島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2009年08月14日

新追悼施設:そんなものはいらない〜靖国神社でいいではないか!

何故、靖国神社ではいけないのか?

戦没者達は「靖国で会おう」と言って戦地へ赴いたのである。
生きている者の都合で変えられるようなことではない。

新追悼施設、有識者で議論を=靖国問題と分離−民主・岡田氏
        時事ドットコムより

 民主党の岡田克也幹事長は13日午後の記者会見で、鳩山由紀夫代表が政権を取った場合に検討するとした新たな戦没者追悼施設について「有識者に議論していただき、それを尊重する形にすべきだ。政党が前面に出るのはいかがなものか」と述べ、当面、有識者に論議を委ねるのが望ましいとの考えを示した。

新施設には党内に異論もあることから、このまま議論が先行するのは避けたいとの判断があるとみられる。

これは、民主党では決められないと言う事に他ならない。
国家観がないのである。

こんな政党に政権運営など任せて良いのか?

国立追悼施設に前向き 民主・鳩山氏 陛下の参拝念頭
2009年8月13日 朝刊

 民主党の鳩山由紀夫代表は十二日、戦没者追悼の在り方について「一定の宗教によらない、どなたもわだかまりなく追悼できる国立施設(づくり)に取り組みたい。天皇陛下が心安らかに参拝できる施設が好ましい」と述べ、無宗教の国立追悼施設の建設に前向きな姿勢を示した。

追悼施設に宗教は付き物であろう。
一体何を根拠に祈るのか?  キリスト教か?(嘲笑)

無宗教に「追悼」などできるわけが無いではないか。
何処の国でも、その国の宗教文化に沿って、追悼するのである。
これが「左翼」の矛盾点なのだ。

日本の宗教文化、宗教感覚で言えば、靖国神社で追悼するのが
もっとも自然
なのであり、国民の大多数はそうして参拝している。

これを騒いでいるのは「左翼」である。
それに振り回されているのが、民主党であり、それに気を使って
右往左往しているのが、自民党であろう。(苦笑)

何をうろたえているのやら・・・。


左翼のように、空理空論を振り回したところで、日本の文化は
変わらないのだ。
日本国民の誰もが、神社に行けば手を合わせて祈るのである。
それが自然であり、普通であり、常識であるからだ。

そこには、自ずと宗教観が入り込むのである。
無宗教の追悼施設など、意味が無い。

税金の無駄使いでしかない。

必要ないのである!

人気ブログランキングへ靖国神社で充分! にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:10 | 長野 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 国家観

2009年06月08日

麻生太郎総理:日本のスーパースターは天皇陛下だけ

産経」までが、こんな記事を書くのか?

脱線気味の発言」とは、何事か?!

日本のスーパースターは天皇陛下だけ」麻生首相が「?」発言
2009.6.7 19:31  MSN産経ニュースより

 麻生太郎首相は7日、東京都議選(7月12日投票)のてこ入れのため、八王子市などで候補者事務所を回った。同市内では記者団に「都議会でも第一政党であり続けねばならない。政権を前進させるには、都議選は大きな意味がある」と熱を込めた。都議選敗北は「麻生降ろし」につながりかねないだけに、態勢強化を鮮明にした。

 首相は、各事務所や街頭では握手攻めにあい、日本のサッカーワールドカップ出場決定と関連付けて「日本には(元日本代表の)中田英寿みたいなスーパースターはいない。11人全員でやった。これが日本のサッカーだ」と総力戦で都議選を勝ち抜く決意を強調した。ただ「日本のスーパー(スター)は天皇陛下ぐらい」と脱線気味の発言をする一幕もあった。


ヒデは確かに「スーパースター」であり、リーダーであった。
それは私も認めます。(笑)

麻生総理が言った「日本のスーパー(スター)は天皇陛下ぐらい
というのにも、私は全面的に賛成です。(喜!)

