島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2009年07月30日

アメリカとオバマの正体がいよいよ怪しい

いよいよ米中の蜜月時代が始った。
米中経済戦略対話での親密振りが際立って来たではないか。

日本との関係は、ますます軽視されるようである。

さらに、オバマにもスキャンダルが出始めた。
大統領の資格が剥奪されるかも知れない、重要な問題が
水面下で動き出しているようだ。

彼は本当に「ハワイ生まれ」か?

米中戦略・経済対話、世界経済回復に向けた連携で合意
2009年 07月 29日 12:09 JST

 [ワシントン 28日 ロイター] 27日から当地で開かれていた初の米中戦略・経済対話は28日、世界経済の回復に向けた連携強化などで合意し、2日間の日程を終えたが、気候変動や北朝鮮問題で具体的な成果は得られなかった。

 両国は、世界経済のバランスを取り戻すことを目的とした措置を講じ、景気回復が本格化するまで刺激策を維持することで合意した。

とにかく経済問題の解決が最優先であった経済対話。
文字通りの対話と言えるのだろうが、アメリカは、ウイグルの
人権問題には全く触れなかったようだ。

これがアメリカの正体である。

ウルムチの騒動で1万人近いウイグル族が行方不明=亡命活動家

2009年 07月 29日 21:31 JST

 [東京 29日 ロイター] 亡命ウイグル人の活動家、ラビヤ・カーディル氏は29日、今月初めに中国新疆ウイグル自治区で起きた騒動に関わった1万人近いウイグル族が行方不明になっているとし、この暴動の真相について国際社会による調査が必要だと訴えた。


結局、人権など他人事なのであって、自分のところの懐具合が
一番の関心事である。
身勝手な国なのである。

とはいえ、日米同盟は日本にとって重要な安全保障上の要件
あることに変わりは無い。

これを日本として、どう利用していくかが問われる。
民主党のように「青臭い」ことを言っていては、日本の安全は
守れない。

外交とは、駆け引きであり、汚い世界なのである。
そのことを日本人は、認識するべきで、きれいごとを言っていては
世界中の笑いものになる


民主党も、経験を積めばこの辺の事が理解できるようになるであろうが、
その時にはもう遅い、とういうことになりはしないかと、心配している。



ところで、評論家の間で「オバマは、アメリカ生まれか?」
問題になっているようだ。
その理由が、
出生届が確認できない  とか、
大学関係の資料が見つからない
  とか、
オバマの弁護士団が、調査妨害を執拗に行なっている。 とか。

色々な疑惑が湧き上がっている様なのだ。


出生に問題が無ければ、こんなにまで妨害行為をする必要も
ないわけで、ここまで調査妨害をするとなると、余計に疑惑が
濃くなるのが、人の世である。

彼の正式名称は、

バラク・フセイン・オバマ

紛れも無いイスラムの名前である。

一番目の父親は、ケニアのイスラム。
二番目は、インドネシア人のイスラム信者だ。

これで、イスラム教ではないと言えるか?

母親がキリスト教であるのが、唯一の、理由となる。
ハワイ生まれと一応はなっているのだが、病院も出生届も
確認されていないらしい。

これは一体、どういうことであろうか?

こんな事は、アメリカ人には普通、考えられないことらしい。
マイノリティならイザ知らず。そうではないのだ。

これはちょっと、注目していきたいと思っている。

アメリカ生まれが証明されないと、大統領の資格は無い。
共和党は、必死になってこれを暴こうとしているだろう。
軍産複合体も然りである。

さて、どうなりますか・・・。(苦笑)

人気ブログランキングへアメリカは、自己中だ!にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 20:06 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係

太郎君頑張れ!:官僚が政治空白のこの隙を付いて、動き出しているらしい

国中が総選挙で浮き足立っている現在、官僚達がこの隙を付いて
いいように既得権益を行使し始めた
ようだ。

河野太郎氏が、自分のメルマガで告知しているので紹介します。

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
============================

国交省から品川駅前付近の空洞見逃しの調査が八月四日夜になり
そうだとの連絡。
これから警察と打ち合わせだというが、これまで何をしていたの
か。解散を待って、この四十日間にどかちゃがしてしまおうとの
魂胆が丸見えだ。
国交省の大臣、副大臣は何党だ?

外務省も、このすきにODAでむちゃくちゃをやり始めた。カン
ボジアの国道の無償協力を進めようとの魂胆だ。
立ち退かされた住民の補償に関する情報公開もせず、JICAも
外務省も何をしているのか。

石にかじりついてでも国会に戻って追求してやる。


知名度があるから、落選する事はないだろうが、国会に戻って
追求する立場になれるか怪しいが、党派を超えてこれは
追及して欲しい問題
である。(苦笑)

民主党では、いいようにあしらわれる可能性が高いので、
頼りにしてますよ、太郎君!(笑)

それにしても、金子両大臣・副大臣は、一体何をやっているのか?
こういう議員は、落選させるべきであろう。

おい、金子!  もう、国会に戻ってくるな!(怒)


ついでに、

おい、山崎拓!  おまえも国会に戻ってくるな!
加藤紘一も、一緒に落選しろ!!!(苦笑)

YKKは全員、引退せよ!


ぁ、一人は、もう引退したっけ?! 息子を立てて・・・。(苦笑)

青森の方でも、似たような話が出ているようで、有権者の質が問われ
そうである。

人気ブログランキングへ河野太郎、戻って来い!、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:46 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年07月29日

日教組使用拒否問題:プリンスホテル、3億円賠償命令〜そんな馬鹿な

気に入らんなあ・・・。(苦笑)

これ、仮予約の時は、日教組の名前ではなかったらしい。
それでも、契約破棄が出来ないのだろうか?

法的には、裁判所の仮処分命令を無視したのだから、敗訴は
仕方が無いのだろうが・・・、なんかしっくりこない。(苦笑)
3億円全額を認めるというのは、裁判所の意趣返しか?

プリンスホテル:3億円賠償命令 日教組使用拒否問題
         毎日.JPより

 日本教職員組合(日教組)が、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)に全国集会の会場使用を拒否された問題を巡り、日教組がホテルを経営する「プリンスホテル」と同社の渡辺幸弘社長ら役員12人に計約3億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、ホテル側に全額の支払いを命じた

大体、なんで受験シ−ズンにこんな所で集会をするのか?
何考えてるんだ?!(苛!)

