民のほとんどの意見を代弁しているとは
思いませんが、危機感が読み取れるコメントが多いように感じます。

「何とかしなければ・・・」

この想いが、それぞれの支持政党への期待となっているのでしょう。

みんな、この国を良くしたいと思っての行動です。
何処の支持であろうと、批判する気はありません。

これが「民主主義」ですから・・・。


こういう国に生まれたことを誇りに思い、この国を守って行きたい。

その為に「自分たちが、何をすればいいか」。


自分たちが「国」を作るのだ。  という意識を持って
これからも微力ながら行動していきたいと思います。

長い間のアンケートにも拘らず、多くの読者のご協力に
心より感謝いたします。

ありがとうございました。  m(_ _)m

さあ、結果を見守りましょう!


人気ブログランキングへ民主主義、万歳! にクリックを!

posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:13 | 長野 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | アンケート結果

2009年07月14日

おもしろいことになってきました

総選挙まで続けるつもりで実施してきましたアンケート。
その時々の時事問題のたびに、支持政党の数が変わりました。

当初、民主党票が圧倒的に多かったのですが、鳩山由紀夫代表の
献金疑惑問題で、とうとう逆転してしまいました。(笑)

ここまで来るのに約2ヶ月かかりました。

衆院選、何処の政党を選ぶ?
投票したい政党、またはグループ、無所属などを 選んでください。

自民党     33件 (44.0%)
民主党     31件 (41.3%)
公明党         0件 (0.0%)
国民新党        0件 (0.0%)
社民党         1件 (1.3%)
改革クラブ       2件 (2.7%)
共産党         1件 (1.3%)
新党大地        0件 (0.0%)
新党日本        0件 (0.0%)
無所属         1件 (1.3%)
棄権          0件 (0.0%)
行かない        0件 (0.0%)
白紙投票        2件 (2.7%)
その他     4件 (5.3%)


国民の多くが「迷っている」と言う結果が、はっきりと出ています。
しかし、その迷いは「何処にも入れられない」ということの
現われかもしれません。

不満な自民党、不安な民主党」などという、不名誉なキャッチまで
つけられながら、麻生総理は、とうとう「解散」を決意しました。
が、そのやり方は、「予告解散」という、まことにインパクトの無い
情け無いやり方
です。

もっと毅然とした態度で「解散」を宣言して欲しかった。

これでは、またまた「マスコミの餌食」にされそうだ。(苦笑)
まあ、しかし「解散」は決まった。
国民は、ますます迷うのであろう。(苦笑)

どちらも「決め手」が無いのだ。

コメントを読むと、なかなかおもしろく、心理状態がよくわかります。

■ コメント一覧 (下から上へ新しい順です)

「自民党」 : 主権移譲を公言する民主党には、この国を委ねられません。 (男性/30代/東京)

「自民党」 : 正式には、売国議員に票を投じない。

「その他」 : 幸福実現党に入れます (男性/40代/愛知)

「自民党」 : 投票に価しないの項目がほしい (男性/20代/福島)

「その他」 : 幸福実現党ってのも、緊急回避的にはありだと思うんだけど・・ (男性/30代/埼玉)

「自民党」 : 自民党はどこへいったのでしょうか (男性/60代/広島)

「白紙投票」 : 何か、サルばっかりだし? (男性/30代/埼玉)

「自民党」 : 民主党は中国・韓国に日本を売却占領させる考えだぞ (男性/40代/東京)

「自民党」 : なんとか過半数を取ってもらうしかない気がします (男性/30代/神奈川)

「自民党」 : 緩やかな右傾化を願う。民主・社民・公明は売国党である。 (男性/30代/群馬)

「その他」 : 幸福実現党にでも入れよかな (男性/40代/愛知)

「自民党」 : 自民党もね〜と思うが、他にないから仕方ない。 (女性/50代/長崎)

「自民党」 : 自民しか選択肢がない。民主を選べば修正不可能な損失を受ける。 (女性/40代/千葉)

「自民党」 : 消去法で結局ここしかない

「自民党」 : 自民党で売国奴議員がいるところは、改革クラブが良いと思う。 (女性/30代/東京)

「共産党」 : 与謝野がいない政党ならどこでもだが、対米従属を抜け出すきっかけで共産党 (男性/30代/京都)

「自民党」 : 民主よりマシ

「民主党」 : 自民は官僚と利権を守ることが一番、国民の生活なんて考えていないから支持しません

「その他」 : 自民は左傾化し、民主・社民・公明も偽装帰化人による特亜の工作機関。新風が出てくれれば良いのだが・・・

「民主党」 : 絶対に民主党です、自民党は「最低な人間」が多いから嫌だし支持したら日本が滅亡する。 (女性/30代/兵庫)

「自民党」 : 長い間、平和を守って来ました!