が、「脱線気味の発言」とは一体どういうことか!
何処が脱線していると言うのだろう?

ここがわからない。(苦笑)


これは、麻生総理の国家観が言わせた言葉であろう。
どこも脱線などしてはいない。

産経は、麻生総理の足を引っ張ったつもりかも知れないが、仮にも
保守系新聞を標榜するのであれば、これは間違いである。
むしろ、この表現をした麻生総理を持ち上げなければいけない。

天皇陛下は「スーパースター」である。


脱線したのは、産経新聞である。(苦笑)

他の何処に、世界中で歓迎される方がいるであろう。
あの中国でさえ、北京オリンピックに招待したがったお方である。
ロシアのプーチンでさえ、陛下の前に出た時「脚が震えた」と言う。
エリツインなどは、感激していたぐらいである。

それほどの権威ある「スーパースター」であることを、世界は
認めている。
知らないでいるのは、日本人くらいであろう。(笑)

とんだ茶番である。(嘲笑)


こういう発言をするとよく「国粋主義者だ」などという人がいるが
こういう感情は、世界中のまともな国民がみんな持っているものである。
国によっては、もっと熱狂的に支持をしている。

これが普通なのであって、それを非難する方がおかしいのだ。

知らないのは、日本人だけだ。


世界の常識は、日本の非常識なのかも知れない。(苦笑)

人気ブログランキングへ日本のスーパースターに、クリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 19:58 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2008年10月29日

日本人としての自覚とは?


    ========================

食品偽装が後を絶たない。 今度は、大豆でも偽装が発覚した。

そして、

無差別殺人の頻発
家庭内暴力・殺人の頻発
反日日本人の無責任な行動
モンスターペアレンツなど、自己中の横行
弱腰外交による国益の毀損
政治家・公務員の無責任行動


など、これらに共通する根本的な原因には、
日本人としての誇り」・「人間としての尊厳の喪失」が見える。


かつて世界から一目も二目も置かれていた日本人が、
何故にこのような低俗な民族に、成り下がってしまったのか。
日々、苦悩が消えない。


国民の民度」と言う言葉があるらしいが、今の日本人の民度は
いかほどのものなのか?

身近な所で私の職場の雰囲気をお伝えする。


職場での主な話題は、当然ながら「仕事」についてが多いが、
特筆したいのは、異常なまでに「社会問題」についての話題が
出ない事なのです。

田舎の「零細企業」なので、給料も安い為か「生活」のことで
頭が一杯なのかもしれないが、それにしても・・・である。

税金が上がろうが、所得減税が無くなろうが、
「仕方が無い」という雰囲気しか感じられない。
わかった風な顔をすることを「大人の態度」とでも思っているのか
社会現象に対しての問題意識が希薄なのだ。

これは「仕事」の面にも出ていて、問題意識が殆ど無い。
すべて「仕方が無い」「なるようにしかならない」といったふうだ。

はっきりいって「大人としては無責任」に過ぎるのだ。

仕事にしても、社会問題にしても、もちろん政治についても
議論する事を極端に嫌う傾向が見られるのだ。


何故か???


  ・・・・・ 判らん。(笑)


ましてや「日本人とは・」などという話題は、失笑モノである。


世間一般、こんなものなのだろうか???


   ・・・・・判らん。(笑)


こんなんで「解散総選挙」などをすると、一体どういう行動に
この人たちは出るのだろうか?
それとも「何もしない」のか?

多分・・・・・、何もしない。(汗)

投票にも行かないのかもしれない。(涙)


自分たちの生活が、社会と繋がっている事を考えて欲しい。


このような国民が、政治家を選択できるとは思えない。
せいぜい「地元のしがらみで、頼まれたから投票する」くらいが
関の山ではないかと、心配になる。

公然と「金でもくれたら、入れてやる」と語る輩もいるのだ。


これでいいのか?  日本人!