2chでもスレが立っているが、賛否両論。
法律的には妥当な判決らしいが、それは、仮処分決定に
従わなかったことが、主な理由であるようだ。

プリンス側は、恐らく、法的には勝てないことは理解していたのだろう。
ダカラ、黙って無視した。

確信犯であるようだ。  
が、それでも私は、ホテルの態度を支持したい。

大会を中止に追い込んだ凛とした姿勢には、共感できるのだ。
日教組そのものを批判する事はしないが、一部に過激な分子が
蔓延っている事は間違いない。

それらを自浄できない組織に問題があるのである。

民主党の参議院議員輿石は、この日教組の親分である。
山梨県教組から出てきたこの男は、組織を自分の選挙対策に
使用人のごとく使っているのだ。

当然、政治資金もこの組織を使って集めている。

日教組とは、そんな組織なのである。
脱退したくても「仕返し」「苛め」が怖くて脱退できず
ただただ「忍」の一字で我慢している、普通の先生が
かわいそうである。

全国大会が中止になって、正直、ホッとしている先生方も
多いのではないだろうか?

受験時期にこんな大会に出ているような先生では、生徒の
信頼は得られまい。
生徒は、生徒と一緒になって悩んでくれる先生を求めている。

こんな大会に出ている先生を求めているのではない!

人気ブログランキングへプリンスホテルに応援クリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 19:15 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

政権公約:各党言いたい放題のバーゲンセール〜言うだけなら何でも言える

しかしまあ、・・・呆れて言葉が出てこない。(嘲笑)

   。。。。。。。。。。。。。?(笑)


どうしてこうも無責任な言葉が、次から次とでてくるのか?

「公約なんて、大した事無い」と言った総理大臣がいたっけ。(笑)

本当に、大した事ないわ。(爆)

各党とも節操が無いというか、ナリフリ構わずと言おうか。
何でも言えばいいというものではないだろうに、あまりにも
大人気ない対応にしか見えないのは、私だけか?!(苦笑)

民主マニフェスト「実現不可能」経済閣僚が批判

 民主党の衆院選の政権公約(マニフェスト)の公表を受けて、経済閣僚からは28日、公約の実現性などを巡って批判が相次いだ。

 二階経済産業相は、温室効果ガスの排出量を2020年までに25%(1990年比)減らすとした目標に対し、「家庭の負担、産業活動への影響は計り知れず、実現不可能な希望に過ぎない」と切り捨てた。


確かに、相当厳しい数字ではあるが、
こういう民主党批判をしたかと思えば、自民党からもこんな
無責任公約が飛び出す始末。

自民、可処分所得「100万円増」目標を公約に

 自民党の細田幹事長は27日、党本部で記者団に、党の衆院選の政権公約(マニフェスト)について、家計から消費に回せる「可処分所得」を2020年までに1世帯当たりの平均で年間100万円以上増やすことを目標に掲げ、具体的な政策を盛り込む方針を表明した。


こんな事ができるなら、何で今までやらなかったのか?(苛!)
具体的な方針」ではなく、「具体的な方策」を示して欲しい
ものだ。
この期に及んで、見苦しいにもほどがある!

そうかと思えば、言った事をすぐに撤回する民主党代表。

消費税率引き上げ議論否定、鳩山代表が撤回

 民主党の鳩山代表は27日の記者会見で、消費税について、「(民主党が主張する)最低保障年金は消費税でまかなうが、当面は現在の税率5%でまかなえるという試算が出ており、4年間増税する必要はない」と述べた。


本人は、「4年間は議論の必要はない」とはっきり言ったではないか!
何が「曲解された・・・」なんだ?(嘲笑)

これでは、民主党のマニフェストも、後になってから「曲解された」
と言い訳
されそうである。(苦笑)

共産党は、相変わらず無責任な「理想論」を振り回すし
「建設野党」の立場堅持=高齢者の医療費免除−共産公約

 共産党の志位和夫委員長は28日、党本部で記者会見し、衆院選マニフェスト(政権公約)に当たる「総選挙政策」を発表した。衆院選を「自公政権を終わらせる審判を下す歴史的な選挙」と位置付けた上で、民主党政権の誕生を想定。建設的野党の立場を堅持して、是々非々で臨む方針を明記した。個別課題では、後期高齢者医療制度の廃止や、就学前の子どもと75歳以上の高齢者の医療費全額免除などを打ち出した。


な〜〜にが「建設野党」だ!

どうせ実現できない事だからって、カッコいい事を言っちゃあ
いけないでしょう。
実権も握れないくせに、どうやって実現するのか?


自民党も「民主党政策反論チーム」なんて、せこい事をやってないで
自分たちの政策を、堂々と主張すればいいではないか。
批判合戦では、何の役にも立たない。

国民は、政党が何をやってくれるのかに関心があるのであって
批判合戦を見物しているわけではない。
各政党とも、国民無視もはなはだしい。

あまりにも国民を馬鹿にしてはいないか?


我々国民は、こういう甘事に惑わされてはいけない。
「マスコミの世論誘導」にも、騙されてはいけない。

各政党の政策を吟味して、候補者に質問を投げかけよう。
選挙事務所に連絡して、政策を問いただすのである。
その質問への対応の仕方を見れば、その候補者が
信頼できる候補者であるかどうか、判断の材料になるだろう。

日本のこれからの行方を、今、国民が考えるときである。
政治家任せにするのではなく、自分たちで選択する時期に
あるのだ。

それほど危機的な状況にあることを認識しなければならない。

日本は、危ないのである!

周辺には、日本の政治的混乱を喜んでいる国がたくさんある。
その国から、沢山日本へ入り込んでいるであろう。
その現実に目を向けて、自分たちの周辺の社会を見てみよう。

おかしい? と思うことがありませんか?

