島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2009年07月30日

太郎君頑張れ!:官僚が政治空白のこの隙を付いて、動き出しているらしい

国中が総選挙で浮き足立っている現在、官僚達がこの隙を付いて
いいように既得権益を行使し始めた
ようだ。

河野太郎氏が、自分のメルマガで告知しているので紹介します。

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
============================

国交省から品川駅前付近の空洞見逃しの調査が八月四日夜になり
そうだとの連絡。
これから警察と打ち合わせだというが、これまで何をしていたの
か。解散を待って、この四十日間にどかちゃがしてしまおうとの
魂胆が丸見えだ。
国交省の大臣、副大臣は何党だ?

外務省も、このすきにODAでむちゃくちゃをやり始めた。カン
ボジアの国道の無償協力を進めようとの魂胆だ。
立ち退かされた住民の補償に関する情報公開もせず、JICAも
外務省も何をしているのか。

石にかじりついてでも国会に戻って追求してやる。


知名度があるから、落選する事はないだろうが、国会に戻って
追求する立場になれるか怪しいが、党派を超えてこれは
追及して欲しい問題
である。(苦笑)

民主党では、いいようにあしらわれる可能性が高いので、
頼りにしてますよ、太郎君!(笑)

それにしても、金子両大臣・副大臣は、一体何をやっているのか?
こういう議員は、落選させるべきであろう。

おい、金子!  もう、国会に戻ってくるな!(怒)


ついでに、

おい、山崎拓!  おまえも国会に戻ってくるな!
加藤紘一も、一緒に落選しろ!!!(苦笑)

YKKは全員、引退せよ!


ぁ、一人は、もう引退したっけ?! 息子を立てて・・・。(苦笑)

青森の方でも、似たような話が出ているようで、有権者の質が問われ
そうである。

人気ブログランキングへ河野太郎、戻って来い!、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:46 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年07月18日

農水省:ヤミ専従、地方中心に198人=全国にまん延〜返せばいいというものではない

腐れ公務員が、全国に蔓延っていた事が、あらためて確認された。
無断職場離脱を年間30日以上
ヤミ専従の期間も最長で13年超
言い訳が出来る時限ではないようだ。

ヤミ専従、地方中心に198人=全国にまん延−農水省第3者委

 農水省で3月に発覚した職員の違法な組合活動(ヤミ専従)問題の実態解明を進めてきた「無許可専従問題に関する第三者委員会」は15日、調査結果を石破茂農水相に報告した。それによると、就業時間中の無断職場離脱を年間30日以上、行っていた「常習者」は地方の農政局、農政事務所を中心に計198人に上った。ヤミ専従の期間も最長で13年超と、全国にまん延していた実態が判明した。

予想はしていたが、呆れて言葉が出ない。(苦笑)

税金を食い物にする悪徳公務員は、刑事告訴を含めて厳正な
処分を石波農水大臣には、要望したい。
任期も残り少ないのであるから、しっかりとした「けじめ」を
付けて辞めて貰いたい。

謝って済む問題ではないのだ。

この経済不況に、国民の多くは税金に悩まされている。
税高くして、国滅ぶ」である。

その貴重な税金を食い物にするなど「死刑」に値する。
国の財政は800兆円にも登る赤字を抱えていると言うのに、
なんという「KY」な行動であろうか。

断固とした処分を要求する。

民主党が政権を取れば、こういう事は一掃してくれるそうであるから
大いに期待しよう。(苦笑)
出来なかったら、再度、政権交代をシテモラウ。

一年持つかどうか、はなはだ怪しいが・・・。(笑)

農水省、停職など1238人処分 ヤミ専従、次官らは給与自主返納

 農林水産省は17日、全農林労働組合(全農林)によるヤミ専従問題で、常習的に違法な組合活動をしていた職員23人を停職1カ月とするなど346人を懲戒処分とする、と発表した。上司に対する訓告なども含めると1238人に上る異例の大量処分となる。

甘い処分ではないか。
常習者でも停職一ヶ月でしかないのだろうか?
何年にも渡って繰り返していたのである。停職では済まない。

民間会社なら「クビ」である。

こんな事をしているから、政治家が官僚に舐められるのだ。
責任の取り方が、なってはいない。
25億円にも昇る不正給与を受け取っていたのである。
返せば済むという簡単な話ではないだろう。

ましてや、事務次官は「改竄を知らなかった」ので、減給のみ
とは、まったくもって、不届き千万である。
責任者が「知らなかった」でとおるなら、警察など要らない。

私も「税金なんて、知らなかった」で済まそうか?

ヤミ専従職員の存在を隠ぺいするため関係文書を改ざんしていた
のである。
確信犯なのだ。  悪質極まりないではないか。

これをこの程度の処分で済ますなんて、許せない!!!(苛!)


全農林は、解体せよ!



人気ブログランキングへ官僚は、国民の敵だ、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:56 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年07月05日

年金記録問題:今度は、無年金者1割が年金受給資格あり、が発覚

どんどん拡がる「年金記録の出鱈目ぶり」だ。
受給者資格保有者には「死亡者」もいるのではなかろうか?

お年寄りがこのような出鱈目の「犠牲者」にされては
溜まったものではない。

無年金者1割が年金受給資格あり 社保庁推計3万人
2009年7月2日1時44分   asahi.comより

 年金を受給していない人のうち、本当は受給資格を得るために必要な25年の加入期間を満たしている人が1割以上いることが1日、社会保険庁の抽出調査でわかった。このなかには、社保庁のずさんな管理による記録漏れなどにより、本人が気付かないまま無年金になっているケースもあり、こうした人は無年金者のうち推計約3万人いると社保庁はみている。


「・・・社保庁はみている

まるで他人事のように言う、この体質がそもそも問題なのだ!(怒)


一向に進まない年金記録問題
次から次と「新しい問題」が起きてきて、解決どころか
問題が広がるばかりである。

社保庁解体までもう時間が無いのに、一体どうするつもりか?
結局、時間切れで「ウヤムヤ」にされそうな気配が出てきた。

と言うか、想定内ではあるが・・・。(苦笑)


それにしても、社保庁の「不親切」は、こんなことでいいのか?

こいつらを充てにしていても拉致が空かない以上、国民の側から
確認に行く事が大切
になってくる。
年金を受給していない人が居たら、本当に受給資格が無いのか
一度、確認に行く必要があると思う。

年金記録自体がいい加減なのだから、記録の訂正をしたら
受給資格が出来る可能性が高い。
行政に使われるよりマシなので、ぜひ、確認に行きましょう!

さらに「時効」なんて、ふざけた行為は止めるように言いましょう。
責任転嫁も甚だしいので。

年金記録問題では、第三者委員会での「暴力沙汰」も報じられているが、
そんなことは、自業自得であり、国民に責任は無い。

言い訳がうまい連中なんだから、口先では適わない。
ちょっとした暴力くらい、我慢してもらいましょう。
殺すわけじゃないんだから、痛い目をするくらい我慢しろ!

国民は、もっと痛い目に合っているのだ。
こいつらの所為で・・・。(苛!)

無年金も、時効も、改竄も、消滅も、減額も許しません!

もちろん、年金返還など、持っての外である!


人気ブログランキングへ年金は、原則支払いを!、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:59 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年06月24日

出先機関で関係資料廃棄=「ヤミ専従」

官僚の隠蔽もここまで来ると、犯罪である。
どうしてこういう連中を捜査当局は、ほっとくのだろう。
法的な取り締まりは出来ないことなのだろうか?

国民に対する「背任」ではないのか?!