この本をぜひ読んでみて欲しいものだ。





続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 00:00 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2008年09月26日

中山国交大臣:何故撤回する!

サスガに骨のある中山さん。 よくぞ言ってくれたと、
涙が出る。

奥さんが拉致担当であるだけに、ご夫婦ともよく国内問題を
把握されているようだ。

拉致も教育問題も、実は国内に大きな問題を抱えているのだ。


例によって、朝日新聞の論調は最初から「失言」扱い。

奥様の中山恭子さんが、再び拉致担当の首相補佐官に
任命され、被害家族の方々は、さぞや喜んでおられるだろう。
私も、心から喜びたい。



中山成彬国交大臣の発言が、物議をかもしているが、
この国のメディアの偏向には、ほとほと呆れてしまいます。

奥様の恭子さんも、拉致担当を続けておられるほどの方です。
愛国心からの発言である事に、私は、疑いは持ちません。

成田問題は、住民問題にあらず、大分県教職員汚職も、単なる金の
やり取りの問題ではない。
単一民族においては、アイヌも日本民族であり、分けることが
民族差別である。

中山大臣は、日本という国の国家像をきちんと捕らえており、
批判する方がおかしいのです。

中山大臣も、あまりの反響の大きさに内閣のことを考えて、
びっくりしながら謝ったのでしょうが、もっと強く出て欲しかった。
国民に真実を説明して、理解を求める方がよかったのでは。

日本のメディアは、わかっていながら根本的なことを報道しない。



いずれも社会主義陣営の間違った歴史認識や、偏向したメディアの
報道を鵜呑みにした現状認識の間違いからくる批判です。
さらに言うなら、個人主義の極みによる批判にしか聞こえない。


成田の問題においては、最初の頃こそ住民の問題であったが、
途中からは左翼が主導権を握り、金欲しさを利用して、
ごねていただけではないか。

大分県の問題においては、何故、汚職が発生したのかと言う
根本的な問題がある。
大分県では、日教組の組織率が実質90%を超える異常な
状態にあり、教員採用の合否は「日教組に入るか否か」で
決められていた、という実体が背景にある。

従って、日教組に入らないと発言する受験者は、たとえ成績が
良くても合格にはしないのだ。
だから、成績が悪い者でも日教組に入るならば、嵩上げしてでも
合格させるのである。

その分、合格者を不合格にしないといけなくなる。
人材本位では合否を決めていないのだ。
だから、学力テストの成績も悪い。頭の悪い者でも合格させる
のだから、先生のレベルが上がるわけが無い。

これが汚職の背景である。


民族問題においては、何で民族を分けるのか?ということがある。
DNA?  歴史?  容姿?
何処を取っても「日本人」であろう、アイヌもオキナワも。

日本人よ!  何を怖がっている?  自信を取り戻せ!


中山国交大臣:何故発言を撤回する!
続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 22:24 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2008年08月15日

終戦記念日:GHQの洗脳から目覚めよ

戦争が終わった事を国民が喜ぶのは当然で、その意味では
「終戦記念日」と言えるだろう。

勝ち目の無い戦争を始めた「時の政府」の愚考は、
天皇の終戦の英断によって、幕を引いた。

いつの時代でも戦争の無い時代は無く、今現在も各国の利害による
戦争が世界中で行われている。

愚かな人間が地球上にいる限り、戦争は無くならない。

国が国として存続していく為には、対立する国と
勝負しなければならない時は、必ずある。

それが出来ない国は、滅びるか属国として生きる道しか
無いのが現実だ。


日本は、アメリカの属国として生きる道を選んできたが、
経済的には、それで成功であった。しかしながら、国民の精神は
その間どんどん荒廃し、国家観を見失ってしまった。