その「おかしい?」を、候補者にぶつけるのです。

それが日本を救う道となると、私は思います。

日本には、「緑の保守」という、古来からの価値観があります。
自然を大切にし、隣人と仲良くし、祖先を敬い、共同して
難関に立ち向かう。

それが「緑の保守」です。

その価値観を持って、判断すれば、日本の行方を誤ることは
無いと信じています。
それほど日本民族は、賢い民族なのです。

世界の何処にも無い「日本人独特の価値観」が、これからの世界を
リードして行かなければなりません。
それ以外に、混沌としだした世界の状況を変える事は出来ません。

欧米流の今までの価値観では、世界は混乱するだけです。
多様な価値観を受け入れることが出来る、日本人的価値観
どんな変化にも対応できます。

日本は、今までそうやって生き残ってきたのです。

今、世界は、日本の動き方に注目しています。
何度もの国難に打ち勝ち、世界に誇れる国力を身につけてきた
この日本に、注目しているのです。

刺身を食べ、寿司ブームが起こり、アニメに注目し、経済力を
充てにしている。
かわいい」が世界中で共通語になり、「もったいない」を
見習う国があり、「やさしい」を自国の言葉で表現しようと
研究している国がある。

この「やさしい」は、中国語にはありません。
英語にもありません。

それほど表現が難しい感覚らしいのです。(苦笑)
日本人にとっては、当たり前の感情表現ですが、世界には
これほど難しい感情表現が出来る国は、ないのです。

これが「緑の保守」というものです。

神社に行けば、日本人なら「自然と頭を下げて拝む」でしょう。
親の仕草を見て、覚えてきた習慣です。
これが「伝統』なのです。これが「緑の保守」なのです。

この価値観で、選挙を判断すれば、必ずや、日本は立ち直ると
信じましょう。

安っぽい政権公約に惑わされずに、偏向したマスコミ報道に
騙される事なく、「緑の保守」で、判断しましょう!


人気ブログランキングへ緑の保守で、判断を!、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:59 | 長野 ☁ | Comment(1) | TrackBack(4) | 政治

2009年07月28日

北海道・夕張市:冬ボーナス、1カ月分増額

何とも気の毒ではあるが、致し方が無い。

財政破綻した自治体でもボーナスが出るだけましであろう。
民間サラリーマンは、この不景気でボーナスどころか給料も
遅配
になっている企業が出て来ている。

ただ、現在残っている職員達は、逃げ出しもせずに頑張っている
職員達であるので、同情はする。

破綻と同時に、さっさと辞めて行った職員に比べれば、
責任は果たしているのかもしれない。

北海道・夕張市:冬ボーナス、1カ月分増額 職員の退職抑止へ 
         毎日.JP北海道版より

収入減で退職者が相次いでいた夕張市は24日、職員のこの冬のボーナス(期末勤勉手当)を1カ月分増額することを決めた。行政サービスの維持が限界に達しており、これ以上の退職を食い止めることを目指している。ただ、給与削減などの影響から実質的には0・5カ月分程度の増額にとどまり、平均支給額は約25万円(43・5歳)の見込み。

 職員の給与は、07年度から始まった財政再建計画で平均30%カット、ボーナスは11年度までの5年間、支給額が4・5カ月分から2カ月分削減されている。冬は1・35カ月分で平均支給額は約22万円。年収は破綻(はたん)前は平均640万円だったが、現在は389万円まで落ち込んでいる。

 一方、職員数(普通会計分)は269人(06年3月末)から128人(09年度当初)まで減少。さらに今年9月末で建設関係の技師1人の退職が決まっているほか、数人が今年度中に退職する可能性がある。これ以上、退職者が増えると行政サービスに大きな影響が出かねないため、給与の見直しを検討。ボーナスの増額なら財源を捻出(ねんしゅつ)できると判断した。

 必要な予算は3600万円余り。9月の定例市議会で議決、国に計画変更を申請する。藤倉肇市長は「職員が頑張るために必要な措置」と理解を求めている。【吉田競】

毎日新聞 2009年7月25日 北海道朝刊


破たん前は、640万円も貰っていたそうだ。
そんなことだから、破綻したとも言えるのだが、高額な給料を
貰い逃げした連中は、今頃何をしているだろうか?(嘲笑)

いつの世も、要領のいい連中はいるもので、甘い汁を吸い続けて
いる者もきっといるのであろう。

何とも腹立たしい限りである。

夕張市の観光会社「夕張リゾート」のキャラクター「夕張夫妻」が、カンヌ国際広告祭のプロモーション部門でグランプリを獲得した。
「夕張負債(夫妻)キャラ」.jpg 
夕張夫妻のキャラクターデザイン=夕張リゾート提供


そんな中でも、頑張っている所は頑張っている。
このキャラクターが、グランプリ。(笑)

世の中、何が幸いするかわからない。
名前が「夕張負債(夫妻)」、笑っていいものかどうか・・・。(苦笑)

まあ、グランプリなんだし、ここは笑っておこう。
よかった、よかった。(笑)

夕張市には、花畑牧場の田中よしたけさんが、生産工場を作ってくれて
生キャラメル」の生産を始めたようで、雇用創出に一役買っている。

開始までに色々あったようではあるが、彼の心意気には感謝したい。
いきさつなど、大したことではない。
これで活力が生まれれば、夕張市民も喜ぶであろう。

ありがとう!  よしたけさん。(喜!)


私のふるさとである。(笑)


人気ブログランキングへ頑張れ、夕張市民!、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:20 | 長野 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 行政関係

民主党政策検討:これで日本が救われるのか?

大盤振る舞いで、夢と希望が沢山の政策だが、実行できなければ
何の意味も無い。(苦笑)

これだけの財政政策を実行するだけの財源が果たして捻出できる
のかどうか、はなはだ怪しい。

選挙前なので、「何でもアリ」なのだろうが・・・。

民主マニフェストの要旨

 民主党が27日発表したマニフェスト(政権公約)の要旨は次の通り。

 【鳩山政権の政権構想

 〈5原則〉
原則1 官僚丸投げの政治から政治家主導の政治へ
▽原則2 政府と与党を使い分ける二元体制から、内閣の下の政策決定に一元化へ
▽原則3 各省の縦割りの省益から官邸主導の国益へ
▽原則4 タテ型の利権社会からヨコ型のきずなの社会へ
▽原則5 中央集権から地域主権へ。

 〈5策〉
第1策 政府に大臣、副大臣、政務官(政務三役)、大臣補佐官などの国会議員約100人を配置し、政務三役を中心に政治主導で政策を立案、調整、決定
▽第2策 各大臣は内閣の一員としての役割を重視。「閣僚委員会」の活用により、閣僚を先頭に政治家自ら困難な課題を調整。事務次官会議は廃止
▽第3策 官邸機能を強化し、首相直属の「国家戦略局」を設置し、官民の優秀な人材を結集して、新時代の国家ビジョンを作り、政治主導で予算の骨格を策定
▽第4策 事務次官・局長などの幹部人事は、政治主導の下で業績の評価に基づく新たな幹部人事制度を確立。政府の幹部職員の行動規範を定める
▽第5策 天下り、渡りのあっせんを全面的に禁止。国民的な観点から行政全般を見直す「行政刷新会議」を設置し、すべての予算や制度の精査を行い、無駄や不正を排除。官・民、中央・地方の役割分担の見直し、整理を行う。国家行政組織法を改正し、省庁編成を機動的に行える体制を構築。


