島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2009年06月12日

憲法審査会規程を制定:まだまだ先が思いやられるが・・・

安倍元総理時代に可決させた「国民投票法」を受けて、制定された
憲法審査会」の運営を決める規定が、やっと可決された。

野党のように「憲法改正を話し合う事もダメ」などという
馬鹿な連中を相手にしてはいられない。
事は急を要する国の根幹にかかわる事柄なのである。

自分の国の憲法について、「話し合うこともダメ」などという
国は、世界中探しても、多分・・・無い。(苦笑)

憲法審査会規程を制定 衆院、与党多数で可決

 憲法改正原案を審議する衆院憲法審査会の委員数や手続きを定める審査会規程が、11日午後の衆院本会議で与党の賛成多数により可決、制定された。民主、共産、社民、国民新の野党各党は反対


参議院議員会長の輿石は、当然のごとく反対だ。(嘲笑)

規程制定、参院は応ぜず=民主・輿石氏

 民主党の輿石東参院議員会長は11日の記者会見で、衆院憲法審査会の運営手続きを定める規程が与党の賛成多数で制定されたことについて「衆院は数で強行できても参院はそうはいかない。この問題は受け付けない」と述べ、今国会では参院憲法審査会の規程の採決には応じない考えを強調した。

 憲法審査会は、憲法改正手続きを定めた国民投票法に基づき、衆参両院に設置されている。輿石氏は「憲法は日本の一番大事な国の決まりだ。なぜ今、急いで(改憲に向けた環境整備を)やらなければいけないのか」と、与党の対応を批判した。

 輿石氏はまた、政府が北朝鮮船舶の貨物検査を可能にする国内法を今国会にも整備する方針を固めたことに関して「船舶の検査より麻生内閣の検査をしたらどうか。問題外だ」と述べ、反対の考えを示した。(2009/06/11-16:27)


しかし、ここまで憲法至上主義に凝り固まると、救いようが無い。
救う気も無いが・・・。(嘲笑)

これが日教組の親分の意見なのだから、子供たちが可愛そうだ。
「憲法は日本の一番大事な国の決まり」だから、これ以上放っておくと
国が滅びるのだよ。

だから急ぐわけよ、わかった?  輿石殿。(大笑)

民主党に隠れていないで、社民党に行けよ。共産党でもいいぜ。(笑)

それとも、政治家辞めてお国に帰るかい?!(ばか者が!)
あんたの頭じゃ、憲法は難しすぎてわからんだろ。土井さんに
聞いて来い。 あ、余計わからんか。(苦笑)


とまあ、オタは、この辺にしておいて・・・と。(笑)


何にしても「話し合い」は早く始めるに越した事はない。
その際は、憲法の制定過程の検証をしっかりとやら無ければ意味が無い。

どのようにして現在の憲法が制定されたのか?
日本の自主性が繁栄されていたのか?
GHQの強制は無かったのか?

これらは、最近の公開情報からでも検証できるようになった。
従って、これらの公開文書を精査し、分析する所から始めなければ
ならないのである。

これには時間が膨大に掛かる。
だから、急ぐのだ。  
国が滅びる前に、間に合わせなければならない。

国民は気が付いていないかも知れないが、時間はあまり無い。
取り返しの効かないところは、もうそばに迫っているのだ。
危機感を持って、事に当たらなければならない。

結果、現在と同じ憲法になったのなら、それはそれでいい。
自分たちで決める事が、大事なのである。
他国の強制があってはならない事柄だから。

自分たちが住む、国の形くらいは、自分たちで決めようや!

そのための話し合いくらい、やろうぜ!

民主主義国家なんだから、何でも、話し合いで決めるのがスジで
しょう。  違いますか?
野党のように、頑なな拒否姿勢では、民主主義の意味が無い。

輿石は、政治家でいる意味が無い。(ん? つい脱線。笑)


与党強引採決、崩れる国会合意形成…憲法審査会規程で
2009年6月11日23時59分  asahi.comより

 衆院憲法審査会の委員数などを定める「規程」が11日の本会議で、与党などの賛成多数で可決した。民主党など野党は07年の国民投票法成立に続く「強引な手法」と反発。憲法改正に向けた国会の3分の2の合意形成は崩れ、総選挙前に与野党協議が進展する見込みはなくなった。


朝日新聞らしい論調である。(苦笑)
憲法論議を一歩も進めたくはないらしい。(嘲笑)
総選挙で国会の勢力図は、大きく変わる可能性があり、今、こんな
ことを言っても意味が無い。