出先機関で関係資料廃棄=「ヤミ専従」発覚の3月に−全農林

 農林水産省の全農林労働組合による違法な労組活動(ヤミ専従)問題が発覚した今年3月中旬ごろに、東北、関東など各地の農政局や農政事務所で組合関係の資料が廃棄されていたことが22日、明らかになった。全農林側は、年度末の資料整理や庁舎の耐震工事に伴う整理が理由と説明しているが、一部について農水省当局は「隠ぺいではないか」と指摘。同省側は調査を進める方針だ。


言い訳だけは「一流」である。(苦笑)

なにが「年度末の整理で・・・」だ、発覚した時期なのだから
余計「処分」しないで取っておくのが、常識であり、良識ある行動であろう。
隠蔽以外の何者でもないが、それを責任追及できない今の制度
明らかにおかしい。

どう考えても「不自然」であり、「緑の保守派」の観点で見れば
「自然な姿」に反する

正直者が、馬鹿を見る」ような世の中ではいけない。


 全農林によると、資料が廃棄されたのは東北、関東、北陸、東海、近畿、九州の各地の出先機関計8カ所


殆どではないか・・・。(苛!)

こういうのを「ミエミエ」というのである。(嘲笑)
農水省では、米のデータの捏造問題もあり、労組の腐敗は
末期的な状態と見るべきだろう。

要するに「まともな仕事が出来ない」連中が多いと言う事だ。
こういう出先機関は、即刻、廃止にしなければ行けない。
廃止して、地方自治体に移管すればよい。

それ以外では、解決などおぼつかないと思う。


次から次と、こういう不祥事が発覚して、恥ずかしくないのだろうか?
自分の子供たちに「なんと言い訳する気だろう」か。(苦笑)

子供たちこそ「いい迷惑」である。
学校で「いじめ」に会わなければいいが・・・。


国交省の空洞調査問題もそうだが、農水省のこの問題も、
身内で調査などした所で、また「ごまかし」「うやむや」の
無責任な解決にしかならないだろう。

これだけ「悪」が蔓延っているにも拘らず、官僚達は、これを
解決する為に、立ち上がることも出来ないのであろうか?

頭脳明晰なエリートと呼ばれる連中である。
自分たちの力で、「世直し」をしようという気持ちには
ならないのか!

日本のエリートとは、そこまで堕落してしまったのだろうか?
(今更感が強いが・・・。苦笑)


なにか「根本的」なところが、間違っているのだ!

地球上で唯一「知能」を持つことが出来た生き物なのに、
やっていることは「動物以下」だと思えてならない。
(動物には、失礼だが・・・、失笑)

日本に限らず、今の世界は「間違った生き方」をしていないか?


人気ブログランキングへ人(ひと)を取り戻そう、にクリックを!


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:00 | 長野 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 公務員制度改革

2009年06月21日

厚労省・農水省・国交省:どいつもこいつも・・・

おやおや、隠し金かい?!(笑)
もう、何を言っても信用などされないだろうに・・・。


厚労省捜索中に現金400万円発見 出版物の報酬プール

 障害者団体向け郵便料金割引制度の悪用事件で、偽の証明書を発行したとして大阪地検特捜部が厚生労働省を捜索した際、職員の机から現金約400万円が見つかっていたことが19日分かった。職員が業務時間外に行った民間の出版物の校閲などの報酬をプールしていた。

同省は「法的に問題はないが、多額の現金を職場で管理することは好ましくない」としている。


職員が業務時間外に行った民間の出版物の校閲」の報酬
だと言っているようだが、本当に、時間外にやったのかどうか、
怪しいものであろう。(苦笑)

いつやったのか?
その日は、残業はしていたのか?

調べればすぐにわかることだ。(嘲笑)

あまり、見え透いた嘘はつかない方がいい。(苦笑)



農水省、農政職員ら数十人処分へ コメなど在庫を虚偽報告

 地方農政局の職員コメや麦の在庫調査のデータを虚偽報告していた問題で、農林水産省は18日までに、同様の手口でデータ捏造(ねつぞう)にかかわっていたとして、全国の農政局や農政事務所の調査担当職員計数十人を処分する方針を固めた。


調べたら、結局、全国でやっていたことがわかったわけで、
全般的な捏造行為が、大した罪悪感も無く行われていたのだろう。

昨今の役人根性は、これほどに腐りきっている、ということだ。


厚労省にしても、農水省にしても、そして、現在太郎君が
調査している、国土交通省も、全部「ゴマカシ」「捏造」ではないか。(怒!)

ああ、血圧が上がるワイ!(笑)


更に、こんな事も行われていた。
生徒ゼロの「授業」延々2カ月 埼玉の教諭、中止を申し立て

 生徒のいない教室で「模擬授業」をさせられ退職を強要されたとして、埼玉県杉戸町の私立昌平高校に勤務する今村寛教諭(49)=同県鷲宮町=が18日、高校を運営する学校法人「昌平学園」を相手取り、さいたま地裁越谷支部に、模擬授業の中止などを求める仮処分を申し立てた。

 申立書によると、学校側は4月から、国語担当の今村教諭を通常の授業から外し、特別研修と称する模擬授業を実施。今村教諭は副教頭らが在室する中で50分間、「授業を始めます」「教科書を読んでください」などと発声し授業のまね事をした。

 記者会見した今村教諭は「2カ月以上、一人芝居をやってきて教師を辞めたいと思ったこともある」と話した。学校側は「模擬授業は教諭のスキルアップのため」などと説明している。〔共同〕(07:00)


「模擬授業は教諭のスキルアップのため」
こういうことを平気で言える神経を疑う。
こんなのは「いじめ」以外の何者でもない!

この「昌平学園」は、曰くつきの問題校である。
お粗末で杜撰そしてやりたい放題の学園経営を行い、
弊誌で何度も警笛を鳴らし続けた学校法人福田学園
2005年3月31日現在の財産内容であるが、資産総額が簿価で約278億8,767万円内基本財産が、約150億511万円、運用財産が約128億2,559万円。負債総額は、20億8,596万円。正味財産として、約258億6,907万円が算定される。
(保有している資産の中には、埼玉県の埼玉純真短期大学と東和大学昌平高校の校舎・敷地が含まれる)


こういう学校だから起きた事件と言えるだろう。

学校法人昌平学園・昌平高等学校 >>

近頃の学校も、恐ろしい場所になったもんだ。(苦笑)

役人や教師になりたがる連中の中には、こういう、どうしようも
無い人物がかなり多いのではないか?と、疑いたくなる。
頭はいいが、人格が出来ていない人間は、結構いる、と見た!(笑)



官僚と教師」、一昔前はどちらも「尊敬される憧れの職業」の内
であったが、今やすっかり影を潜め、「何もしなくてもいい給料
安定した職業」以外の何者でもない地位に落ちてしまった。(苦笑)

今や「一番馬鹿にされる職業」となった。(嘲笑)
それでも成り手が減らないのは、???だ。(苦笑)

景気がいくら悪くても、「ボーナスは出る」職業だし、年功序列で
無難にやっていれば「出世できる」職業だし、「倒産する心配が無い
しと、いいことずくめである。(笑)


どれだけ国民に馬鹿にされようが、自分が楽に生きられれば、
それが一番いいと思っている連中がなりたがる「憧れの職業
なのであろう。(嘲笑)

ああ、嘆かわしい・・・。(爆)



皆、最初は「」を抱いて入るのだろうが、どこでこうなって
しまうのだろうか?

多分、原因は、一つや二つでは無いだろう。
あれもこれも、そこもここも、あいつもこいつも、どいつもこいつも
悪いとこだらけなのではないか?


修復不可能なくらいに・・・。(苦笑)


一度、全部壊して更地にして、立て直した方がいいような気がして
ならない。


北朝鮮よ、ミサイル撃ってもいいよ!(笑)
ただし、日曜日の学校と、平日の霞ヶ関に限るが・・・。



人気ブログランキングへ北朝鮮ミサイルはここだけOK、にクリックを!(笑)




参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 21:09 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年06月18日

道路保全技術センター:国土交通省の空洞調査誤魔化し疑惑深まる

どうも今回は、誤魔化されたようである。(苦笑)

こういう時の強引なやり方は、官僚の得意技だ。
調査妨害と言っておかしくない行動なのだが、誤魔化す為なら
梃子でも動かない官僚
には、手を焼く。(苛!)