親の庇護の下で、小遣いをたんまり溜め込み、好きな趣味や
遊びに興じる我侭な馬鹿息子みたいなものではないか。

都合が悪い事が起こると、親に泣きついて後で舌を出している。
ちょっと強い相手が出てくると、ゴマをすって金を渡す。

この国は、そんな国になってしまった。


しかし、親も生活が苦しくなって、大きくなった子供の面倒を
いつまでも見て入られなくなってきた。
いいかげんに独り立ちせよ。と、言いたい。

がしかし、そう育ててしまった手前、大きな声では言えない。
しかも、この親は子供に借金をしているのだ。

だから、少しずつ、子供が気が付かないように子離れしようと
動き出した。
借金もその内、チャラにしようとしている。

子供は、自分が喧嘩を仕掛けなければ、相手は喧嘩を売ってこない、
と思い込んでおり、喧嘩があっても親が助けてくれると思っている。

だから借金返済の催促もしない。
金を貸しておけば、恩に着るだろうと考えている。


日本人同士ならそれでも通用するだろうが、世界の人々は
そんな甘い世界に住んではいない。
自分は自分で守らなければ、生きていけない世界に
生活しているのが殆どなのだ。

世界が日本のような平和ボケだと思ってはいけない。

幸運はいつまでも続かない。


日本人よ!  目を覚ませ!!!



続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:48 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 国家観

2008年07月23日

腐敗官僚国家日本のゆくえ

明治以来の官僚は、本当の意味でのエリートたちが
日本の舵取りを誇りを持って行っていたように思っている。
が、現在の官僚たちは、ただの公務員意識による自己保身の塊である。

    <国民の為に・・・という意識が全く感じられない。>
(TV朝日:朝まで生TVより)
   =========================

HAT-KZ

これは民主党の長妻議員の用いる業界用語?だが、
官僚の諸悪の根源を端的に読み取れる言葉として、
覚えておきたい。

 H・・・ひも付き補助金
 A・・・天下り
 T・・・特別会計
 K・・・官製談合
 Z・・・随意契約

これらを改革しなければ、官僚の腐敗は無くならない。

ということらしい・・・。


続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:41 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2008年07月17日

日本沈没の危機

「日本沈没」という映画が前に上映されていたが、あれは
「天変地異」による沈没のシナリオであったが、日本は
精神の荒廃による「日本沈没」を経験しつつあるのではないか?

昨年の象徴的文字が「偽」だったことを覚えているだろうか?
今年になっても相変わらずの「偽」騒動が目白押しである。


かつて日本には

「騙すより騙されろ」という格言が常識としてあった。

しかし今は・・・。


「騙されるぐらいなら、騙したほうが利口だ」
というのが常識化しているように思える。

「騙される方が悪い」ということらしい。


これは中国を代表とする国際的な常識でもある。


が・・・。


わが国は伝統的にこういうことが出来ない。
続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 20:51 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2008年05月05日

こどもの日:大人は子供を守れ!

かつての日本では、「子供は国の宝」と誰もが判っていた。
隣近所の他人の子供でも、自分の子供のように扱っていた。

地域が子育てを共有していたのだ。

私自身も他人の家で、よくご飯を食べていたし、自分の家でも
友達といっしょにご飯を食べていた。
その事を特段に特別とも思って居なかった。

ごく普通の風景だったからだ。

悪さをしていれば、他所の子供でも遠慮なく叱った。
又、親は叱ってくれた事に感謝した物だ。


そうやって、子供たちはすくすくと育っていた。
それが日本の繁栄につながっていたのだ。



続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 20:10 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2008年04月12日

ペマ・ギャルポ氏が語るチベット族の哀しみ

ペマ・ギャルポ氏が語るチベット族の哀しみ 挑発に怨念噴出
03/21 22:38更新

記事本文 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国のチベット族居住地域で騒乱が続発している。
チベット自治区の区都ラサだけでなく、四川省など近隣の各省に
住むチベット族も中国当局とぶつかっている。

チベット族は今、なぜ、このような行動に出ているのか。
チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世の
アジア・太平洋地区担当初代代表を務めたペマ・ギャルポ
桐蔭横浜大学法学部教授は21日、産経新聞に対し、
中国共産党の支配下に入ったあとのチベット族の悲惨な境遇を
振り返りながら、今回の騒乱に至る経緯などを、説明した。
   =======================

実際に弾圧を体験しているペマギャルポ氏の言葉は重い。

ダライラマとの直接対話を中国には切に希望する。

このままでは、本当にオリンピックが危ない!