「自民党」 : ここしか無いじゃん。選択肢が無さすぎ (男性/50代/長野)


これを読むと、自民党支持者は「他に無い」「仕方ない」が
多いようで、消去法で残った「無難な所」は自民党だった、という
消極的支持ではあるが、国を守りたい思いは強い

民主党支持者は「もう、自民党政治はうんざり」といったところか。
(苦笑)
この気持ちは、わからないでもない。(笑)

政官の癒着に、呆れかえっているのは間違いない。
私もそうである。(笑)
しかし、国が無くなっては元も子もないのだ。

で、自民党となる。(笑)


こういう構図が嫌な人たちは、ヤケッパチで「幸福実現党」へと
傾いていくのだろう。
一見、よさげな感じの党なのだが、どっこい、大きな落とし穴がある。
この党は「徴兵制度復活」を宣言しているのだ。

これでは、投票など出来ない。(苦笑)
ムードに流されると、トンでもない選択間違いを起すので、
お気をつけください。(苦笑)

中で、面白かったのがこれ。
「共産党」 : 与謝野がいない政党ならどこでもだが、対米従属を抜け出すきっかけで共産党 (男性/30代/京都)

なぜか、この気持ち判るんだよなあ・・・。(笑)

一種の「ショック療法」とでも言うか、・・・、与謝野さんは
玄人受けはするのだが、人気が無い。
だからって、共産党はないでしょう。(笑)

まあ、大勢に影響ない党だから、入れてもいいかも・・・。(苦笑)


渡辺・江田コンビが、「新党結成」を決めたらしいので、無党派層
が雪崩を打ってここに行く可能性もある。
特に、「官僚批判」派は、ここに行くのでしょう。
侮れない勢力ですから・・・。

私の個人的な感想は、なんだかんだ言っても「自民党」です。
出来るなら「民主党右派」が自民党と合流してくれると、嬉しい。
で、国民運動体の渡辺・江田コンビの新党が、自民党と連立
組んでくれれば、ハッピイ!(笑)

安倍・中川(昭)が捨てがたいのです。(苦笑)
辛いなあ〜〜〜。(爆)

復活してくれ〜〜〜〜〜!


現在の混迷の原因は、「安倍さん、アンタが辞めたからだぞ!」
責任を取ってもらいたいから、もう一度、総理になってチョ!
いい胃腸薬あげるから・・・。(苦笑)


人気ブログランキングへ投票に行こう、にクリックを!

posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 19:23 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンケート結果

2009年05月22日

アンケート途中経過:マスコミに動かされてる民意

右サイドでアンケート「どの政党に投票しますか?」
お願いしていますが、日々、チェックしていると面白い動きに
なっていることがよくわかります。

西松献金事件のあった頃は、自民党票が多かったのですが
民主党総裁選あたりから、民主党支持が俄然増えてきています。
マスコミ報道のいかんで、やはり、民意が動いているとしか
思えません。(悲)


民意が迷っている」ということが、よくわかります。


私自身、ジレンマと言いますか、歯がゆい思いで政局を見ています。
結論から言えば、どちらも「頼りない」というところなんですが、
比較論的に考えるより仕方が無い、と言う想いです。

つまり「どっちがマシか?」ということなんですが・・・。(苦笑)


アンケートのコメント欄の内容を見ても、そのような感覚で
支持政党を決めているようなものが多いです。


では、両政党の政策・実力・イデオロギーなどを見ながら
どっちがマシか?」を検討してみます。(笑)


自民党
  官僚支配内閣から抜けられない。 長年の政官の癒着で
  しがらみを切る事ができない。 族議員と呼ばれる、官僚の
  お世話になっている議員が多すぎる。

  「官僚を使いこなせ」と言いながら、実体は、「操り人形」で
  あり、今回の予算案でも「官僚の焼け太り」を助長した。

  自民党内に「売国的行為」をしている「親中派」「親韓派」
  「親米派」の議員
が、相当数いる。

  要は、長年の政権政党の「蜜の味」に慣れてしまった「腐敗」が
  蔓延している政党である。

  しかし、「国士」と呼べる立派な議員もいるので、突き放すには
  もったいない。(笑)