衆議院の国土交通委員会の菅原一秀理事と一緒に、空洞調査に立ち
会う。
もともとは(天)道路保全技術センターの不正受注問題だったのだ
が、今やそれを一体となって覆い隠そうとする国土交通省の問題
なりつつある。

本来ならば、この銀座ライオン前よりも大きな空洞がある可能性が
高いところも現地調査することで、第三者委員会の小泉委員長のご
了解をいただいていたのだが、委員会の事務局が強引に今日は銀座
だけにしてしまった


本来、危険な空洞がある可能性が高いならば、国土交通省が率先し
て調査をするはずなのだが、反対の行動を取っていることに菅原理
事も不信感を抱く。

しかも、調査を担当したのが、数年前に空洞探査をしたことがある
程度の企業な為、やたらと時間がかかる。

空洞化調査はデータを取ることよりも、そのデータの解析が重要
あるため、小泉委員長のご許可をいただいて、経験のある企業にも
データを取って分析してもらう。
一メートル半ぐらいの中に、網目状に空洞が点在していた。

これ以外の空洞見逃し調査と、犯罪でもある空洞捏造の調査の実施
について、第三者委員会で決めてもらう。さらに、国土交通委員会
の理事会でも問題提起してもらう。


甘い対応をしていると、逃げ切られる可能性がある。
何せ官僚達は、選挙まで引き伸ばせば、後は何とかなると
本気で思っている。

こういうことは「超党派」でやるのがベストだろうが、なかなか
足並みが揃わない。
どうしても選挙がらみの「駆け引き」が優先してしまうようだ。

こんなことでは、官僚達に舐められるだけである。
相手は、巨大官庁の国土交通省なのである。
海千山千が、吐いて捨てるほどいるのだ。(嘲笑)


頑張れ、太郎!


これと平行して、公益法人の「たな卸し」もやっている。
その中身を見ると、まあ、ひどいものである。

しかし、二人、三人しか職員がいない公益法人に役員が二十人もい
て、その大半が天下りというところが結構ある。非常勤で報酬を得
ていませんとはいうものの、いかにも不自然。そういうところが競
争入札で億単位の仕事をとっていたりする。

こまかい業務が多いが、一度こうしたものを全部止めてしまって影
響があるかどうかみてみる必要がある
。ほとんど影響はないだろう
が。


不思議に思うのだが、こういう実体は、今わかったものなのか?
他の政治家達は、一体、今まで何をしていたのか、と思う。

こういうところを見ると、やはり「政権交代は必要だ」と
思わざるを得ない。
長年の馴れ合い体質は、どこかで切らなければならない。

が、しかしである。

その交代できる政党が、全く頼りない。(苦笑)

パーティで飲酒して運転しても公務だという合同委員会合意は、米
側に廃止を申し入れることになった。

外務省が法務省を伴って、委員長に説明をとやってきたが、もとも
と法務省は、こういう合意を秘密にしておかなければならないとは
思っていない。米側も、軍事行動と関係ない合意事項は秘密にして
おく必要はないし、合意事項が秘密なっているのは外務省の要請
とはっきり言う。
外務省が一人芝居をして、一人でこけているだけだ。

核の密約も外務省の一人芝居だ。


こういうことに、民主党は、対応できるのか?

核密約、合同委員会合意、地位協定

旧社会党や日教組を抱える民主党に、党内合意が出来るのか?
それどころか、反米行動に出るのではないかと、かなり心配
なのである。

現段階で、日米同盟に齟齬が生じるようなことになれば、
それこそ国を滅ぼす事になりはしないかと、気が気ではない。(笑)

外務省に一人芝居させないように、政治家も猿芝居をしないように
国民が、監視していかなければならない。


今度の総選挙には、みんなで投票に行こう!(大笑)


人気ブログランキングへ政官の癒着打破に、クリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 02:50 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年06月17日

郵便不正:厚労省局長逮捕〜これが優秀な官僚の正体だ!

なあにが「まさか・・・」だよ、知ってたくせに。(嘲笑)
盗人猛々しい、とは、正にこの事を言うのであろう。

“将来の次官候補”「まさか逮捕とは」…厚労省に衝撃
6月14日19時32分配信 読売新聞

 「まさか逮捕されるとは」−−。村木厚子容疑者(53)の逮捕の一報を受け、厚生労働省の幹部は14日、驚きの声を口にした

 「将来の次官候補」との呼び声もあった雇用均等・児童家庭局長の村木容疑者。休日で自宅で過ごしていた幹部も多く、情報収集のため急きょ、役所に向かうなど対応に追われた。


将来の次官候補」も、これで終わり。(苦笑)
こういうのがキャリアの優秀な官僚として、幅を利かせているのが
霞ヶ関であり、同情の余地も無い。(嘲笑)


郵便不正問題が、あれよあれよ、と言う間に厚労省の局長の逮捕まで
発展してしまった。
ん〜〜〜?  国策操作???  かなあ・・・。(疑)

この局長、05年10月の「障害者自立支援法」成立に尽力した。
この法律は、現場では「障害者自立阻止支援法」と言われた。

実質的に、障害者達は生活が出来なくなってしまっていたのである。
天下の悪法とも言われている。

今回の事件だけではなく、こっちの方でも逮捕して欲しいくらい
である。(苦笑)


これでも多分・・・、人の親だろうなあ・・・。(嘲笑)

女性が働きやすい職場づくりなど女性の労働問題に関するエキスパート


確かに、女性の職場を良くして「自分も局長になった」のだから
腕はいいのであろう。(苦笑)

警戒しなければいけないのは、一応逮捕はされたのだが、起訴
するかどうかは、別問題
だと言う事である。
日本郵政絡みから発展した事件なので、こちらの方の都合で
「不起訴」になる可能性は、捨てきれない。


検察が狙っているのが何なのか?


その目的によっては、先行きは不透明である。

白山会会長の倉沢は、「民主党議員の元秘書」だということ。

官僚が民主党に「脅し」をかけた格好になっているからだ。
最近の民主党が、官僚批判を大々的にやっているために、一発
脅しをかけたのではないかと、私は、疑っているのだ。(笑)

これでかなり、民主党のヤバイ議員たちは、ビビッているはずだ。

西松献金事件の経過と言い、油断がならない。


自民・民主の支持とは関係なく、官僚の反逆には気をつけなければ
何をされるかわからないのである。

議員さんたち、気をつけなさい!(笑)

桝添さんも、大変だわ。(同情)


人気ブログランキングへ検察の怪しい動きに、クリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:00 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年06月16日

道路空洞検証:検証直前、空洞補修 証拠隠滅の指摘も−−国交省

以前から指摘してきた「道路保全技術センター」の空洞調査
杜撰な仕事ぶりが、やっと、マスコミの話題になった。(苦笑)

ただ、今回の調査は、官僚達にやられた格好になった。

太郎君のメルマガで、事前にこういうことがあったことが
報告されていた。

ごまめの歯ぎしり メールマガジン版
衆議院外務委員長河野太郎の国会日記
=================================
某テレビ局から一報。
国土交通省が、6月14日の件で記者クラブに投げ込みをしている
ようですが、検証するのは銀座だけという内容です。

国土交通省に電話する。

第三者委員会の小泉委員長の指示でやっているだけです。
嘘つけ、こっちは委員長とお話をして14日のことを合意している
んだからと言えども、小泉委員長の指示ですを繰り返す。

早稲田の小泉先生の研究室にお電話すると先生が出てこられ、役所
の嘘がすぐばれる
。(ため息)

検証は、一晩では終わらないだろうから、まず14日は、銀座を含
め数カ所の検証作業を行うことにして、場所は早く決めると証拠隠
滅される恐れがある
が、道路を止める必要もあるから月曜日に先生
のところに場所をご連絡することで、先生のご了解を頂く。

小泉委員長から国土交通省に直接このことを連絡していただく。


と、あったのだが、今回の調査結果は、

 調査ではまず地中レーダーを使って地下を探査、空洞があるとみられる所に小型の特殊カメラを挿入し状態を調べた。さらに空洞があった場合に発生する道路のゆがみも測定したが、問題はなかったという

 これらの結果について第三者委の小泉淳委員長(早稲田大理工学術院教授)は「すき間はあったが、事故につながるようなものではない」と説明した。

 一方、河野議員は「銀座1カ所しか現地調査しないのは不自然」として、さらに調査を求めている。


どうも、報道の論調が腰が引けている。
やる気がなさそうである。(苦笑)

何故だ???