朝日としては、煙幕を張りたいわけだが、多くの国民は
もう、こんな朝日調には騙されない。(笑)

「憲法論議を始めましょう」と言っているだけであり、改憲の採決を
しましょうと、言っているわけではないのに、気が早すぎる。(苦笑)
何をそんなに怖がっているのか、怯えているスピッツみたいな
ものであろう。(笑)

アホらしい。

中国の傀儡新聞としては、日本を押さえつけていたいのだろうが、
もう国民は、そんな先送りは許しません。
宗教団体やパチンコ業界の広告取りに汲々としているような、
経営危機の新聞では、公正・公平な報道など、望むべくも無い。

アメリカのように、紙媒体の衰退を追いかけることになろう。
朝日新聞よ、ジタバタしていないで、ご退場ください。(笑)

あなたがたに、ジャーナリズムはもはや無い。



もっと知りたい ニュースの「言葉」
憲法審査会(2009年1月2日)国民投票法に基づき衆参両院に設置された。国会に提出された憲法改正原案の審査などを行う。自ら改憲案を起草し提出することもできるが、国民投票法は2010年までは改憲原案の提出や審査を凍結するとしている。それまでの間は憲法関連の総合的な調査を行う。与党は改憲原案に関する公聴会開催義務化などを柱とする規程案をまとめたが、議決に至っていない。


人気ブログランキングへ憲法論議、早期開始に、クリックを!
参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:00 | 長野 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 憲法

2009年05月29日

民主・枝野氏、平成19年の国民投票法採決への謝罪を要求〜嫌がらせか?

民主党は、仔細な事にこだわって、話し合いの場をも作ろうと
しないのか?

まさに「国益より党益」を優先させた論理ではないのか?
一日遅れれば、日本の真の独立の時期がそれだけ遅れることになる。
憲法審査会は、話し合いをする場を設けるだけである。

それすら拒むのであろうか?

枝野氏は、冷静に国益を考えるべきであろう。


 民主・枝野氏、平成19年の国民投票法採決への謝罪を要求
2009.5.28 18:40  MSN産経ニュースより

 衆参両院の憲法審査会が形式上は設置されながら委員数や議事手続きを定める「審査会規程」の未整備で始動できない問題で、衆院議院運営委員会は27日、民主党の枝野幸男元衆院憲法調査会会長代行から参考人として意見を聴取した。

枝野氏は平成19年当時、安倍政権が憲法改正手続きを定める国民投票法を衆院で強行採決したと非難し、「安倍晋三元首相らの明確な謝罪などがない限り、形式的なことをやっても無意味だ」と述べ、安倍氏の謝罪を含め、与党側が政治的なけじめをつけなければ規程制定に応じな考えを示した。


民主党内には、憲法改正そのものに反対する勢力がいる。
それらからの圧力が掛かっているのではないか?

枝野氏個人の考えで言っているとは、到底思えない。
彼個人では、憲法改正を早くやりたいはずである。

政治家が、自分の信条より党の意向を優先する事が、そもそも
おかしいのではないのか?

政治家は、独立した存在でなくてはならない。
有権者は、比例代表で当選した者でなければ、候補者本人に
投票したのである


そこを勘違いしてはいけない。


このような民主党に、政権を任せるべきではないだろう。

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:00 | 長野 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

2009年05月03日

益川先生:改憲派だって戦争は嫌いなんです

理論物理学者だから、歴史認識なんて考えた事無いんじゃあないかな。

憲法そのものについても、それほど知っているとは思えない。

この人、「憲法9条京都の会」に利用されてる。
護憲派の「広告塔」にされてしまったようだ。 純粋な人だから
政治的なことは理解できないのではないだろうか?

こういう「いい人」を利用しようとするあくどい連中が、
この世にはたくさん居る。  情け無い。

約15分の予定のスピーチの途中で時折、「憲法は今もちゃんと機能している。これだけ言えば、今日の目的は果たした」などと話し、立ち見も出た会場の笑いを誘った。最後は「僕は理論物理学者だから、理屈をつけないと収まらないけど、とにかく戦争は嫌いです」と締めくくった。


とにかく戦争は嫌いです」 、 まるで子供の発言であり
議論の対象にはならないが、情緒的にはこうなるだろう。

先生、誰だって戦争は嫌いなんです。(笑)
武器商人以外は・・・。


戦争をしたくないから、憲法を変えて「抑止力」としての
武力と交戦権を獲得しておきましょう。と言っているのであって
「戦争をやらせろ」なんて言っているわけではないのですよ。(苦笑)

私だって「戦争なんて、絶対嫌です。」(笑)


でも、今のままでは「将来の危険」に対応できないでしょう。
いまから「抑止」しておかなければ、その時になって騒いでも
遅いのですよ。

どうしても不安なら「先制攻撃はしない」と明文化したらいい。
そのかわり「犠牲」は覚悟しなければなりませんが・・・。(汗)

攻撃されてから対処するわけですから、当然犠牲者は出る。
それは覚悟しておかなければなりません。
後になって「政府が賠償しろ」なんて言わないことです。(!)