民主党
  自民党にいてもおかしくない「右派」から「社民党・共産党」に
  いてもおかしくない「左派」まで色々な議員が雑居していて
  非情に怪しい政党である。

  小沢氏のような「旧田中派」政治の悪習慣をそのまま受け継いで  いる議員が「一心会」として存在している。しかも、力がある。

  旧社会党系のゾンビ議員が生存しており、「国籍法改正」や
  「人権擁護法案提出」など、「在日」を代弁する議員が公明党
  と連携して、法案成立を画策している。

  支持団体に「自治労」「日教組」「朝鮮総連」「民団」などの
  日本を壊そうとしている連中がいる。

  外交・安全保障政策が、全く党内で合意できていない為、政権を
  とった場合、「第二の村山談話」が出来そうだ。

  「党のマニフェスト」と「政策マニュアル」の内容が矛盾して
  おり、「表の顔」と「裏の顔」がある「二重人格政党」である。


このような問題点を、数多く抱えている政党同士であり、国民は
迷う事になってしまっている。


これに輪をかけて、マスコミ各社は「政権交代」の名の元に、
民主党支持の報道姿勢」で、国民世論を誘導しようとしている。
政策論争をしているように見せかけて、情報を操作し、国民を
騙している
部分が多いのだ。


TVと新聞しか見ない国民が多い中、マスコミの論調に引きずられ
正しい判断が出来にくくなっているのだ。


マスコミは、「公正・公平」な報道姿勢を保たなければならない。
ジャーナリズムがあるなら、情報を操作しないで、きちんとした
報道をするべきなのだ。


アンケートは、総選挙まで、このまま継続して行きます。

世論の動きがこれで読めるようですので、ここから情報分析を
試みてみたいと思います。


「真の二大政党制を目指して!」

更なるご協力を、よろしくお願いいたします。

m(_ _)m

posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:00 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンケート結果

2009年04月21日

アンケート結果:希望する同盟国は何処?

希望する同盟国は何処?
日本が生き残る為に、どの国と同盟を結ぶのがいいですか?

米国 5件 (50.0%)
英国 1件 (10.0%)
EU 1件 (10.0%)
中国 0件 (0.0%)
韓国 0件 (0.0%)
台湾 1件 (10.0%)
インド 0件 (0.0%)
同盟は要らない 0件 (0.0%)
中東諸国 0件 (0.0%)
東南アジア諸国 0件 (0.0%)
ロシア 0件 (0.0%)
北欧諸国 0件 (0.0%)
ドイツ 1件 (10.0%)
フランス 0件 (0.0%)
イラン 0件 (0.0%)
その他 1件 (10.0%)


予想通りというか、非常に妥当な結果だと思います。

欧米が8件、アジア2件で、日米同盟が一番多いというのは
当面の日本のあり方としては、これしかないだろうと考えます。

コメントを見ますと、アジア(中国・朝鮮を除く)は安心して
付き合える国であり、欧州は、文化的価値観が近いという安心感
と言った事が、判断の根拠になっているようです。

コメント一覧 - 項目別に表示

「台湾」 : 近隣では唯一善良な国、他は東南アジア諸国 + G7 (男性/50代/山梨)

「EU」 : 文化的で人も成熟して価値観が日本に近いと思う

「その他」 : 戦前統治していた東南アジア・台湾・南太平洋地域(支那・朝鮮は除外)。他の国々にはその場の都合で。


特に「台湾」においては、嘗ての日本であった関係で、
親日的であったことが大きな要因ですし、現在の民主主義国家として
価値観は非常に近いものがあるからでしょう。

先日のNHKの偏向放送(JAPANデビュー)についての抗議を
見ましても、歴史的な事実を認識している読者が多いのは
心強い限りです。

日本は、台湾には貢献しこそすれ、搾取や欧米植民地のような
虐待的なことはしておらず、むしろ、日本人と同等なレベルで
国民教育をしようと努力をしました。

台湾の現在があるのは、インフラ整備を日本が行い、その上で
台湾国民が努力をしてきた賜物なのです。

その台湾を、中国に売り渡そうとする現国民党政権に対しては
日本は、警戒感を持って対処しなければいけないのでしょう。
中国化は、絶対に阻止しなければいけません。

日本のシーレーン防衛を考えても、ここを中国に取られますと
非常に危険な状態が生まれることになります。
また、ここが揺らぐ事で、必ず朝鮮半島情勢にも動きが出てきます。