郵便不正では、連日のように騒いでいるくせに・・・。
そうか、検察が動いていないからか。 なんだ。(笑)

 現地調査は、2008年度の調査で財団法人道路保全技術センターが空洞を見落としたと河野太郎衆院議員が指摘した場所で実施した。ただ、同センターは、空洞がある可能性は把握していたが危険性が低いため報告しなかったと主張している。


役人は、こういう嘘を平気でつく。
事前の報告書では、データを改竄してまで誤魔化していたのに
それがばれると、開き直ってしまう。

何と官僚は、浅ましいものであろう。(嘲笑)

自分たちの失敗や誤魔化しは、絶対に認めようとしない。
この体質は、一体何処から来るのだろう?
同じ人間とは思えない。 理解できないのである。(苦笑)

外部検討委員会が開かれる直前、関東地方整備局管内の検討対象の「空洞」計16カ所が一斉に補修されていたことが27日、分かった。


サボタージュがばれるのを嫌って、急に補修したのであろう。
ミエミエの行動であるが、彼らは、シラッとしている。
面の皮の厚いことよ。(嘲笑)

6月3日の時点で、太郎君はこう警戒してはいたのだが、
道路の空洞化探査の検証を6月14日の深夜に行うことに決まる。
第三者委員会の小泉委員長から、皆さんが納得できるように検証を
行わなければならないので、しっかりやりましょう、と。

国土交通省が証拠隠滅を行ったので、これ以上の証拠隠滅を防ぐた
めに、43か所の空洞についてはこれ以上勝手に開削を行わないよ
うに金子副大臣から指示


銀座の空洞については、国土交通省が勝手に調査をするような話
出ていたので、これも釘を刺す。

こういう状況では国土交通省が証拠隠滅に何をするかわからない
で、空洞の見逃し調査等の場所については、こちらから当日、指定
することで委員長の合意を頂く。

当日は、道路保全技術センターの担当者とこちらが指定する専門家
の双方が調査
することになる。
当日はマスコミフルオープン。また、参議院の予算委員会でこの問
題を追及して下さった民主党の大久保議員にも立ち会いをお願いす
る。


ここまで警戒していても、官僚達はお構い無しで嘘をつくのだ。
委員長本人に確認すればすぐにわかる嘘でも、言い張るのである。

これが一流大学を出てエリートとおだてられ、本人も特権階級の
意識で国民を見下し、自分は何でも判るような気になっている
世間知らずのボンボンたちの成れの果てである。(嘲笑)

人生で失敗した事のない、失敗するはずがないと思い込んでいる
思い上がった連中のやり方であろう。
こんな連中を野放しにしていては、この国は滅びてしまう。

この連中の「親の顔が見たい」ものだ。(嘲笑)
親も国民なのだが・・・。


この件、私は金子国交大臣もグルになってはいないかと、疑っている。
河野太郎は、身内の議員たちからも「疎まれる」存在になっている
と思えるのである。

政治家や官僚の世界は「嫉妬」の強い世界と見ている。
他人が活躍する事が許せない。  他人が、褒められるのが
気に入らない。

そういう世界である。(苦笑)

まあ、一般社会にもよくいるタイプではあるが、この世界は
それが殊更に強い連中の集まりだと思えば、間違いないだろう。


空洞調査問題、この件は、始ったばかりである。
不正調査や文書偽造などが明らかになれば、「背任」である。

いずれ何らかの形で検察が動いてくれる事を期待する。


官僚達は、選挙までの「時間切れ、逃げ切り」を狙っている
はずであり、政権交代しても見逃さないぞと言う態度を見せて
やらなければいけない。

ん?  これ、北朝鮮と似てないか?!(笑)


逐一、監視していきたい。

国土交通省は、道路保全センターに対し、空洞調査の結果、空洞数
が少ないから増やせという指示を出し、それを受けて、センターは
空洞をねつ造した。そしてその空洞のスコープ写真は、わざと輝度
を落として真っ黒にして、嘘がばれないようにした。


この事を、忘れないようにしよう!


人気ブログランキングへ不正な役人は許さない、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:00 | 長野 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年06月15日

郵政社長続投:安倍氏「人事介入の前例ない」〜株主は、国民だ

政府が100%株を持ってはいるが、その原資は税金である。
ということは、「株主は、国民」なのだ。

国民は、「郵政民営化に賛成」して、小泉郵政選挙で自民党に
投票したのではなかったのか?

今更、後戻りさせるような事を、許してはいけない!

安倍氏「人事介入の前例ない」 郵政社長続投巡り

 安倍晋三元首相は14日、埼玉県秩父市で講演し、佐藤勉総務相が西川善文日本郵政社長の続投容認を表明したことに関連し「政府が株式を100%持っているといっても、日本郵政は形としては民間会社だ。政府は人事に今まで一回も介入したことはない」と述べ、西川氏続投は当然との認識を示した。

 一方、民主党の鳩山由紀夫代表は同日、和歌山県かつらぎ町で記者団に「西川氏は本来辞めるべき人。甚だ国民の意思に背いている」と批判。鳩山邦夫前総務相の辞任に関し「世論は、麻生太郎首相の判断は正しくなかったという声が圧倒的だ」と強調した。〔共同〕(19:24)


安倍晋三元首相が言うように、「民間会社の人事に、政府が介入
するのは、社会主義国家だけである。
そんなことを許していいのであろうか?

民主党の鳩山由紀夫代表は、「国民の意思に反する」というが、
彼が言う「国民」とは一体誰の事か?

西川氏は民間会社の社長として、負債を抱える資産を切り、
経営の健全化をしようとしたのであり、経営者としては当然の
仕事ではないだろうか?

マスコミが「かんぽの宿売却問題」をことさらに強調して、国民を
欺いている事に、気付かなければいけない。
書類を精査した結果、「問題なし」と言う結果が出ているのである。

売却価格を再見積もりしても、その金額は250億円でしかなく
109億円が250億円になったとして、そこに経営上、何の
影響があるだろうか?

これには旧郵政省時代に2400億円が無駄に投入されている
のであり、こっちの方が大問題なのである。
こういう無駄遣いを止める為に、小泉さんは、民営化をしたのである。

雇用を守ると言う条件があれば、民間の買い手は二の足を踏む。
公務員が働かない事を知っているからである。
さらに、一部優良資産があったとしても、その他の不良資産の
方が、圧倒的に多いのである。

バルクで、まとめて売らなければ、最後には不良資産だけが
残るのは明白なのだ。
だから「まとめ売り(バルク)」をしようとしているのである。
これは不動産取引の常識である。


一万円を6000万円で売ったと言われるが、これは、不良資産を
評価した値段なのであって、実際の売値ではない。
あくまでも、他の物件とまとめた時の評価額である。

ここの買い手は、金があったのでこの金額で買っただけであり、
その人は、6000万円の価値を見出したから、買ったのであり
別に損したわけではない。(苦笑)

日本郵政は、商売上、うまく売ることが出来た。というだけだ。
これに何の問題があるのだろうか?