 【五つの約束

 〈1〉無駄遣い 国の総予算207兆円を全面組み替え。税金の無駄遣いと天下りを根絶。議員の世襲と企業・団体献金は禁止し、衆院定数を80削減。
 〈2〉子育て・教育 中学卒業まで1人当たり年31万2000円の「子ども手当」を支給。高校は実質無償化し、大学は奨学金を大幅に拡充。
 〈3〉年金・医療 「年金通帳」で消えない年金。年金制度を一元化し、月額7万円の最低保障年金を実現後期高齢者医療制度は廃止し、医師の数を1.5倍にする。
 〈4〉地域主権 「地域主権」を確立し、第一歩として、地方の自主財源を大幅に増やす。農業の戸別所得補償制度を創設。高速道路の無料化郵政事業の抜本見直しで地域を元気にする。
 〈5〉雇用・経済 中小企業の法人税率を11%に引き下げ。月額10万円の手当付き職業訓練制度により、求職者を支援。地球温暖化対策を強力に推進し、新産業を育てる


 【政策各論

 〈1〉無駄遣い 
特別会計は必要不可欠なもの以外廃止
▽独立行政法人は全廃も含めて抜本的見直し
▽霞が関の天下り団体となっている公益法人は原則廃止
▽随意契約、指名競争入札を実施する場合は徹底的な情報公開を義務付け
▽国家公務員の総人件費を2割削減
▽参院定数は衆院に準じて削減
▽役割を終えた租税特別措置は廃止し、必要なものは恒久措置に切り替え。

 〈2〉子育て・教育 出産時に55万円まで助成
▽公立高校生のいる世帯に授業料相当額を助成
▽私立高校生のいる世帯に年額12万円(低所得世帯は24万円)を助成
▽大学生などに希望者全員が受けられる奨学金制度を創設
▽生活保護の母子加算を復活
▽教員養成課程を6年制とする。

 〈3〉年金・医療 「消えた年金」問題への対応を国家プロジェクトと位置付け、2年間集中的に取り組む
▽年金制度を一元化し、所得比例年金と最低保障年金を創設する法律を2013年までに成立
▽社会保険庁は国税庁と統合して「歳入庁」とする
▽社会保障費2200億円の削減方針は撤回
▽医療従事者の増員に努める医療機関の診療報酬を増額
介護労働者の賃金を月額4万円引き上げ

 〈4〉地域主権 国から地方への「ひもつき補助金」廃止。地方が自由に使える一括交付金化
▽国の出先機関を原則廃止
▽国直轄事業の負担金制度廃止
▽自動車関連諸税の暫定税率廃止
▽将来的にガソリン税、軽油引取税は「地球温暖化対策税(仮称)」として一本化、自動車重量税は自動車税と一本化、自動車取得税は廃止
畜産・酪農業、漁業にも所得補償制度導入
▽森林管理・環境保全直接支払制度導入
▽郵政株式売却凍結法を成立させ、郵政事業の4分社化を見直す

 〈5〉雇用・経済 
中小企業いじめ防止法」を制定
▽原則、製造現場への派遣を禁止
▽最低賃金の全国平均1000円を目指す
▽温室効果ガス排出量は2020年までに1990年比25%減、2050年までに60%超減を目標とする。

 〈6〉消費者・人権 
ビデオ録画などにより取り調べ過程を可視化する。

 〈7〉外交 緊密で対等な日米関係を築く
▽日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む
東アジア共同体の構築を目指す
▽北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため、貨物検査の実施を含め断固とした措置を取る
▽北東アジア地域の非核化を目指す。

 〈8〉憲法 
憲法に足らざる点があれば補い、改めるべき点があれば改めることを国民に提案。国民の多くが改正を求め、かつ国会内の広範かつ円満な合意形成ができる事項があるかどうか、慎重かつ積極的に検討していく。(2009/07/27-17:40)


何と、大盤振る舞いのいい事だらけの政策ではないか。(苦笑)
これが出来るくらいなら、自民党も苦労はしなかった。
霞ヶ関を甘く見てはいまいか?

財政赤字が巨額になっている現在、無駄の削減だけでこれだけの
大盤振る舞いが出来るはずも無い。

うまい話には気をつけろ! である。(笑)


民主党の最低時給1000円構想、企業のコスト配分に変動も

2009年 07月 23日 16:24 JST

 [東京 23日 ロイター] 株式市場では総選挙後の民主党政権誕生を織り込む形で、想定される政策を先取り買いする動きが目立つ。ただ、産業界すべてが政権交代でバラ色になるわけではなく、ネガティブな要因も指摘されており、とりわけ最低賃金法について全国平均で最低時給を1000円にするとの点が企業関係者の間に波紋を広げている


そりゃあ、これだけの負担をするとなれば、企業は警戒する。
潰れては元も子も無いのだから・・・。(苦笑)

製品に価格転嫁できないデフレの状態で、賃金コストを上げれば
どうなるか?
子供でもわかる話であろう。

こんなことより、内需拡大政策を推進して、とにかく景気を
良くする事が先決だ。
個人へのばら撒きだけでは、景気などよくはならない。

企業の業績を上げて、給与所得を引き上げる方が、確実である。
分母を広げよ!

民主党の政策は、この点には全く触れていないのである。
一体どうやって、景気をよくするのであろうか?

政治主導の予算編成でムダ削減=民主党政策集

2009年 07月 23日 15:24 JST

 [東京 23日 ロイター] 民主党はこのほど、現在策定中の総選挙に向けたマニフェスト(政権公約)の土台となる「民主党政策集」をまとめた。予算決定について「政治家が自ら編成する」とし、政治主導の予算編成によって「ムダな公共事業の削減や縦割り行政の弊害をなくす」ことを実現する。


専門知識も無い政治家に、予算編成が出来るのか?
結局は、官僚に頼ることになるのではないのか?