選手達が可哀想ではないか。

選手が人間なら、チベット人も人間です。
虐殺なんて人間のすることではありません。

ナチスのホロコーストを再現するつもりだろうか?

中国政府には、考え直して欲しい。

続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:36 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2007年08月15日

何故、日本には「独立記念日」が無いのか?

今日は、いわゆる「終戦記念日」ですが、敗戦が
天皇によって知らされた日でもあります。

寄って「敗戦記念日」と言ってもいいが、何も
戦争に負けた日を「記念」しなくてもいいと
思うのだが・・・。


戦後にGHQによって、「占領統治」され、1952年に
講和条約が締結されて、ここで初めて、自国での統治が
復活した。

いわば、「独立」を復活させたのだ。

サンフランシスコ講和条約は、
1951年(昭和26年)9月8日に全権委員によって署名され、
翌年の1952年(昭和27年)4月28日に発効した。

従って、日本が主権を取り戻した日「4月28日」が
独立記念日」として、記憶されるべきが本当だろう。

何ゆえに、敗戦が決まった日を「記念」しなくてはならないのか?


たぶんに意図的なプロパガンダを感じてならない。

続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 00:00 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2007年08月04日

石屋製菓は、衣食足りて礼節を知るべし。

戦後60年を経て、経済的に安定し、当面の安全も
確保された現在、この国の行方は?

衣食足りて礼節を知る」という言葉があります。


日本は今、かつての「礼節」を取り戻す時期に
来ていると感じております。


なりふり構わずお金を求めてきた時期は
もう終わったのです。

限がありませんから・・・。(笑)


世界を見渡せば、毎日数万人が餓死しています。

一方、国内を見るとホームレスでも餓死することが
ありません。

人間としてのプライドを捨てれば、生きられるという
いい例です。


が、それが出来ずに孤独に「餓死」する日本人が
いることも忘れてはいけません。

この人たちは、施しを受ける事をよしとしない
人たちです。

気高い人たちなのです。



損得勘定でこれを見れば、「ばか」ということ
になるのでしょうが、私は、逆に尊敬すらします。

戦後の物資不足の中、「ヤミ市場」で飢えをしのいできた
大半の日本人の他にも、それをよしとしないで、餓死した
学校の先生や、政治家達がいます。

この人たちを「ばか」と言えるでしょうか?


と言っても、生き抜いた人を「愚か者」と言う事も
酷ですね。


しかし、経済大国になった今は、「礼節」を
身につけなければならない時期なのです。

国際国家として、品格を身につけなければ、
世界で生きていくことは出来ません。


この国には、世界のリーダーになる使命があるからです。


石屋製菓は、これを忘れているのです。
かの「雪印」もそうでした。

一流の企業とは、そういうものでなければいけません。


多いに反省していただきたい。

続きを読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 15:02 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2007年01月06日

日本のあるべき姿

あなたは「イラク人質事件」を覚えていますか?

無事に開放されたあの三人。

日本に帰ってきてから、いろいろ大変だったでしょうが、
今は何をしているのでしょうか?


あの時、日本中に「自己責任」と言う言葉が
氾濫しましたが、最後までその本当の意味を
理解できた人は、一体どれくらいいたのでしょう。

私は、あの時の自己責任論争には、違和感をずっと
持っていた一人でした。


あの三人は、果たして責められるべき人たち
だったのでしょうか?