「改憲=戦争」という短絡的な話は、いいかげん卒業しなければ
なりません。
現行憲法は、国民の意思を繁栄していません。
それだけでも「憲法を作り直す」立派な理由になります。

先生は頭がいいのですから、「憲法の成り立ち」を勉強して
ください。 先生なら、すぐ理解できるでしょう。

お願いします。  m(_ _)m


朝日新聞に騙されてはいけません!(怒!)


毎日新聞は、もっと狡猾です。

大相撲の八百長疑惑報道をめぐる損害賠償判決や、刑法の秘密漏示罪で精神鑑定医が有罪とされるなど「言論の自由」のあり方を問う司法の判断も相次いでいる。


記事の最後になって、こういう文を挿入して、焦点を刷り変えます
護憲派の言論が弾圧されているような印象を与えながら、改憲派の
言論を弾圧している
のです。

こういう記事に国民は騙されてはいけません。


「言論の自由」とは、
「嘘を言っていい」ということではありません。
「守秘義務を破っていい」ということでもありません。


この裁判の問題点は「言論の自由」とは関係ないのです。
そこのところを間違えないようにしましょう。

さらに「憲法論議は影を潜め」などと、事実に反したことを
書き、世論を誘導しようとするのです。

憲法論議は、活発になりこそすれ、影を潜めてなんかいません。
あの田原でさえ「世論は右傾化している」と言ったぐらいですから
今巷では、議論が活性化しているのです。

TVや新聞報道には、巧妙に仕組まれた「世論誘導記事」が
入り込んでいる。 ということを知った上で、視聴しましょう。(笑)


西日本新聞には、

そのとき大事なのは、憲法を変えたら、そのあと「私たちの国がどんな国になるのか」という想像力です。


という記事がありました。

憲法を変えたら、どんな国になるのか?」ではなくて、
私達はどんな国にしたいのか?を考えて憲法を変える」のです。

そこのところを勘違いしてはいけないのです。

新聞はこういう手を使って、あなたを騙そうとします。
こんな手に乗ってはいけません。(苦笑)


今、TVでは「たかじんのそこまで言って委員会」が放送されて
いる。
安倍元総理が出演している。 久しぶりの表舞台である。

録画であるので少し「斜め」に見ているが(笑)、元気な姿を
見るのは嬉しい限りだ。(祝!)

そもそも自民党とは「改憲の為に作った政党」であり、そもそも
それをしないのであれば、存在意義はないのだ。
安倍さんが「無効論」に触れている。
ハーグ条約違反である現行憲法は最初から無効である。という。

結果として現行憲法と同じ物になったのなら、それはそれでいい、
「自分たちで作る」と言う事が大切なのだ。という論理である。
そもそも憲法を変えてはいけないなどと言うのは、世界の常識に
反しており、何処の国でも、時代に合わせて憲法改正を何回も
しているのである。


憲法を変えないほうが、「怠慢」として軽蔑されるのが
世界の考え方である。

安倍さんの反論対応を見ていると、実に堂々とした態度で
さすがである。
頼もしい限りであり、「再登板」の機会が必ずあるので
準備万端整えて於いていただきたいと、切に願います。

安倍さんを見て、何故か、安心感が広がったのは私だけか?!

なんか、元気が出てきたなあ〜〜〜。(笑)

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 17:00 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

日本国憲法:無効論が一番無難のようだ

「日本国憲法」無効論
草思社
発売日:2002-11
発送時期:通常2〜5週間以内に発送
ランキング:58650
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 日本国憲法が成立した背景とその問題点を鋭く指摘

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この本によると、
そもそも憲法議論するまでも無く、日本国憲法そのものが無効
ということである。(驚!)

何故か?