あまりにも「理想論」に偏っており、あとで「言い訳」に終始する
事になりそうである。
甘い話ばかりで、返って信用できない。

民主、青木愛氏を東京12区に擁立 小沢氏「国替え」せず
           NIKKEI NETより
 民主党の小沢一郎代表代行(選挙担当)は24日、都内で記者会見し、東京12区の衆院選候補に参院議員の青木愛氏を擁立すると発表した。

 東京12区は公明党の太田昭宏代表の選挙区で、一時小沢氏の国替え出馬も取りざたされていた。小沢氏は従来通り、岩手4区から出馬する見通し。〔NQN〕(24日 15:19)


結局、こうして逃げることになる。

民主党が政権を取っても、政権運営がうまく行かなかった時は
どこかへ逃げるのであろうか?(苦笑)

もともと自分の秘書であった女を候補に立てるなど、やることが
薄汚いのだ。
小沢チルドレンの「刺客」である。

公明党とガチンコ勝負で、両方、潰れてくれるとありがたい。(笑)


人気ブログランキングへ民主党は、ジキルとハイド、にクリックを!



参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:09 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 政治

2009年07月27日

民主党政策集「INDEX2009」:やっと見つけた正体

これを待っていた。
産経新聞が、早速記事としてアップしてくれた。

【政論】隠れた衆院選の争点 社民、共産との共通点浮き彫り
2009.7.24 10:37  MSN産経ニュースより


 左派・リベラル色が濃厚な民主党政策集「INDEX2009」は、外交・安全保障などの政策面で現実路線をとりつつあるとされる民主党が、実はまだ旧社会党的発想の影響下にあることを浮き彫りにしている

本質的な違いの見えにくい自民、民主両党だが、こうした点にも衆院選の隠れた争点がありそうだ。


そうなのだ。 前から指摘してきたが、民主党には旧社会党の
影響下にある議員がたくさんいるのである。

内容をざっと見てみよう。

民主党政策集「INDEX2009」

【政論】隠れた衆院選の争点 社民、共産との共通点浮き彫り
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090724/stt0907241038001-n1.htm

(1)永住外国人への地方参政権付与について、結党時の「基本政策」だとして「早期実現の方針を引き続き維持する」とある。

(2)「国籍選択制度の見直し」の項目をみると「重国籍を容認してほしいとの要望を踏まえ見直す」と記している。

(3)人権侵害救済機関の創設も盛り込まれている(法務省の人権擁護法案を「さらに過激にした」(百地章日大教授)ものだ。)

(4)靖国神社に代わる「国立追悼施設の建立」も主張する。

(5)択的夫婦別姓の「早期実現」もうたっている。

(6)教科書採択では「保護者や教員の意見が確実に反映されるよう、学校単位へと採択の範囲を段階的に移行する」としている。

これは、傘下教員の意向で教科書を選定させるため、学校単位での採択制度を目指す日教組の方針とぴたりと重なる


代表的な売国法案をちょっと見ただけでも、これだけの項目が
出て来る。

マニフェストなんて、子供騙しでしかない事がわかるだろう。

民主党は、「ジキルとハイド」、多重人格政党なのである!


全国のマスコミ迎合国民の皆様、頭を冷やして考え直しましょう!

「ちょっとやらせてみよう」が、死を招く。

ハトポッポ兄は「母が韓流ファン」である事を白状した。
しかも、恥ずかしげも無く街頭演説で、である。
何でも「韓国語(ハングル)を勉強している」そうである。

仲良くする為には、言葉を覚えることは必要であろう。(苦笑)

馬鹿馬鹿しい!

麻生氏の発言の揚げ足取りで、このことを言ったらしいが、
語るに落ちた」ということである。

言葉の持つ意味(真意)を汲み取れずに、表面的な言葉狩りしか
出来ない男に、総理など任せるわけには行かないだろう。
増してや、韓国大好き、にどっぷり浸かっている様な男である。

上記の各種法案が通れば、確実に中国と韓国に主導権を
握られる。
日本人は、奴隷になるのである。

おお、寒気がしてきた。(苦笑)

民主党のマニフェストに騙されてはいけない。
マスコミの言葉狩りに乗せられてはいけない。
社民党のピンクに、目が眩んではいけない。
共産党の赤に、興奮してはいけない。
自民党のハトポッポの「正義」に騙されてもいけない。


ああ、なんと、疲れることか・・・。(苦笑)

あ、YKKも賞味期限切れだから、食べると食中毒になります。
お気をつけください!(笑)


これらの法案は、すべてが中国・韓国に有利になるような
法案ばかりである。

地方参政権も地方とはいえ、地方自治に日本国籍も持たない
連中が口を挟んでくるのである。
そんなこと許せますか?

日本の政治に口を出すなら、日本国籍を取ってからにしてもらいたい。
又。二重国籍者が国内で大きな顔をすることも許せない。

人権法案は、一体、誰の人権を保護したいのか?
日本人の人権は、何の問題も無いのであるから、当然、それ以外の
日本在住者と言う事になるであろう。

教科書の採択を学校単位に任せれば、偏った教育が横行する。
私立ならイザ知らず、公立学校にそんなことは許されまい。
これを推進する連中は、偏向歴史教育をしたいのである。

日本の伝統文化をぶち壊すようなこれらの法案を、民主党は
実行しようとしているのだ。
そんな政党でもいいのですか?

マスコミに踊らされて、雰囲気で投票するような愚劣な行為は
日本国民として「恥」です。
投票に行かないのは、もっと「恥」ですが・・・。(苦笑)

各政党の真の政策を良く見極めて、投票しましょうよ。


人気ブログランキングへ民主党は、ジキルとハイド、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:02 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月26日

小泉進次郎:こんな男を当選させてはならない

この男、何か勘違いしてないか?
一体何様のつもりか?  実績も無いくせに・・・。(苛!)

やはり、こういう世襲はやってはならない。
横須賀の皆さん、ミーハーで投票してはいけません。

小泉進次郎VSよこくめ勝仁 対面でも完全無視 in 横須賀
2009年05月24日

小泉純一郎ジュニア小泉進次郎。横須賀のお祭りで対抗馬のよこく め勝仁とご対面。一度は挨拶をしたもののその後は完全無視。小泉 進次郎は、なぜか握手すら逃げる冷たい対応。有権者はどう判断す るか?



オヤジは、総理大臣までやった立派な政治家である。
が、こいつには何の実績も無い。
にも拘らず、この態度は何だ!  思い上がりにも程がある!