中国が糸を引くでしょうし、韓国には、しっかりしてもらわなければ
なりません。  反日など持っての外でありましょう。


現在の状況の中では、日米同盟は外す事ができません。
その上で、アジア諸国の協力を取り付け、中国の影響力を
牽制しながら、外交を強力に進めるべきだと考えます。

また麻生総理が外務大臣時代に提唱した「自由と繁栄の弧」構想
再始動させるべきだと、私は考えます。

地政学的に考えますと、このラインは日本にとって非常に重要で
ここをロシアや中国に押さえられてしまうと、将来的に資源の
枯渇の可能性が出てくることと、多極化する世界勢力の構図が
大きく変わってくるように思っています。

現在でもグルジア情勢が不安定化しており、米ロの代理戦争
としての政権抗争が激化し、非常に危ない状況が現出しています。

アメリカ覇権が弱体化している現在、日本の果たす役割は
ますます重要になってきます。

アメリカが出来ない部分を日本が補完することで、この地区の
安定的な発展を援助しなければいけないでしょう。
イランに於いても、日本は良好な関係を保っており、情報ネット
ワークもかなり食い込んでいると聞きます。

独自の日本外交が必須となってくることでしょう。


東南アジアについては、現在、中国の影響力が拡大しており
日本は、後手後手に回っているのが現状のようです。
この方面の外交は、直接的な勢力範囲に影響してきますので、
相手国の要求をよく聞き、有効なODAをしなければいけない
のですが、外務省のやり方は、無責任であり、相手国にとって
返って「害毒」になっているのが現状です。

ODAをしたおかげで、感謝されるどころか「反日」
産んでいる現状は、外務省の責任は大きいものがあります。
大いに反省をしてもらいたいところです。

政府の「外交委員会」でも、一応、問題提起はされるようですが
河野太郎委員長は、本気で取り組む気は無い様に見えます。
いつも「アリバイ作り」で終わってしまっています。

この男、要注意です。(苦笑)


外交を有利に進める為には、相手国が安心して付き合えるような
普通の国」にならなければいけません。
また「頼りがいのある国」としての軍事的背景の整備は、
必要不可欠
だと思います。

現在、危機に直面しているアメリカを援助しつつ、アメリカの
協力を取り付けながら、中国とバランスを取りながら付き合い
自由と繁栄の弧」を強化して、中ロを牽制する事が日本にとっては
一番いい戦略であると思われます。

国内の政治・行政の混乱を一刻も早く収束させて、一丸となって
取り組む姿勢を構築しなければ、近い将来、災いが襲ってくるような
予感がしているのは、私だけでしょうか。(汗)

これからも目が離せませんね。(笑)


アンケートにご協力、ありがとうございました。
さらにご協力をお願いする事になりますが、なにとぞ
宜しくお付き合いのほど、切に願っております。


posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:02 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンケート結果

2009年04月01日

アンケート結果:あなたの購読新聞は?

あなたの購読新聞は?
紙媒体の衰退が顕著ですが、現在、購読している新聞の種類を
教えてください。
システム上、ひとつしか投票できません。

朝日新聞 0件 (0.0%)
読売新聞 11件 (52.4%)
毎日新聞 0件 (0.0%)
産経新聞 2件 (9.5%)
日本経済新聞 0件 (0.0%)
地方新聞 3件 (14.3%)
その他   0件 (0.0%)
複数購読 1件 (4.8%)
読んでない 4件 (19.0%)


■ コメント一覧 - 項目別に表示

「地方新聞」 : 但し、地域情報しか読まない。どこもだが政治・経済は嘘・偏向報道ばかりなので外国の新聞のHPを覗く。

「読んでない」 : 高い。



以上のような結果が出ています。


正直感心しています。(笑)
このブログを見ていただいている方は、「報道の何たるか?」
をちゃんと知っている人たちなんだなあ、と。

ネットを使っている人は、自分で情報を収集できるだけ
真実に近いところまで迫ることが出来ますが、TVや新聞しか
見ていない一般の人たちは、報道を鵜呑みにすることが多いの
でしょうねえ。(涙)

受身の立場では、「大本営発表」しかわからない、ということですね。
この場合の「大本営」はマスコミですが・・・。(苦笑)


購読新聞で一番多かったのが「読売新聞」で、「中道」の
内容がいいのでしょう。
時々、左に行きかけますが・・・。(笑)

この読売新聞でひとつ紹介しますと、私もつい先日、偶然
本屋で見つけたのですが、「検証 国家戦略なき日本」と言う本
が、読売新聞政治部の名前で出版されています。

中身がすごいです。

あらゆる分野において、綿密な取材を通したこの国の「迷走ぶり」
が余す所なく語られています。
私が「国民の敵」と呼ぶ「官僚組織の体たらく」がワンサカ。(笑)