現在では、「GHQの押し付けであっても、議会で話し合って
承認したではないか。」というのが、護憲派、改憲派を問わず
共通の認識であるらしいが、その議会が「GHQの圧力を受けていた」ので「自由意志は無かった」ということである。

従って、「占領中のあしかけ7年間(昭和20年〜27年)の間の
決定事項のすべては、GHQの意向であるので、独立後の日本では
すべて無効となる。」
という論理であった。

また、現在の改憲論者にしても「保守ではない」と言っている。
それは、憲法改正という事は、現在の憲法を認める事になる
だから「保守」にはならない、ということであるようだ。


結論から言うと
改正するなら、大日本帝国憲法(明治憲法)を改正しなければ
ますます、ずれた憲法しか作れないだろう
」ということである。

歪んだ現行憲法を改正したところで、さらに歪んだ物にしかならない。
ここは一旦、元へ戻ってから考えましょう。ということだ。

よく「道に迷ったら、迷った場所まで一旦、戻れ」というが
これのことである。

そう言われればそうだなあ・・・と思う。(苦笑)


議会決定も含めてGHQの圧力に屈していた、ということになれば
日本人の意思は、そこには無いわけであるから、当然、この間に
決定された事は、「すべて無効である。」と言える。


だいたい我々は、学校で「現在の憲法は、平和憲法ですばらしい」と
教えられてきているから、現在の平和は「憲法のおかげ」だと
思っている人が大半ではないだろうか?

しかし・・・である。  どうもそうではないらしい?!

近年、憲法の矛盾やら運用の誤魔化しやらが表面化して
現行憲法では、世界の状況に対応できない。という認識が
広まっては来たが、では、どうするか?と言う段階になると
具体的な行動に出ないのが、日本人のいい所?である。(笑)

石橋を叩いて、大丈夫であっても、渡らない」というほどに
慎重な国民性である。
敗戦と言うのは、ここまで国民を臆病にしてしまうものか?

平和憲法」という「刷り込み」が心の奥底にあり、これを
見直すと言う事を、無意識の内に回避してしまう。

ズルズルと先送りにしているうちに、「黒船」がやって来て
はじめてその時点で大慌てをする。
島国ののんびりした国民性の為せる所であろう。(笑)

それで言えば、先日の「北朝鮮ミサイル発射」は、日本人にとって
第二の黒船」となるのかもしれない。
にわかに「国防論議」が国民の間に広がり、パートのオバサンまでが
TVタックル」を見るようになった。(苦笑)

しかし、「国防に現行憲法が邪魔だ」と言う話になると、思考が
止まってしまう
らしい。(笑)
これほど「刷り込み(洗脳)」の威力は強力なものである。

加えて、日本人は安定が好きであり(笑)、変化が嫌いだ
農耕民族の特徴かも知れないが、「いつもと同じ」「普通」が
一番いいと考えている。

が、憲法は、もうそれではどうしようもなくなっている。
時代の要請と、勢力図の変化で、今までの平和は続かない
日米安保の親玉のアメリカの経済崩壊で、他国を守る余裕が
全く無くなっている。

であるならば、日米同盟は継続するにしても、アメリカの弱点を
補うような役割を、日本がして行かなければいけなくなってくる。

それには、現行憲法がどうしても邪魔になるわけだ。
集団的自衛権の行使が出来なければ、目の前でアメリカが敵に
攻撃されても、日本は、アメリカを助ける事ができない

こんな同盟などあり得ない。  同盟とは言えないのだ。
アメリカだって馬鹿じゃない。
日本なんか守ってやるもんか。となる。

嘗て日本は、欧州で苦戦しているイギリスを助ける事をしなくて
日英同盟を破棄してしまった。
これがのちに敗戦まで繋がった。と言う経験がある。

今又、アメリカに対して同じ行動を取れば、日米同盟破棄という
最悪のシナリオになる可能性が高いのだ。
日米同盟が無くなれば、中国は、大喜びするであろう。

軍事大国中国に、日本は勝てない

アメリカと同盟関係を持つことで、中国を牽制する事が出来る
のである。 米中が接近しても、日米同盟を確保していれば
中国もおおぴらには敵対行動は出来ない。

長々と書いたが、今こそ「憲法論議」を真剣に、国民レベルで
しなければいけない時期なのである。
もう先送りは許されない。

次代の子孫の為にも、「まともな国」にして、後継者に
渡さなければならないのだ。

それには、改正論議ではなく「無効論」の方が早い
と私には思えるのだが、いかがなものか?