礼儀を知らない人間が、政治家になって、何をする?
利権争いか?(苦笑)

謙虚さと言うものが全く見られない。  有権者は、肌で感じる
であろう。  この男の冷徹さを・・・。
こういう高慢ちきな若造は、立候補には百年早い!(嘲笑)

こういう人物を当選させれば、笑われるのは有権者である。


小泉進次郎 in 横須賀2【メディア無視編】
器が小さいということだろう。
選挙では対立候補にも寛容さを見せなければ勝てない。
特に横須賀のようなところは選挙民はこういうことに敏感でよく見 ている。
それにしても笑顔の中に冷酷さが見え隠れしていてあまり印象の良 い人物ではない。


地元の名士の息子」ということで、表面上は市民も笑顔だが
腹の中はわからない。
一応、愛想良くして置こう、と言う程度であろう。

態度を見るに、典型的な「名士の悪がき」の高慢な態度である。
こういう二面性を表情に出すようでは、大した器ではない。
所詮、親父以上にはなれない、ということだ。

くれぐれも、こんな男を政界に出さないようにお願いしたい。

横須賀のみなさん、日本の将来を選ぶのは、あなたですよ!

自民党公式プロフィール
こいずみ しんじろう
小泉 進次郎

● 選 挙 区: 神奈川県第11区
● 当選回数: 新
● 生年月日: 昭和56年4月14日
● 主な経歴:
衆議院議員小泉純一郎秘書
米国戦略国際問題研究所 非常勤研究員
米国戦略国際問題研究所 研究員
(完全にコネ就職。筆者)
米国コロンビア大学芸術科学大学院政治学科修了
関東学院大学経済学部経営学科卒業
(これがちょっと怪しい。筆者)



人気ブログランキングへ落選、小泉進次郎、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 17:56 | 長野 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 政治

解散総選挙:無所属が政界再編へ動き出した

国会議員として相応しい人物が、次々と政党を離れだした。
現在の既存政党のあり方に満足できないのである。

離党2人、渡辺新党参加か

 県内で政党を離れた衆院選の立候補予定者に対し、自民党を離党した渡辺喜美・元行政改革相が新党への参加を呼びかけている。渡辺氏は25日、民主党から除名された浅尾慶一郎・参院議員と会談し、自民党に離党届を出した山内康一・前衆院議員とも調整を進めている。ただ、8月初旬結成とされる新党に、2人が合流するかどうかは流動的だ。


公務員制度改革で辣腕を振るった渡辺氏が、その受け皿に
なろうとして、奮闘している。
又、政界の重鎮、平沼氏も受け皿を用意した。

平沼グループ、支援候補15人を発表=衆院選

 平沼赳夫元経済産業相は22日、都内で記者会見し、保守系無所属の「平沼グループ」として衆院選で支援する候補15人を発表した。平沼氏自身のほか、前回衆院選で落選した郵政造反組の元議員や、地方議員らが名を連ねている。

 平沼氏は「一人でも多く当選させ、(選挙後に)自民党あるいは民主党の同じ考えの人たちを糾合し、新しい第三極をつくっていきたい」と政界再編への意欲を強調。候補者数については「さらに新人を迎え入れる余地がある。(公示までに)20人を超えて30人に近づけばいい」と述べた。


 同グループの支援候補は次の通り。(敬称略。前は前職、新は新人、元は元職)

 【青森1区】升田世喜男=新【秋田1区】藤井陽光=新【秋田3区】村岡敏英=新【山形1区】伊藤香織=新【栃木4区】植竹哲也=新【埼玉11区】小泉龍司=元【東京4区】宇佐見登=元【静岡7区】城内実=元【大阪1区】堺井裕貴=新【大阪14区】三宅博=新【兵庫4区】石原修三=新【岡山3区】平沼赳夫=前【徳島1区】岡佑樹=新【香川3区】真鍋健=新【熊本3区】三浦一水=新(2009/07/22-19:08)

このメンバーは、強力である。

伊藤市議も参加
 平沼赳夫・元経済産業相を中心とする保守系無所属の衆院選立候補予定者らが22日、「平沼グループ」を結成し、山形1区から立候補する伊藤香織山形市議も加わった。

 平沼氏は、都内のホテルで開いた記者会見で「国民は健全な第3極を望んでいる。政界再編を視野に入れて努力し、新しい流れを築きたい。選挙後に、新しい政党をしっかり考える」と説明。

伊藤氏は、取材に対し「今の選挙は政党が有利だが、無所属で、より支援を集める方法もある。街頭演説などで多くの人に会いたい」と述べた。
(2009年7月23日 読売新聞)


これに呼応するかのように、政党の県連、支部、医師会などが
既存政党支持から離れだした。

’09衆院選:自民党由利支部連合会、村岡氏支援を確認 /秋田

 ◇党本部は御法川氏公認
 自民党由利地域支部連合会は23日、衆院選秋田3区の選挙対策会議を由利本荘市で開催。無所属で立候補予定の村岡敏英氏(48)が22日に平沼赳夫元経済産業相を中心とした「平沼グループ」入りを表明し離党も検討しているが、従来通り支援する方針を確認した。同党は前職の御法川信英氏(45)を公認候補としている。

 会議には由利本荘・にかほ地区の支部に所属する県議や市議ら約25人が出席。村岡氏も参加した。

 小田美恵子・支部連合会会長によると村岡氏は平沼グループ入りや離党に言及せず、無所属で出馬する意思を表明。各支部は「形が変わっても地元候補として村岡氏を支援する」ことを確認したという。比例代表では自民党への支持を訴える。

 小田会長は「仮に離党しても、前回(05年の衆院選)同様に支援することになるだろう」と話した。【百武信幸】


この鳩山邦夫は、ちょっと信用できない。
自民党を離れる事もせず、かといって、自民党の政策に賛成する
わけでもなく、中途半端な姿勢が気に入らない。

鳩山前総務相、平沼、渡辺喜3氏が会談 「連携深める」一致

 自民党の鳩山邦夫前総務相は16日、無所属の平沼赳夫、渡辺喜美両氏と都内で会談し、次期衆院選に向け3氏が率いるグループ間で連携を深めることで一致した。出席者の1人は「立場は違うが、現在の自民党政治、民主党への政権交代に対抗する点は共通している」としている。鳩山氏は自民党離党について、直接は言及しなかったという。