家族の発言は、問題がありましたが本人達は・・・


個人の責任と国家の責任の範囲を規定するのが憲法である。

もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 02:28 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2006年10月29日

美しい国とは何かを考える

安部総理が「美しい国」を作ると言った。


美しい国」とは、どんな国のあり方を言うのか、
皆で考えてみませんか?


阿部さんの本「美しい国へ」を読んで見た。

美しい国へ
文藝春秋
安倍 晋三(著)
発売日:2006-07
おすすめ度:3.5


もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:45 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2006年09月05日

良き日本人 悪しき日本人 エセ日本人  その二

日本人としての、「心」を覚えていますか?

昨日、私は下記のような言葉を使いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦前の  良き日本人


戦中の  悪しき日本人 


戦後の  エセ日本人

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これを検証するには、本当の歴史がどんなものだったのかを、
知らなくてはなりません。


あなたは、歴史の事実を知っていますか?

もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:02 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2006年09月02日

良き日本人 悪しき日本人 エセ日本人

またまた、わけのわからん言葉を並べてみました。(笑)


批判を覚悟で、こんな言葉にしてみました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦前の 良き日本人


戦中の 悪しき日本人


戦後の エセ日本人

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、「右」でも「左」でもありません。


でも、こう考えてしまいます。



何故でしょう?



もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:58 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2006年08月30日

国家観の喪失がすべての元凶ではないか?

国家観の喪失がすべての元凶ではないか?


あなたは「あなたは日本人ですか?」と聞かれた時、
なんと答えますか?


「日本人です。」と答える方、


何を基準にして、日本人と思うのですか?


バカな質問だと思われているかもしれませんね。


でもこれ、大切な事だと、私には思えるのです。

もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:46 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2006年06月10日

NHK 日本のこれから

ここのところ、寝不足だったので、今日は、早く寝ようと
一旦切っていたパソコンの電源を、又入れてしまった。

NHK様のせいである。



「日本のこれから」という番組を見ていて、どうしてもガマンが
出来なかったのだ。(困ったもんだ、笑)


沖縄の米軍基地問題から、日本の在り方、日米同盟のあり方を
浮き彫りにしようと言う、主旨の番組だったのだろう。

こういう番組の、いつものパターンで、消化不良だったが、
ハッキリと、国民の間の意見が二通りあることは、わかった。

もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 23:34 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2006年04月27日

この国のかたちとは・・・

ハッキリ言うが、この国は、
「平和憲法」とかいうもので、平和が守られているのではない!

「日米安保」のバックがあって、初めて「平和」でいられるのだ。

私は、これを「信じて疑わない」。


今、米軍の移転費用で、金額でゴチャゴチャ揉めているが、
日米関係が、悪くなる事はあっても、良くなる話ではない。

アメリカという国は、そういう国なのだ。

もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:34 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家観

2006年04月17日

尊敬される国民、品格ある国家?

昨日のテレビ番組「サンデー・プロジェクト」で、

韓国のハンナラ党の国会議員「リ・セイケン」が、

「国際法は別にして、竹島は韓国の領土です。」と、
臆面も無く言い放った。


「国際法を別にして・・」とは、一体どういう意味か?

韓国は、国際法を守る気が無いと言う事か?

だったら、日本は戦争責任は、守らなくていいわけだ!
違うかな?

韓国に、戦争時代をツベコベ言われる理由は無くなる。

違うかね?
もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:31 | 長野 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国家観

2006年04月16日

国を愛する心とは・・・

一体、「愛国心」のどこに、戦争という意味があるというのか?

すなわち「わが国と郷土を愛する心」などと、ゴマカシタような表現を
使おうとしているが、そのことを、日本語では、「愛国心」と
言うのであって、

「愛国心」を辞書で引いてみても、「戦争」などという意味は、
どこにも無い!

言葉の問題ではなく、心の問題だと言うことを、
知るべきではないか?



もっと聞きたい>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 08:29 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 国家観
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。