マスコミは、これを無視して、意図的に問題化させているのである。
その方が、視聴率が取れるからである。
国民は、そこに気が付かなければいけない。


その他、現在、日本郵政関連で事件が摘発されているが、これは
すべて「郵政公社」時代の不正事件なのだ。
郵政官僚達が起した事件である事を、認識しなければいけない。

官僚に経営させれば、こうなるのである。
だから「民営化」を急がなければならないのだ。
官僚達に、資産を食い潰される前に、健全な民営会社にするのである。


小泉さんは「郵政特別会計」の不正使用を止める為に、民営化
推進したのである。
国民は、そのことを忘れてはいないか?

「官僚に、金を渡してはならない」
「官僚に、無駄遣いさせてはならない」


これが、郵政民営化の最大の目的である。


だから、官僚や族議員が猛反対するのである。


民主党のバックに自治労がいることを、忘れてはいけない。
年金問題の元凶の自治労である。  旧郵政官僚たちの仲間だ。
そこに国民は、気が付かなければいけない。

マスコミに騙されてはいけない!


民主党は「民から官へ」の方向
で、動いているのである。
「官僚支配を失くす」と言いながら、やっていることは逆なのだ。
面従腹背の民主党に、誤魔化されてはいけない。


「賢者は、歴史に学び、愚者は、経験に学ぶ」


郵政民営化のこれまでの経過を思い出せば、今回のカラクリは
はっきり判るのだ。
かんぽの宿騒動も、その発端からよく思い出せば、総務相の
矛盾点がはっきりと浮かび上がってくる。

「言いがかり」以外の、何者でもないのである。


もう話題に取り上げるつもりは無かったが、あまりにも愚かな
国民の反応に腹が立って、つい書いてしまった。(苦笑)


「官僚達は、改革を嫌う」

「官僚達は、前例踏襲が一番楽だ」

「官僚達は、責任を取る事を嫌う」

「官僚達は、自分の失敗を認めない」

「官僚達は、自分が一番賢いと思っている」

「官僚達は、国民を見下している」



ああ〜〜〜、限がない。(笑)


我々国民は、もっと賢くならなければいけない!


「賢者は、歴史に学び、愚者は、経験に学ぶ」


国民は、冷静に情報を取捨選択しなければ、再び、マスコミに
誘導されて、愚かな選択をしてしまうだろう。


日本人よ、目を覚ませ!


人気ブログランキングへ歴史を学ぶ国民に、クリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 07:23 | 長野 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年06月12日

かんぽの宿:鳩山総務相がとうとう辞任した

何ともあっけなく決着したネエ。(苦笑)
麻生さん、こんなにストレート勝負するとは思いませんでしたが
もうちょっと、変化球でも良かったような・・・。(笑)

現段階での判断としては、誠に正しいと思えます。
ただ、国民目線は、西川辞任であったようなので、私としては
黙って「解散」がベストだと考えましたが、麻生さん、覚悟を
決めたようですね。

鳩山総務相が辞任、郵政社長人事は西川氏続投で決着へ
2009年 06月 12日 15:22 JST

 [東京 12日 ロイター] 鳩山邦夫総務相は12日午後に官邸を訪れ、麻生太郎首相に辞表を提出、首相も受理した。鳩山総務相は、日本郵政の西川善文社長の人事について、一貫して再任を認めないと主張してきたが、首相が西川氏続投の方針を固めたことで辞任を決意。郵政社長人事をめぐる混乱は鳩山総務相の辞任というかたちで決着した。


鳩山氏自身は、「自分が正しい」と、ことさらに主張しているが
こういう時は、存外「自信が無い」のではなかろうか。(苦笑)

去る時は「男は黙って去れ」がカッコイイのだが・・・。
それが出来ない所に、この男の弱さが見える。
辞任すれば「負け」である。

仕方が無いので、自分を「西郷隆盛」にしてしまった。(笑)

 「残念ですけど、辞めざるを得なかった」「世の中、正しいことが通らない時がある。今、政治は正しいことを言っても認められないこともある」と述懐。その上で自らを明治の元勲、西郷隆盛になぞらえ、「西郷隆盛翁が征韓論の際、岩倉具視に『岩倉公、あやまてり』と言って潔く政府を去った。西郷公も信念の人だから。私も潔さが大事だから」。


まあ、去った人間をどうこう言うのは止めにしよう。
この話は「終わり」である。  さようなら、ハトポッポ。(苦笑)


さて、後任は「佐藤勉国家公安委員長」だ。
この人、民主党の山岡国対委員長と同じ選挙区で、負けた事が無い
日大工学部卒業後、大手建設会社に入社。 という、経歴がある。

同じ技術屋として、なかなか面白い人物と見た。
総務副大臣を何年も経験しているので、実務の心配はないようだ。
論理的に物事を捉えるのが、技術屋の特徴であり期待が持てる。

ただし、残り期間は殆ど無いが・・・。(苦笑)


麻生氏の判断が、吉と出るか凶と出るかは、国民次第。
いや、マスコミ報道次第か・・・。(苦笑)
多分、マスコミは鳩山擁護で、麻生叩きの材料にするのであろう。

国民は、それに引きづられる。

麻生政権叩きには、絶好の材料となるのだろう。
情け無い話である。(マスコミが・・・)


政権交代を睨んで、与野党の議員連中が徐々に動き出したようだし、
水面下での政界再編の波が、どこらへんで「津波」になるのか、
注意して見て行きたい。

人気ブログランキングへ麻生総理の判断に、クリックを!
参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 17:10 | 長野 ☁ | Comment(1) | TrackBack(1) | 公務員制度改革

2009年06月11日

かんぽの宿:ポッポ総務大臣の思惑と黒幕の存在

ここに、ある推察文がある。

かんぽの宿騒動を、時系列に沿って事実と照合した、確度の高い
記事である。

ことは、総務大臣の09年1月6日の記者との談話で、「かんぽの宿の売却は
おかしい」と言い出した事
から始まった。日本郵政に、

1.なぜオリックスなのか、
2.なぜ一括譲渡なのか、
3.なぜ不動産価格が急落しているこの時期なのか、

について問い合わせたが、納得のいく返事は来なかったという話であった。

この最ことは大事だ」と述べている。(産経 09/01/08朝)

まことに不思議なのは、総務相は6日の記者との談話で、年末12月26日に
かんぽの宿をオリックスに譲渡する情報を新聞で知り、部下に調べるように指
示したと述べているのだが、

08年12月27日は土曜であり、26日でほぼ仕事納めの時期で、すぐ正月
休みだったし、休み明け翌日の時点で「正義感を持って対応する」と、あたか
も不正が行われたと確信したような発言をしているが、この間に調査などやれ
ているはずがない


報道2001での黒岩氏とのインタビューでは、この行動を始めたのは「
だったと述べている。ーーー「勘」で着手するのはよくあることだが、よく調
べることなく「勘」でオリックスを不正呼ばわりするのは無礼だと思うのだが
どうだろう。初の段階から「正義感を持って対応する。『李下に冠を正さず』という


つまり、辻褄が合っていないのだ。
こういうのを世間では「言いがかり」というのだが・・・。(苦笑)

詳細は<参考記事>を読んでいただきたいが、何にしても
旧体制に戻したいと思っている集団が黒幕であることを臭わせる話だ。  そうだ。(笑)

要は、譲渡業務の日本郵政の執行役が、役員会や社長に諮らずに譲渡契約を専
断ですすめていた点が主で叱られているわけであり、不正なことを糾弾された
のではない。
しかしながら総務相は、「オリックスとの出来レースだった」と
相変わらずコメントを述べているのは理解できないところである。


とにかく日本郵政の西川社長をクビにしたくてしょうがない。


さらに上杉氏が、核心をついている。

自ら語る「正義」ほど怪しいものはない。ウサマ・ビン・ラディンがテロを指令したときも、ブッシュ米大統領がイラク戦争を開始した時も、ともに「正義」の闘いであることを強調していたではないか。

 今回の郵政人事を巡る論争に「正義」は不要だ。重要なのは、国民にとって何が必要で、どちらの選択が利益をもたらすかという一点である。

 その視点が抜け落ちていては、結局、どちらが政治的な勝者になろうとも、なんの解決にもならないのである。(上杉隆)


誠にごもっとも、である。(笑)


であれば、上杉氏も安倍元総理に対する謝罪は、しっかりと
するべきであろう。
ブログを変えてまで逃げ回るのは、あまりにも稚拙ではないか。

いい腕を持っているのだから、もったいないではないか!