 衆院選を見据え鳩山氏はすでに、自民党内で政策グループを結成したい意向を示している。平沼氏は保守系無所属の元職・新人20人弱でつくる「平沼グループ」で選挙戦に臨むほか、渡辺氏は衆院解散前後の新党結成を表明している。(16日 20:17)


鳩山氏は、単に、時局を睨んで有利な所に付こうとしているだけ
であり、そこに、思想信条などが見られない。
「正義」は、ひとつではないのである。

まあ、目つきも気に入らないのだが・・・。(苦笑)

民主・浅尾氏が離党、くら替え出馬を正式表明
nikkei netより
 民主党の浅尾慶一郎参院議員は24日、記者会見し、同党を離党して衆院選神奈川4区にくら替え出馬すると正式に表明した。新党結成に含みを持たせる一方、当選すれば首相指名選挙で鳩山由紀夫代表に投票するとも明言した。民主党は同選挙区に前逗子市長の長島一由氏を公認しており、浅尾氏の離党届を受理せず、除籍処分にした。

 自民党を離党し新党結成をめざす渡辺喜美元行政改革担当相は25日に浅尾氏と会談し、連携を呼び掛ける。(24日 21:10)


現在の安泰な参議院議員の職を投げ打ってまで、民主党を離党し
衆議院選に出馬を決めた。
民主党に対する忸怩たる物があったのだろう。

もともと、発言などを聞いていると「隠れ自民党」だと私は
思っていたので、大いに喜んでいる。(笑)

かれのHPを見ると、実に整理された政策提言を掲載している。
さすがに元銀行マンであり、MBA取得者である。

国際感覚があり、経済感覚ももちろん持っている。
日本に何が必要なのか?
それをわかっている人間の提言が、ここにはあった。

期待する人物の一人であろう。


第三極となるかどうかは、まだまだわからないが、政界再編に
向って、徐々に下地が出来つつある事は、喜ばしい。

仮に民主党が政権を取っても、すぐに混乱状態になる。
その時の政界再編に期待したい。

又、現在の自民党が政権を守っても、過半数確保は難しく
いずれ、破綻する。
民主党も政権を取れなければ、分裂するのは見えている。

政界再編は、起きるのである。

そのプロセスに不安はあるが、日本の底力を信じて待ちたい。


我々国民は、単純に政党支持ではなく、選挙区の候補者
一人ひとりの人物像を見極めて、投票に行きたい。
在野にヒーローあり、である。


人気ブログランキングへ政界再編に期待、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 06:55 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年07月25日

朝日新聞:それが国の程度・・・〜らしい記事だ

不景気で、仕事が減るはずだが、逆に増えてきた。(苦笑)
更新が少々、間が空いてきたが、お許しいただきたい。
その間に、変な記事が目に付いた。

発言に批判が集中しているようだが、
そう間違った分析とは思えないが・・・。(苦笑)

細田氏「字読めぬ首相、と楽しんでる…それが国の程度」
2009年7月24日22時13分 asahi.comより

 自民党の細田博之幹事長は24日、党本部で朝日新聞などのインタビューに応じ、党役員人事をめぐる麻生首相の姿勢を問題視したマスコミの報道について、「大したことない。役員人事だろうが閣僚人事だろうが、そんなことどうでもよい」と批判した。そのうえで「それが国民の程度かもしれない」と矛先を国民にも向けた。その後、細田氏は「誤解を招く表現だった」と記者団に発言を撤回した。

 細田氏はインタビューで、麻生政権に関する報道について、「何が正しくて、どういう方向に行くべきかの座標を失ってウロウロ、(マスコミの)皆さんが磁石を失ってウロウロしているというのが私の分析だ」といらだちをあらわにし、「(首相が)字が読めないらしい、ブレたらしいと言って楽しんでいる。それは日本国の程度を表している」とも語った。


朝日は、意図的に「〜〜〜それが国の程度」とタイトルを撃っている
が、細田氏は「それが国民の程度かも・・・」と言っている。
それを「国民」を「国」に変えてしまっている

最初読んだ時「書き間違えか?・・・」と思ったが、後段の
「〜〜〜それが国の程度」と言ったのを摩り替えてしまった

これは、「朝日流の意図的な書き換え」である。

まづそれを指摘しておきたい。  その上で、論評すると
国民の多くが、それを楽しんでいる」のもまた、間違いは無い
マスコミが面白おかしく取り上げるこの手の話題で、国民が
これを「酒の肴」にしているのである。

それをいいことにマスコミは、その国民の楽しみに迎合しているのだ。
これをポピュリズムという。
そこにはジャーナリズムは無い


そのジャーナリズムの欠落を、国民の多くが知らない
マスコミが流すニュースが、「正しい報道」だと思っているのも
又事実ではないのか?

その上で「それが国民の程度」と言われれば、「そうかも知れない」
と、私などには思えるのだが、「そうではない国民」がいるのも
ここではっきりと言っておきたい。(苦笑)

多くの一般国民にとって、TVと新聞が情報のすべてであろう。
特に女性主婦層は、圧倒的にこの種の国民が多いのではないか?

であれば「それが国民の程度・・・」と言う発言は、あながち
外れてはいないことになる。(笑)


日本人と言うのは、あまり自分の「主義・主張」というものを
意識していない民族
である。
それは「みんなと同じ」が「一番」と思っているからである。
それが「普通」であり「安心」につながっている。

自分が「普通であると思っていたい民族」であるので、みんなが
「民主党がいい」と言えば「民主党がいい」と思うのである。
それが「普通」だからだ。(苦笑)

その「みんな」とは、マスコミを通じて知る事になっている。
だから「マスコミ」が言う事は「みんなの意見」だと思うのであろう。

しかし実態はそうではない。
マスコミは、意図的に「偏った意見」を主体的に流す事が多い。
そのことを国民の多くは、知らないのである。

知っているのは、積極的に情報を収集することができる
ネットユーザーだけである。
一般の人たちは、そのこともまた知らないのである。(苦笑)

私の周りには、ネットをやっている人は「特別な人」だと思っている
人たちが沢山居る。(苦笑)
パソコンに触った事がない人が、たくさんいる。
その上、パソコンを持ってはいるが、HPを見て歩くだけで
自分で検索などやったことが無い人まで居る。

グーグルのニュースの存在も知らないパソコンユーザーがいる。
この人たちは「ネットユーザー」とは言えないであろう。
ネットを利用してはいても、ネットの使い方は知らないのだ。(苦笑)

