島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2010年05月22日

朝鮮有事:北朝鮮包囲網に実効性はあるのか?

相変わらず強気一点張りの北朝鮮だが、内情がひどい分、
暴発が懸念される。

北朝鮮が不可侵合意破棄を警告、韓国は「軍事的挑発」と非難

(CNN) 韓国が哨戒艦沈没の原因を北朝鮮の魚雷攻撃と断定したことを受け、北朝鮮は21日、韓国が制裁の動きに出れば、韓国との不可侵合意を破棄すると警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。


北朝鮮は、戦争が「今にも勃発しそうな」雰囲気を韓国が作り出していると非難し、「容赦ない懲罰措置」で南からの措置に応えると表明した。


攻撃しておいてよく言うもんだが、間違っても「悪うござんした」とは
言えない国情ではある。(苦笑)

F22 また嘉手納に

来週から12機 4カ月配備

沖縄タイムス 2010年5月22日 09時53分

 【嘉手納】米空軍嘉手納基地報道部は21日、米空軍最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプター12機が、来週後半から約4カ月間、同基地に一時配備されると発表した。

米ニューメキシコ州ホロマン空軍基地所属で、嘉手納基地への展開は初めてという。F22が数カ月にわたって一時配備されるのは、約8カ月ぶり4回目。


朝鮮半島有事に備えた行動であることは明白。
今後の偵察活動が活発になり、離発着が頻繁になる分、沖縄の苦悩も
深まると言うもんだ。

こういう情勢になれば、普天間問題など吹っ飛ぶ可能性も出てくる。


【主張】米国務長官来日 抑止力強化は待ったなし
2010.5.22 02:45  産経ニュースより

 韓国哨戒艦の沈没原因が北朝鮮による魚雷攻撃と断定されたことを受けてクリントン米国務長官が来日し、鳩山由紀夫首相、岡田克也外相と今後の対応を協議した。


北朝鮮は「生物・化学兵器」を持っている可能性が高く、迂闊には
手を出せないのが現実だろう。
イラクより始末に悪い「狂犬」だ。

韓国軍艦沈没:今後の対応方針「韓国主導で」 米国防長官

毎日新聞 2010年5月21日 10時38分(最終更新 5月21日 12時02分)
 【ワシントン古本陽荘】ゲーツ米国防長官は20日、国防総省で記者会見し、韓国軍哨戒艦の沈没について、「攻撃されたのは韓国艦船であり、これからどう進むかについては、韓国が主導する必要がある」と述べ、米国は、韓国政府の対処方針決定を待ったうえで、慎重に対応すべきだとの姿勢を強調した。


現在のアメリカの事情を考えれば、こう言うしか他に無い。(苦笑)


韓国が戦争費用をどこまで負担できるかに掛かっている。
アメリカは金が無い。
結局、有事になれば、日本が費用を肩代わりすることになるのではないか?

国が守れるなら、負担もやむを得ない。


後は、中国が国連安保理でロシアとどういう協力体制で拒否権を
発動するか?

北朝鮮を見す見すアメリカに渡すようなことはしないだろうから、
米中の力関係次第か・・・。

いずれにしても日本は、今までのように「平和ボケ」ではいられなくなる。

自国防衛のために、民主党に何が出来るのか?

期待するだけムダというものか・・・。(苦笑)


あぁ、保守政党のテイタラクが、うらめしい。(笑)


緑の保守派に、何が出来るか・・・
真剣に考えよう。

地政学の観点から、自然なあるべき国の姿を考えることが、必要かもしれない。


     ====================

北朝鮮が不可侵合意破棄を警告、韓国は「軍事的挑発」と非難

(CNN) 韓国が哨戒艦沈没の原因を北朝鮮の魚雷攻撃と断定したことを受け、北朝鮮は21日、韓国が制裁の動きに出れば、韓国との不可侵合意を破棄すると警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。


北朝鮮は、戦争が「今にも勃発しそうな」雰囲気を韓国が作り出していると非難し、「容赦ない懲罰措置」で南からの措置に応えると表明した。


一方、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は同日、韓国の哨戒艦に対する北朝鮮の魚雷攻撃は軍事的挑発に等しいと発言。両国間の休戦協定違反に当たると述べた。


韓国軍は20日、3月に起きた海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」の沈没事故に関する公式調査結果を発表し、北朝鮮の潜水艦が発射した魚雷で哨戒艦が2つに折れたと結論付けた。この事故で乗組員46人が死亡したとされる。


北朝鮮は同日、沈没への関与を全面否定している。
     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

F22 また嘉手納に

来週から12機 4カ月配備

沖縄タイムス 2010年5月22日 09時53分

 【嘉手納】米空軍嘉手納基地報道部は21日、米空軍最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプター12機が、来週後半から約4カ月間、同基地に一時配備されると発表した。

米ニューメキシコ州ホロマン空軍基地所属で、嘉手納基地への展開は初めてという。F22が数カ月にわたって一時配備されるのは、約8カ月ぶり4回目。

同基地では現在、岩国基地(山口県)に一時配備されている米海軍のFA18ホーネット戦闘攻撃機や、AV8Bハリアー垂直離着陸攻撃機も駐留しており、さらなる訓練拡大に地元からは反発の声が上がっている。

 一時配備について同報道部は「重要なパートナーである日本に対する米国の関与を強調し、太平洋全域の安定と安全を確保する決意を示すもの」とコメント。「騒音軽減手順にのっとり運用する」としている。

 嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協、会長・野国昌春北谷町長)は同日、「基地負担の増加と一方的な基地機能強化であり、断じて容認できるものではない」として、同基地第18航空団司令官あてに抗議文を送付。
沖縄防衛局と外務省沖縄事務所にも要請文を送付した。
     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【主張】米国務長官来日 抑止力強化は待ったなし
2010.5.22 02:45  産経ニュースより

 韓国哨戒艦の沈没原因が北朝鮮による魚雷攻撃と断定されたことを受けてクリントン米国務長官が来日し、鳩山由紀夫首相、岡田克也外相と今後の対応を協議した。

 この問題で北朝鮮は対決姿勢を強め、さらなる挑発や攻撃に出る恐れがある。日本にとって一にも二にも大切なことは日米同盟の抑止態勢を強化し、防衛の備えを固めて警戒・監視を怠らないことだ。鳩山首相には在日米軍を含む抑止力の意義について改めて認識を深めてもらいたい。

 韓国政府は来週、国連安保理への提起を含む対応を公表する見通しだ。岡田外相とクリントン長官は韓国の立場を強く支持し、安保理などで日米韓が連携して対応することで一致した。長官は普天間移設問題の「5月末決着」にも念を押した。

 一方、米韓は北が新たな挑発を重ねる事態を警戒し、朝鮮戦争勃発(ぼっぱつ)60年にあたる来月、半島有事を想定した合同軍事演習を検討中という。その場合、沖縄の海兵隊や嘉手納基地の空軍などの在日米軍も参加する可能性が高い。

 沖縄だけではない。日本国内ではキャンプ座間、横須賀、佐世保などの米軍施設7カ所が国連軍施設に指定され、朝鮮戦争後も北の侵略を阻止する重要な国際的役割を担っている。沖縄の米軍普天間飛行場もその一つだ。

 今回の事件で米韓が「朝鮮戦争の休戦協定違反」と非難したように、朝鮮半島の緊張は決して過去の話ではない。長官も「通常の対応では済まない」と警告した。日米同盟を通じた抑止力の存在が日本の安全や北東アジアの平和と不可分の関係にあることを国民一人ひとりが理解する必要がある。

 とりわけ今回の事件で、「何をするかわからない」という金正日体制の危険な本質が改めて示されたといってよい。

 これを受けて前原誠司国土交通相が「日本は海に囲まれ、不測の事態が起こらないように万全を期す」と、海上保安庁に原発など重要施設を含めて警戒監視態勢の強化を指示した。原口一博総務相も消防庁などに危機管理に万全を尽くすよう命じた。いずれも当然の対応として評価したい。

 北の暴発に備えつつ、国家の安全や同盟を通じた抑止の意味を考えるとともに、その実効力を高めねばならない。普天間移設問題もその中で早急に解決すべきことはいうまでもない。
     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合同調査団が明らかにした北朝鮮の関与「決定的証拠」
2010.05.21 08:43:29
ⓒ 中央日報/Joins.com より

天安艦沈没事件を調査中の民・軍合同調査団は20日「天安艦が北朝鮮製の魚雷による外部水中爆発で沈没したという結論に達した」と公式発表した。

ユン・ドギョン共同団長は「天安艦爆発地域隣近から網打ち漁船で魚雷のプロペラ、推進モーターと操縦装置など部品を収拾した」とし「これは北朝鮮が海外で武器を輸出するために作った北朝鮮製武器紹介パンフレットに提示されているCHT−02D魚雷の設計図面と正確に一致する」と明らかにした。合同調査団は「推進部後方内側にある“1番”というハングル表記は我々が確保している北朝鮮の魚雷表記方法とも一致する」とし「北朝鮮で製造されたということを立証する」と説明した。7年前、韓国軍が南海(ナムヘ、東シナ海のうち、朝鮮半島および済州島の南方の海域)から収拾した北朝鮮軍の訓練用軽魚雷にも“4号”という字が書かれている。北朝鮮製CHT−02D魚雷は直径21インチで爆発装薬が250キロに達する重魚雷と調査団は説明した。

合同調査団ファン・ウォンドン(空軍中将)情報分析チーム長は天安艦を攻撃した北朝鮮潜水艦(艇)に対し「天安艦を攻撃する2〜3日前、西海(ソヘ、黄海)の北朝鮮海軍基地を離脱して郊外から迂回してきたものと推定される」とし「夜間、目標を識別して近接し、攻撃したものとみられる」と説明した。ファン中将は「この潜水艦(艇)は挑発後、迅速に現場を離脱し、潜入した経路で基地に復帰したものと確認された」とし「母船とサメ級(300トン級)潜水艦1隻およびサケ級(130トン級)潜水艇1隻など計3隻が活動した」と述べた。
     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

韓国軍艦沈没:今後の対応方針「韓国主導で」 米国防長官

毎日新聞 2010年5月21日 10時38分(最終更新 5月21日 12時02分)
 【ワシントン古本陽荘】ゲーツ米国防長官は20日、国防総省で記者会見し、韓国軍哨戒艦の沈没について、「攻撃されたのは韓国艦船であり、これからどう進むかについては、韓国が主導する必要がある」と述べ、米国は、韓国政府の対処方針決定を待ったうえで、慎重に対応すべきだとの姿勢を強調した。

 また、記者団から軍艦に対する魚雷発射を「戦争行為」と認定しているかと繰り返し問われたが、即答せずに「調査結果を支持している」と語るにとどめた。

 一方、今回の調査結果を受け、在韓米軍などの米軍の警戒レベルを引き上げたかについて、同席したマレン統合参謀本部議長は「通常レベルの即応態勢のまま」と明らかにした。
      −−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:28 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。