非常に濃い内容ですので、興味がある方はどうぞ。

「検証:国家戦略なき日本 読売新聞政治部」 >>


脱線しましたが、地方新聞を読んでいる方がコメントを残して
くれていますが、「外国の新聞のHPを見る」と言うのは
私も見ていますが、「大正解」だと思います。

記事の内容もかなり詳細なものが多くて、深く掘り下げた内容で
あるのも読み応えがあっていいと思います。
日本を客観的に見られると言う点でも有効な方法です。

ロイターはもとより、ブルームバーグ、ニューヨークタイムズ
ワシントンポストなど多彩です。
英語が苦手なので、翻訳ソフトをインストールして読んでいます。
高かったです。(笑)


とにかく「あさ〜〜ひ新聞」の購読者が居なかったのは、
さすがで、何でも朝日では、「発行部数300万部」を想定した
シュミレーションを始めていると言う情報もあり、朝日自身が
相当な危機感を持っているようです。

時間の問題なのでしょうネエ・・・、それはそれで、何か寂しい。(爆)


読んでいない人も結構居るのでしょうが、偏向振りをチェックする
には、時々は駅売りでも買って読む必要はあるかもしれません。
監視していないと、何をやらかすかわかりませんので・・・。(苦笑)

そうそう、私自身は新聞は定期購読はしていません。
でも、注目している記事がある時は、複数の新聞を買って
読み比べています。

最近ではやはり「小沢事件」ですが、夫々に微妙な表現の
違いや、立ち位置の違いがわかって面白いです。(笑)


今回のアンケートで、ネットの有用性をあらためて感じ、
この世界から日本を変えていけるのだろうと、自信を持ちました。


ご協力に心から御礼申し上げます。  m(_ _)m

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:09 | 長野 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンケート結果

2009年03月02日

投票結果:日本に必要な改革は、何ですか?

投票期間 : 2009年02月01日〜2009年02月28日

日本に必要な改革は、何ですか?

戦後体制のほころびが目に付きますが、今後の日本にとって、
最優先と思われる改革を教えてください。
  
政治制度改革 2件 (4.7%)
公務員制度改革 6件 (14.0%)
教育制度改革 4件 (9.3%)
国民意識改革 6件 (14.0%)
産業構造改革 0件 (0.0%)
金融制度改革 0件 (0.0%)
財政制度改革 1件 (2.3%)
税制改革    1件 (2.3%)
選挙制度改革 3件 (7.0%)
安全保障制度改革 17件 (39.5%)
その他     3件 (7.0%)


はじめて投票と言う手段で、読者さんの改革意識をお知らせ
いただきました。
ご協力ありがとうございます。


ちょっと予想と違った結果が出ています。(笑)

以外にも「安全保障」についての不安が多いことに、驚いています
が、これほど関心が高い事に嬉しくもあります。(喜!)

最近の領土問題に関する日本側の対応に不満があるのだろうと
推察されます。

拉致問題から始まり竹島問題、尖閣諸島問題、北方領土問題
安全保障に関する問題は、山積されています。

またシ−レーンに関連した「ソマリア海賊問題」も喫緊の課題
として、浮上してきていますから、ある意味、この結果は
当然なのかもしれません。

そうそう「田母神論文騒動」も大いに影響があったかもしれません。


しかしたぶん、ネットに縁の無い一般国民の意識は、違うと
思えます。
生活重視の意見から、経済改革あたりが多いのではないかと
思えますが、どうでしょうか?

マスコミ経済危機を報じる事が多く、雇用問題やら政治問題
に重点が置かれている局もあるようです。

一般の人は、こういう報道に引っ張られると思います。


次いで、公務員制度改革国民意識改革が同数で並んでいます。
これは、非常に冷静な判断で読者は考えていると思います。

国民の側にも政府の側にも「意識改革」が必要である事を
知っているわけであり、とりわけマスコミの偏向報道による世論の
ミスリードの影響が大きいと思われることを、充分に認識している
読者の感覚がわかります。



このブログをご覧の読者さんは、「日本の安全保障」に関心が
ある。と言う事を意識しながら、これから情報を収集し記事を
書き続けて行きたいと思います。


ご協力を、心から感謝いたします。  m(_ _)m


次の投票も考えていますので、よろしくお願いいたします。

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 09:09 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンケート結果
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。