話が逸れた。(苦笑)  元へ戻そう。


この騒動は、要するに、

郵政民営化に反対する黒幕議員に踊らされている鳩山総務大臣は
ピエロかドンキホーテでしかないということなのだ。(笑)

それに便乗している旧郵政官僚たちも、悪の仲間である。
国益よりも「自分の利益」優先の一幕である。

麻生総理の処置の究極は、誰も処分せずに「解散」するのが
この際、ベストと言う事になりはしないか。(苦笑)


人気ブログランキングへ総務相の馬鹿さ加減に、クリックを!


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 20:00 | 長野 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年06月10日

国立メディア芸術総合センター:マンガ喫茶必要なし

この景気の悪い時に財政出動で景気回復、弱者保護とか
言ってすったもんだやっている時に、作る建物でしょうか???

景気が回復して、生活が安定したらば、文化の向上とかいって
作るものでしょうよ。

予算が大盤振る舞いなのをいいことに、どさくさに紛れて
余計なものを作ってはいけません。(苦笑)

自民党PT、アニメの殿堂「必要ない」

 自民党の無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(PT)の作業部会は8日、2009年度補正予算に盛り込まれた「国立メディア芸術総合センター」(仮称)を必要がないとして、予算執行を止めるようPT座長の園田博之政調会長代理に申し入れることを決めた。同センターは、民主党などが「アニメの殿堂」と呼び、予算無駄遣いの象徴として厳しく批判している。(01:32)


予算がだぶついて、何に使っていいのか分からない官僚達が
思いつきそうなことですね。
たぶん、族議員たちの要望があったのでしょう。
ここにも利権があるのではないかと、疑りたくなる。(苦笑)

文科省は、予算が少なくて、利権対象がないからねえ・・・。

ハコモノが一番、簡単に利権が手に入るのも歴史的事実。
「しごと館」と同じ発想でしょうネエ・・・、。(笑)

もっともらしい理屈をつけるのがうまい官僚が、族議員と
共謀したのではありませんか?

太郎君が、許しませんよ。 きっと・・。(苦笑)

文部科学省の独法、公益法人の棚卸し。

独法国立美術館
補正予算に盛り込まれた国立マンガ喫茶に絞って議論。
117億円をかけて、箱物を作る理由が全く不明。なぜ、新しい箱
物が必要なのか、なぜ既存の施設を利用するのではいけないのか、
なぜお台場に箱物を作ることが海外への発信になるのか、文科省は
何も説明できない


この箱物を作ることによって、後年度負担がどのくらいかかるのか
もどういう展示をするのかも説明がない。

仕分け人一致して不要。
予算の執行停止を求めることになった。


ほ〜〜らね。(笑)

見破られるんですよ、この程度の策略は・・・。(苦笑)

他にもまだあるようですよ、要らない物が・・・。

独法日本学生支援機構
奨学金の回収は相変わらずできない。この部分は民間に任せ、政府
は政府保証なり利子補給をすればよいのではないかということに。
留学生支援その他についてはこの独法で行う必要性なし。


独法科学技術振興機構と独法日本学術振興会機構
まず科学未来館について。毛利衛館長にも説明に来ていただく。
科学技術広報財団との不自然な関係を清算すべきということになっ
た。

この二つの独法については、まず統合し、日本の科学戦略と技術戦
略をしっかり考えた上で、再編すべきという松井孝典教授のご意見
に賛同する。

補正予算に盛り込まれた695億円の産学連携の箱物については、
不要という判断をする。


ん〜〜〜、毛利衛館長まで呼び出されたんだネエ。
かわいそう。
官僚に利用されたんだろうなあ。 民間人に迷惑かけるなよ。
たぶん、毛利さんは、何にも知らないと思うよ。

財政出動もやり方をよく考えないと、結局、官僚達に
いいように使われて、国民には回ってこなくなる。

景気対策どころか、借金だけが付回されることにしかならない。
太郎君、しっかり見張ってくださいね。(笑)

詳細は、<参考記事を見る>でどうぞ。


人気ブログランキングへ国立マンガ喫茶はいらない、にクリックを!
参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:13 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 公務員制度改革

2009年06月06日

道路保全技術センター:国交省の証拠隠滅を許すな

臆面もなく証拠隠滅をする国交省の役人共
太郎君が頑張ってやっているようである。

今度の調査では、「マスコミフルオープン」ということなので
今度ばかりは、マスコミも無視は出来ないのではないか?(苦笑)

何故か、今までNHKがちょっとヘッドラインで流しただけで
民放は無視していた。

道路の空洞化探査の検証を6月14日の深夜に行うことに決まる。
第三者委員会の小泉委員長から、皆さんが納得できるように検証を
行わなければならないので、しっかりやりましょう、と。

国土交通省が証拠隠滅を行ったので、これ以上の証拠隠滅を防ぐた
めに、43か所の空洞についてはこれ以上勝手に開削を行わないよ
うに金子副大臣から指示

銀座の空洞については、国土交通省が勝手に調査をするような話が
出ていたので、これも釘を刺す。

こういう状況では国土交通省が証拠隠滅に何をするかわからない
で、空洞の見逃し調査等の場所については、こちらから当日、指定
することで委員長の合意を頂く。

当日は、道路保全技術センターの担当者とこちらが指定する専門家
の双方が調査することになる。
当日はマスコミフルオープン。また、参議院の予算委員会でこの問
題を追及して下さった民主党の大久保議員にも立ち会いをお願いす
る。

ごまめの歯ぎしり メールマガジン版
衆議院外務委員長河野太郎の国会日記


国交省のやりたい放題の出鱈目業務
絶対に許してはいけない。

選挙前でもあるし、太郎君も張り切っていることだろう。(苦笑)
悪事を暴き、役人を更正させなければいけない。(無理かも)
隠蔽体質、詐欺体質をしっかりと戒めてもらいたい。

さらに国交省は、こんな卑劣な嘘を平気でついている。

某テレビ局から一報。
国土交通省が、6月14日の件で記者クラブに投げ込みをしている
ようですが、検証するのは銀座だけという内容です。

国土交通省に電話する。

第三者委員会の小泉委員長の指示でやっているだけです。
嘘つけ、こっちは委員長とお話をして14日のことを合意している
んだからと言えども、小泉委員長の指示ですを繰り返す。

早稲田の小泉先生の研究室にお電話すると先生が出てこられ、役所
の嘘がすぐばれる
。(ため息)

検証は、一晩では終わらないだろうから、まず14日は、銀座を含
め数カ所の検証作業を行うことにして、場所は早く決めると証拠隠
滅される恐れがある
が、道路を止める必要もあるから月曜日に先生
のところに場所をご連絡することで、先生のご了解を頂く。

小泉委員長から国土交通省に直接このことを連絡していただく。


すぐばれるような嘘でも、平気の平左である。
ここまでくると、一種の精神疾患と言えなくも無いか。(嘲笑)
担当者は、いまごろ「胃潰瘍」にでもなっているかも知れない。(苦笑)

役人よ、嘘をつくんじゃない!
自分の子供に対して、恥ずかしくないのか!



<関連記事>
国交省:調査と言いながら、裏でもみ消しの面従腹背ぶり

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 03:00 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 公務員制度改革

2009年06月03日

日本郵政騒動:ハトポッポ、豆が欲しいか、官僚と一緒に食べに来い?!

