島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2009年09月27日

日本は、イランを敵視してはいけない

イランは、欧米の敵視政策をかわそうと必死に外交を展開している。
日本のロビーストまで動員して、外交を展開している。

イラン、新ウラン濃縮施設への査察受け入れを表明 米国は歓迎
2009年09月27日 08:57 発信地:テヘラン/イラン

【9月27日 AFP】イランは26日、このほど存在が明らかになった新しいウラン濃縮施設に対する国際原子力機関(International Atomic Energy Agency、IAEA)の査察を受け入れる意向を表明した。


この査察受け入れも、その外交の一環であり、言いがかりとも
受け取れる欧米の「核疑惑」を、晴らすことに必死なのである。

特にアメリカは、イランの台頭で中東のバランスが変わるのが
怖いために、何としてもイランを叩きたい。

イランは、そのことを知っているために、必死で敵視政策を
変えようとしているのである。


日本は、アメリカとは同盟関係であり、一方、イランとも
経済の繋がりが強く、人脈も強力なものがあり、関係は良好である。
この立場を利用しない手はないのである。

平和を守る事ができるのは、日本の仕事だ。

アフガンでも、日本のやれることがある。インド洋の給油が
どうしても嫌なら、航空自衛隊の空輸で貢献する事ができる。
イラクで実証済みだ。

民主党は「民政支援」と言うが、それは、今のアフガンの状況を
見れば、不可能であろう。
岡田外務大臣は「無条件の延長はしない」と、含みを持たせた
発言を繰り返している。

裏を返せば「条件が整えば、延長する」ということでもある。


欧米の見方に日本は、引っ張られてはいけないのだ。

日本は日本の考えを持って、外交をするべき時に来ている。
せっかく政権交代をしたのだから、今までとは一味も二味も違う
外交を展開して欲しいものである。


日本は、イランを敵視するのではなく、アメリカとイランの
和解に向けて行動をするべきではないだろうか?
日本には、それが出来る人材がいるのだから・・・。


人気ブログランキングへ積極外交の日本! にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:31 | 長野 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際関係

2009年09月02日

参院の常任委員長、内閣・文科も要求 民主党:はやくも日教組の要求が始った

国家基本政策よりも教育分野の「文教科学」のポストを
要求してきた民主党。

はやくも「裏の顔」が動き出したようである。

参院の常任委員長、内閣・文科も要求 民主党

 民主党の簗瀬進参院国会対策委員長は2日、国会内で自民党の鈴木政二参院国対委員長と会談した。参院の常任委員長ポストのうち、予算に加え、内閣、文教科学の各委員長ポストも民主党に渡すよう要請。代わりに決算、国家基本政策、経済産業の3委員長を自民党に譲る案を提示した。鈴木氏は「持ち帰って検討する」とした。簗瀬氏は自民党が使っている国会正面側控室の民主党への明け渡しも求めた。(20:01)


参院には輿石(おきいし)参議院議員会長がいる。
この男は、再三お知らせしているが、「日教組の親分」である。
日本の教育分野を独占して「国旗・国歌」を廃止するのではないか。

その恐れが充分に心配される事態が、早い段階で来そうである。

国民の選択が早くも問われる事になりそうだ。

人気ブログランキングへたそがれる日本は、大丈夫か? にクリックを!

posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 20:34 | 長野 ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | 政治

2009年09月01日

第45回衆議院選挙結果:政権交代が実現した〜さて、で、どうなる?

実にビミョウな数字が出てきた。
非常に興味深い結果であり、この勢力図はこの先の日本を
暗示しているかのようだ。

衆院選の投票率、過去最高に〜総務省
< 2009年8月31日 14:48 >
 総務省は31日、今回の衆議院議員選挙の投票率の最終結果をまとめた。

 小選挙区は前回を1.77ポイント上回る69.28%比例代表も前回を1.81ポイント上回る69.27となり、いずれも96年に小選挙区比例代表並立制が導入された現在の制度で、過去最高の投票率となったことが確定した。


さすがに今回の投票率は高かった。
「政権交代」というキーワードは、無関心層にもアピールした
ようだ。

国政選挙なのであるから、これくらいは常に欲しいものである。(苦笑)

で、結果だが・・・

自民   119
公明    21

民主   308
社民     7
国民     3
みんな    5
日本     1
共産     9
他      7


一時、単独で三分の二(320)を獲得するかという勢いであったが
さすがにそれは国民は許さなかった。
ということは、やはり、社民などと連立を組まざるを得ない。

さて・・・、これが、ビミョウな政権運営になりそうな気が
しているのだが・・・。

民主党が単独で320を取れば、連立する必要はなくなる。
参議院で否決されても、衆議院で再可決できる。
という可能性があったのだが、そうはならなかった。

ということは、どうしても参議院での連立が必要になり
それに伴って、衆議院でも連立しなければならない。

それとも、自民党から「引き抜く」か?(苦笑)


社民のたった7議席、新党日本のたった1議席が、非常に
重要な要素となってくるのではないか?
これでも316議席である。
これに国民新党の3議席で、319議席だ。

ビミョウ・・・。(笑)

民主の過半数議席で衆議院を通過しても、参議院で否決されれば
どうにもならない。

たとえば、インド洋の給油支援問題は、民主党は来年一月の
期限を持って撤退としているが、社民党は「即時撤退」である。

ソマリア沖海賊対策は、社民党は「海上保安庁派遣」である。

これらの外交関連で、社民党が折れるのかどうか?

ここらがまず、試金石となるのではないだろうか?


何にしても、政権は交代する。
首班指名から総理大臣が選出されるが、どういう政策を優先実行
してくるのか?
注意してチェックしていかなければならない。


そして、自民党はどう動くのか?
今後の一年が、見ものである。
自民党は、この結果を真摯に受け止め、保守政党として
覚悟を決めて出直してもらいたい。

本来の自民党のあり方を再構築する、いい機会とするべきであろう。

人気ブログランキングへ保守再生へGO! にクリックを!
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:07 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 政治
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。