日本国憲法無効論

ぜひ、検討したい。




参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:19 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

憲法記念日:憲法審査会〜発進できず

今日は憲法記念日である。
が、祝う気にはなれない。  この日は「売国記念日」と
何ら変わらないからだ。


GHQのお仕着せで当時の日本政府がしぶしぶ設立した
戦後の新しい「日本国憲法」。

象徴天皇
憲法九条
皇室典範規定
など

数々の問題を抱えている「日本国憲法」であるが、戦後60年
以上たった現在、いまだ「自主憲法」を作ることが出来ないでいる。
憲法改正への道のりは遠い。


「憲法審査会規程」憲法記念日前の制定は絶望的 
2009.4.29 16:59 MSN産経ニュースより

 法手続き的には設置されたことになっている衆参両院の憲法審査会が、実際には、「審査会規程」がないために始動できていない問題で、与党が目指した5月3日の憲法記念日前の規程制定が不可能な事態となった。衆院側では議院運営委員会で与党が規程案を提案したが、民主党など野党が反発し協議は暗礁に乗り上げた。野党が多数の参院側では規程案の提案にもいたっていない。


話し合うことすら拒否する姿勢は、政治家としては失格である。
護憲派であっても、時代に合わない部分は認めているはずで
話し合い=改憲」という短絡的な考え方では、進まない。

話し合いの席で「護憲の理由」を説明して、議論に参加するべきであろう。


集団的自衛権の行使については、法制局の解釈のみで今まで
運用されており、「行使できない権利」などあるわけがない。
そんなもの「権利」とは言わないのが常識であろう。

投票の権利はあるが投票は出来ない」と同じで
そんなことが許されるわけが無い。  アホラシ!(嘲笑)

とにかく話し合いをする為の規定くらいは、さっさと作れ!(怒!)


当時GHQが、日本側が作成した憲法素案を無視して、たった
2週間で作ったGHQ原案を日本政府に押し付けてきた。

占領されている側の日本政府は、GHQの意向に逆らえず
それでも何とか日本側の意思を盛り込んで、妥協の産物として
生まれたのが、現在の憲法である。

この中には、日本を衰退させようとする意図がある条文が
数々含まれており、それはそのまま、現在の問題点につながっている。

「平和憲法」などと寝ぼけた事を言う社民党のような勢力が
未だに存在するが、断じてこの憲法が日本の平和を守ったのでは
ないことをはっきりしておきたい。

現在のこの憲法は、GHQ内の旧共産勢力の謀略によって
作られた憲法であり、アメリカ自身、それを否定していない。
それどころか現在のアメリカは、憲法改正を希望しているのである。

別にアメリカが言うから改正しようと言っているわけではないが
作った側のアメリカでさえ改正を希望するような憲法が、日本に
とって役立つとは思えない。

憲法改正は、日本が本当の意味で「独立」することに繋がる
重要な事柄である。



早急に議論を進めるべきであろう。
しかし、慌てて改正するということでもない。

これからの日本にとって、この国をどういう形にするのか?
その形を規定するのが憲法であるのだから、国民的な議論を
尽くして、皆が納得する形の憲法を作らなければならない。

しかし、時代の要請は待ってはくれない。

だからこそ、議論を早急に始めなければならないのだ。
「審査会規定」くらいは、さっさと決めてもらいたい。

これが無ければ議論を始める事も出来ない。
議論さえしようとしない野党は、この国のことを真剣に
考えているとは思えない。

社民党・共産党・民主党内の旧社会党勢力にいる議員は
公明党議員と共に、次の選挙で落選させなければいけない。


この国の再生は、憲法改正から始る!


平和憲法の幻想から目覚めよ、ニッポン!


「日本国憲法」無効論
草思社
発売日:2002-11
発送時期:通常2〜5週間以内に発送
ランキング:58650
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 日本国憲法が成立した背景とその問題点を鋭く指摘

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:18 | 長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | 憲法

2006年10月31日

憲法改正を考える

国民投票法案の作成が山場を迎えている。

憲法改正に向けての、第一歩となる法案だが、
さてどうなることやら・・・。


私の中では、憲法改正というより、憲法の作り直し
と言う感覚が強いのですが・・・。

国民の手で作った憲法が必要だと、いつも思うのです。


アナタは、どう思いますか?
もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 10:49 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

2006年10月27日

憲法を変えないほうがいいと言う人がわからない?

日本ハムファイターズ 優勝オメデトウ!

北海道のチームが日本一なんて、「シンジラレナ〜〜イ」(笑)

駒大苫小牧といい、ここのところ北海道が元気いい。

ウレシ〜〜!!(爆


ところで、突然話が飛びますが・・・(笑)

どうも「憲法を変えてはいけない」という人たちの言い分が
理解できないんだけど・・・。


どうして憲法を変えてはいけないの?

これだけ矛盾をかかえて、時代にも合わない憲法を
後生大事に守る理由を誰かオシエテよ。


もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:17 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。