仲間はずれにされている事も知らずに、いい気なものである。
「裸の王様」は、何処までもノーテンキだ。(嘲笑)

日本郵政社長の「条件付き」続投 鳩山総務相は認めず

 鳩山邦夫総務相は2日の閣議後の記者会見で、日本郵政の西川善文社長の続投について、新しい経営目標を設けさせるといった条件付きでも認められないとの姿勢を示した。政府内でこうした調整が進んでいるとの報道に関しては「私がからんでいない政府内調整はない。そんな話が出ているのかさえ知らない」との不快感を示した。


第三者委員会の「問題なし」発言も無視である。(苦笑)
そうとう官僚に「媚薬」を嗅がされている様だ。

日本郵政の西川社長続投、反対は「当然」 鳩山総務相

 鳩山邦夫総務相は30日、6月に任期切れとなる日本郵政の西川善文社長の続投を巡り、6月1日にも開く同社唯一の株主である与謝野馨財務相との協議で反対の意向を表明する方針を明らかにした。鹿児島県鹿屋市内で記者団に続投に反対するかを聞かれ、「当然だ」と答えた


まあ、今更、「ごめんなさい」とも言えないわなぁ・・・。(苦笑)

上げた拳を下ろせなくて、ご本人も困っているかも知れない。
与謝野財務大臣は、さて・・・、どう出るか?


 鳩山邦夫総務相が指摘した「出来レース」「たたき売り」との批判は明確に否定した。一方、国民の共有財産の売却という認識が欠けていたことや、手続き上の問題点を厳しく指摘した。(29日 23:07)


要するに「問題なし」なのだが、それではマスコミも面白くない。(笑)

ハトポッポも、舞い上がった分、面白いはずは無い。(嘲笑)
下りる先が見当たらずに、永久に飛び続けるしかないか?(笑)

西川・日本郵政社長の進退、自民内で対立激化

 日本郵政の西川善文社長の進退を巡る政府・自民党内の対立が激しさを増してきた。西川氏が続投に意欲を示す一方、鳩山邦夫総務相が交代論を掲げる構図。

郵政民営化や小泉改革路線の是非を巡る立場も絡み、それぞれの応援団も駆け引きを展開している。このままでは麻生太郎首相の政権運営の火種になりかねない。


族議員VS族議員の醜い争いに、民間人を巻き込むな!
結局は、官僚に操られるだけであろう。

この辺の「さじ加減」は、官僚には「お手のもの」である。
なんと言っても、副社長には旧郵政官僚の団氏が居座っている
ハトポッポは「社長は、民間人がいい」などと、しらじらしく
言っているようだが、本心でない事は、皆が知っている。(笑)

民間人がいいなら、文句言わずに引っ込めばいいのに・・・。
西川氏以外に、誰がいると言うのか?

郵政4社は黒字になっているのである。

なんか、文句あっか?!(笑)


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 03:00 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年05月26日

国交省:調査と言いながら、裏でもみ消しの面従腹背ぶり

国交省:公用車運転業務問題 「北海道開発局員、関与も」−−金子国交相見解

 国土交通省発注の公用車運転業務を巡る談合疑惑で金子一義国交相は26日の閣議後会見で「北海道開発局の現職職員が談合に関与した疑いがある」と述べた。
(中略)
金子国交相は次官をトップとする調査検討委員会を設置するよう指示したことも明らかにした。金子国交相は「調査検討委で北海道開発局の職員の関与の事実関係や指名競争入札でおかしいと指摘された点について調査する」と述べた。


ほ〜〜〜、「次官をトップとする調査検討委員会」ねぇ。(嘲笑)
身内同士で厳正な調査などできるのか?
ぐるになって、証拠隠滅に走るのが落ちである。

特に、「談合」の類は、立証が難しい。
これも第三者委員会でやるべき事柄ではないか。

国交省はさらに、こちらでも証拠隠滅を謀っているようだ。

国交省と道路保全技術センターがぐるになった道路の空洞化調査を
めぐる大がかりな不正を調査するための第三者委員会が先週の木曜
に立ち上がった。

しかし、その委員会が行われているときに、国土交通省はせっせと
不正の証拠を隠滅していたのである。チックショー。

国土交通省は、道路保全センターに対し、空洞調査の結果、空洞数
が少ないから増やせという指示を出し、それを受けて、センターは
空洞をねつ造した。そしてその空洞のスコープ写真は、わざと輝度
を落として真っ黒にして、嘘がばれないようにした

だから、国土交通省は、わざと第三者委員会の開催を先週木曜日に
先送り
し、その日までにねつ造した部分をすべて掘り返して埋め戻
させた。
えっ、空洞ですか。ありましたよ。埋めときました


第三者委員会の翌日までに掘って埋めろという指示が出ている。
委員会で議論している最中にも証拠の隠滅は進んでいたのだ。
(全文は、参考記事にあります)


ということである。

こんな悪質な事が行われていて、どうして告発しないのだろう?
どうして検察は動かないのだろう?

太郎君、教えて!(笑)


やられた」とか「ちくしょー」とか、太郎君は多すぎる
これも結局、解決できずにうやむやで終わるのかい?

勘弁してよ。(笑)

そこまでやったんなら、最後まで追及しなさい!

アリバイ工作は、許しませんよ!


金子国交大臣、あんたもグルだろう?!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 19:00 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年05月23日

外務省の深い闇:ソマリアPKO分担金

5年以上前の支出について、外務省では相変わらずわからない。

ソマリアPKO分担金等」の「」にいったい何が含まれるのか
資料が残っていないのでわかりません、では困る。
決算書にも載っていないので、というが、再度、調査を求める。
他の役所ではこういうことはないのだろうか。


資料が残っていない」と言っておきながら、再調査を依頼したら
翌日にその書類が出てきたという。

呆れて、開いた口が塞がらない。(どうしてくれる?)


保存期間の五年が過ぎ、資料が廃棄されたはずの平成5年度国連ソ
マリア活動等分担金205億円の詳細が書かれた一枚の紙が出てき
た!


205億円の使い道が5年間でわからなくなる???そんな馬鹿なことが、官庁の間では当たり前らしい・・・。

民間でこんな事をしていたら、明日にも「倒産」するだろう。
205億円だぜ!

かなわんなあ〜〜〜。(嘲笑)

分担金の中身でまた問題が出てきそうである。
楽しみだ!(爆)

太郎君、暴露屋のあなたに利用価値があるのだから、しっかり
暴露してくださいね。(笑)

解決は、・・・・・期待してないが。(苦笑)

ソマリアPKO、ここで一体、何が行われていたのか?
分担金の仕様明細は、明らかになっているのだろうか?

無関心でいられることではなさそうである。

乞うご期待!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 00:00 | 長野 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年05月22日

(天)道路保全技術センターの空洞調査:誤魔化しの続報


=========================
ごまめの歯ぎしり メールマガジン版
衆議院外務委員長河野太郎の国会日記
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
14:00−15:00
新しい政治を拓く会
田原総一朗さんを講師にお招きして第一回の会議を開く。
大村幹事長、菅原事務局長、松浪健太事務局次長。

15:00−17:00
九段下の合同庁舎で国土交通省の第三者委員会
金子副大臣の手配で、委員長から指名され、今回の(天)道路保全
技術センターの空洞調査が報告した空洞数が異様に少ないことを指
摘し、報告書の品質を確認するための調査を要請。

金子副大臣と委員会の両方から、確認のための調査をやることに合
意していただく。

センターから弁解書のようなものが出ていたが、空洞の総数が少な
いという指摘には全く触れていない。告発のきっかけがそのことで
あることを考えると、不思議だ。

指摘されて再調査したら見つかったという記載もあり、調査ミスを
自ら認める内容になっている



墓穴を掘りながら、誤魔化しに終始する茶番劇が続いている。
朝ズバっ!で報道するらしい。(今日か?、見てない。苦笑)

ジワジワと事件が広がりを見せているのは、太郎君のお手柄か。
しかし、暴露してから、どうするの?
いつも、そこまでで終わっているような気がするが・・・。(嘲笑)

みのもんたが、どう反応するのか、見ものではある。


それにしても、なんで「新しい政治を拓く会」の講師
田原総一朗なんだ?   わからん。(笑)


田原の言う「新しい政治」って、なによ?
共産主義から転向したのか???(笑)

まさか「サヨク」から「右翼」に転向するんじゃあ、あるまいに。

あ〜〜〜、鳥肌が立ってきた。(苦笑)

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:29 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

財団法人道路保全技術センター:国交省の出先機関が調査詐欺か?

続報 第二弾!

無駄遣い撲滅プロジェクトの河野チームが、結構頑張っている。

衆議院外務委員長河野太郎の国会日記」によると、
国交省の出先機関の出鱈目な仕事ぶりが、内部告発によって
明らかになってきているようである。


国土交通省は、発見できなかった42か所の空洞のスコープ調査を
外部にやらせると完全に詰んでしまうので、内部で調査するという
案を金子副大臣に上申しようとしている、と。

独立行政法人土木研究所あたりの組織にやらせ、なんとか逃れよう
としている、と。
そんな案を認めたら、金子副大臣だけでなく金子大臣のクビまでと
ぶことになる。

国土交通省は、この問題の深刻さを未だ理解せず!



何処にでも顔を出す太郎くん、いつも思うのだが、追求姿勢は
買うのだが、対策立案にまで行かないのが多い。(苦笑)

頑張ってます」はいいのだが、それだけかい?(笑)


この問題、NHKがちょっとニュースで取り上げただけで、
民放は完全に無視
全く報道されていないようだ。(オヤジが知らないだけか?)

財団法人道路保全技術センターのトップに座る技監
が、かなりの
誤魔化しをやっていたようだ。
太郎君は、「耐震偽装並みの行為」と言っている。

にも拘らず、何故にメディアは無視をする?!

政局で忙しいから、視聴率取れないし・・・ってか?!(嘲笑)


このセンター、設備は立派なものを持っているが、それを使う
技術がないという。 ???
使いこなせる技術者がいないということ?  らしい・・・。

国道事務所の現場からの「内部告発」である。



要するに、道路の陥没箇所を調べた事にして、数字だけ報告書に
記載
していたが、道路事務所の現場が、事故を心配して告発した。
そうしたら、国土交通省とセンターが共謀して、報告書の内容を
水増しして「改竄」したわけだ。

しかし、もともと調べていないので、当然、修理工事もしていない。
そもそも「陥没箇所」が発見されていないのだ。

しかもその報告書そのものが、データ捏造の出鱈目報告書である
ことを、太郎君が見破ったわけだ。(拍手!)


何故このようなことをしたか?

この調査費用の四分の三は、取引業者が負担する。
調査した事にして、費用を請求すれば・・・。

そう・・・「丸儲け」となるのである。(怒!)


しかもこの調査に、監督官庁である国土交通省は、高い評価点
つけていた!
その上、この不祥事の「もみ消し」までやろうとした。


太郎君、マスコミにリークしなさい。
そして、報道するように「圧力」をかけなさい。 マスコミに
なんと言われようと、「圧力」をかけなさい。
介入と言われようと、なんと言われようと、である。(笑)

きっと「票」が増えるだろう。(含笑)

国土交通省の金子大臣様は、事の重大さをわかっているのか?

はなはだ疑問である。(笑)


これで「陥没事故」でも起こったら、えらいことになる。
いつも犠牲は、「何にも知らない国民」である。

徹底的に追求するべし、太郎君!


でも・・・、君、いつも追及するだけで、何にも解決してない
んだけど・・・。(笑)

アリバイ操作、では、票は取れない。

ん?  どうするの?(笑)


ソマリアPKO分担金の問題もあるんだけどね。(含笑)

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:39 | 長野 ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年05月19日

日本郵政人事:鳩山総務相のパフォーマンスやまず

鳩山総務大臣の日本郵政いじめが、絶好調である。(嘲笑)

日本郵政社長の続投認可、総務相「慎重に考えて行使」
          NIKKEI.NETより

 鳩山邦夫総務相は19日の閣議後の記者会見で、日本郵政が前日の指名委員会で西川善文社長の続投支持を決めたことについて「(総務相の)認可権限は非常に重い。慎重に考えて行使していく」と述べ、6月末の株主総会に向けて熟慮する考えを示した。


「(総務相の)認可権限は非常に重い。慎重に考えて行使していく
などと、脅し以外の何者でもない発言に呆れかえるが、マスコミ
までがその尻馬に乗って、世論を煽っている。

郵便制度割引事件まで、西川社長の責任にしようと、あの手この手
で攻め立てる。

博報堂の弁護をするつもりは無いが、これは犯罪であって
経営陣に責任が及ぶものではないだろう。
逆に、日本郵政側から告発してやればよい。

担当部署の責任である。

この事件が発覚したタイミングが、あまりにも良すぎはしないか?

麻生総理は、鳩山に下駄を預けているが、持て余しているのか
口裏を合わせているのか、・・・。

何とも、不可解な行動ではある。


全国郵便局長会が政権交代を目標に定めた事で、与党側は
繋ぎとめに必死であり、日本郵政苛めに拍車が掛かる。
一方、野党側もこの組織票を獲得するべく、郵政民営化見直しを
公約とするのであろう。

詰まるところ、「票」の奪い合いに日本郵政が利用されている
言う事でしかないのだろう。

なんとも、浅ましい姿ではないか。

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:00 | 長野 | Comment(1) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年05月14日

定額給付金:郵送の給付金申請書、数十通が行方不明

郵送の給付金申請書、数十通が行方不明…福岡・八女
5月14日12時27分配信 読売新聞

 は申請書を市役所の会議室で処理し、夜間は鍵をかけて保管しており、「市で紛失した可能性は低い」としている。

 郵便事業会社九州支社は「事実関係について確認中。市から正式に依頼があれば調査をする」としている。


おやおや、早速やってくれましたね。(嘲笑)

この手のことで、ノントラブルで終わった記憶が無い。(苦笑)

郵便事業会社が紛失したのか、市役所で紛失したのか?
あるいはポストに引っかかって残っているのか?
それとも故意の事件なのか・・・?


再発行すると言うが、それでウヤムヤにされては困るのだ。

口座番号や免許証番号が、顔写真が入っているだけに
無くしました、では済まない。

一番不思議なのは「郵便局の窓口で出した人」も紛失している
ということだ。
これは、市役所が紛失したのに間違いないわけで、何か
しでかした? と思わざるを得ない。

また、珍しくすでに「再発行している」という、手回しの早さ
妙に気になったりする。(苦笑)

それほど不信感は強いと言う事なのだ。

「税金の滞納者には、渡さない」という自治体も複数あるようだし
単純な事故とは、到底思えないのは、私だけか・・・?(笑)


ところで、定額給付金申請書は、市役所でどう扱われるか
みなさんはご存知ですか?(笑)

書類は国の指導で「5年間保存」されるのだそうです。
きちんと支払われたかどうか調査する為に、そうするのだそうです。

調査が終わった時点で、廃棄処分になるらしい・・・。
ほんと???(笑)

別件で使用する事は「犯罪」になるそうで、そんなことは
しないらしい・・・。
ほんと???(笑)


それほど不信感は根強いものがあるのです。

5年間、何も無いことを祈るばかりです。(爆)


・・・って、もう、紛失しているじゃあないの?(嘲笑)

ほんとに、5年間も無事故で保管できるのだろうか?

はなはだ心配ではある。(笑)


何でも、小郡市でも同様の紛失事故があったらしいのだが・・・。

定額給付金の申請書不明 大川市など福岡県4市でも
2009年5月14日16時18分

 福岡県八女市で市民が投函(とうかん)した定額給付金の申請書が行方不明になっているのに続いて、大川市など同県南部の少なくとも4市で同様に、申請書が市に届いていない事例があることがわかった。


役所のいい加減さに、今更ながら腹が立つ!

次々と、続報が入ってくるので、記事更新が間に合わない。(苦笑)

まだまだ、被害は拡大しそうである。

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:09 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。