ましてや政治情報など、自分から収集する人など、皆無である。

それが国民の程度・・・である。(笑)


マスコミが流すインタビューは、ほとんどが都会の人たちである。
都会の人たちで、インタビューに応じる人たちは、それなりに
意識の高い人たちである。
一般の人たちは、インタビューなど受けないで逃げる。
田舎なら、尚の事インタビューになど応じない。

恥ずかしい・・・。(苦笑)


「それが国民の程度・・・」である。(笑)


そうしてしまったのは「朝日新聞」である。
・・・とまでは言わないが、当たらずとも遠からず。(苦笑)

この「普通」と言う感覚は、日本人の美徳でもあり、欠点でもある。
日本人はもともと「天皇を中心として、国民は皆同じ」と思う民族である。
それで国を作ってきた。

だから「階級闘争」をする「共産主義」は普及しなかった。
「階級など無い」と思っているからであろう。
「階級は無い」のだから「階級闘争」などする必要も無い。

格差はある、がそれは「階級」ではない。


だから・・・「国民の程度」を上げなければいけない。

そのためにはどうするか?


教育するしかないであろう。


昔は、「寺子屋」という「無料の学習塾」があって、武士の子も
百姓の子も、同じく机を並べて勉強が出来た。
今のように、「試験に受からなければダメ」とか「金が無いとダメ」
なんていう条件は無かった。

誰でも「勉強したい子」は、勉強する事が出来た。
もっとも、家の仕事が忙しくて、行けなかった子は沢山いた。
が、勉強が好く出来た子は、村や金持ちが勉強をさせた。

そういう社会が、嘗てはあった。

だから、国民の程度は高かった。(貧しくはあったが)
当時、日本に来た外国人達が、みんなそう言っている。
貧しい国民ではあるが、民度は高い」と。

だから植民地にはならなかった。


がしかし、今は、植民地になりそうである。(苦笑)


細田氏は、政治家であるので、ここでは謝罪するしかないが
その思いは、間違ってはいないと思う。

そう言われないような国民に、ならねばならない。
もっとも、読売新聞を見ればわかるが、細田氏は「マスコミ批判」を
したかったのであって「国民批判」をしたかったわけではない。

朝日は、そういうところは報道しない。
ダカラ、麻生政権の実績も伝わらないのである。(苦笑)


民主党が政権を取ったら、マスコミは、民主党の実績を報道
するのであろうか?

はなはだ怪しい?!(笑)



人気ブログランキングへ国民の程度を上げよう、にクリックを!



参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 10:54 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ関係

2009年07月23日

中山成彬氏出馬明言:県連は、考え直せ

中山氏の方が、実力があり知名度もある

上杉氏を擁立しても、国会でどれほどの事ができるのか?
ほとんど新人と同じであろう。
年も変わらない以上、中山氏擁立の方が国益に適うはずだ。

中山氏出馬明言 自民宮崎 怒りあらわ 上杉氏公認 党本部に念押し
2009年7月23日

 自民党の中山成彬前国土交通相(66)が22日、宮崎1区からの出馬を明言したことに対し、既に元参院議員の上杉光弘氏(67)の公認を申請している同党宮崎県連は怒りをあらわにした。県連幹部は公認決定を先送りした党本部に対して「県連の公認申請が無視されれば(県連の)解体も辞さない」と強く迫った。

 県連の緒嶋雅晃会長、米良政美幹事長らは同日、同党の全国幹事長・政調会長会議に出席。県連が上杉氏を公認申請した背景には、中山氏の不出馬表明があったことを強調。党本部の細田博之幹事長に公認を保留した経緯の説明を求め、「上杉氏が外れることがないように」と念押しした。細田幹事長は「早急に結論を出したい」と述べるにとどまったという。

 県連幹部は会議後も党幹部に上杉氏公認を重ねて要望した。緒嶋会長は「大変残念。中山氏の意図が分からない」と話していた。

=2009/07/23付 西日本新聞朝刊=


再度、出馬を決意した中山氏の心情は、痛いほどよくわかるので、
宮崎県連の混乱には申し訳ないが、我慢して欲しい。

党公認人事の面子を気にしても、国の為にはならない。
本当に役に立てる人物かどうかを判断するべきだろう。
宮崎県連には、大所高所からの再考をお願いしたいものである。

中山氏の意図が読めないようでは、大した事務局ではない。
国の未来を考えれば、ジッとしてなどいられない状況なのである。
今動かなければ、・・・そういう想いがあるに違いないのです。

この国の教育問題は、根が深い
取り戻すには、かなりの苦労が予想される。
もう、そんな状況にまで行き着いているのだ。

今すぐにでも、改革に手を付けなければいけない。
民主党に政権を渡せば、どうなるか判らない。
目先、いいことをやるであろうが、やがてはボロが出る。

その時に、この国はどうなっていくのかを、よく考えてもらいたい。
アメリカも民主党のマニフェストに注文を付けている。
危ないのである。

アメリカを信用しろと言っているのではない。

アメリカの動きに注意しろと言っているのである。

一人でも国士を国会に送り込まなければならない。
緑の保守」は、こういう国士を応援したい。

誰が何と言おうが、中山氏は立候補をして欲しい。
無所属でもいいではないか。
きっと当選するであろう。  宮崎県民を信じたい。


人気ブログランキングへ中山成彬氏立候補万歳、にクリックを!

posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 21:26 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月21日

衆院が解散、政権選択へ〜人物中心で選ぶしかない

衆院が解散、政権選択へ選挙戦が事実上スタート(Update4)

7月21日(ブルームバーグ):衆院が21日午後、解散された。麻生太郎首相(自民党総裁)はこの後の臨時閣議で総選挙について8月18日公示、30日投開票とする日程を決定した。これにより、自民、公明の連立与党から民主党を中心とする野党勢力に政権が交代するかどうかが最大の焦点となる「政権選択選挙」が事実上スタートした。

  河村建夫官房長官は21日午前、閣議後の記者会見で、衆院解散を閣議決定したことを正式発表。午後1時からの本会議で河野洋平議長が解散詔書を読み上げた。

  麻生首相は同日夕の記者会見で、「皆さまの生活を守るため、景気回復と安心社会の実現を約束する。この約束が実現できなければ責任を取る」と総選挙に臨む決意を表明した。

  これに対し、民主党の鳩山由紀夫代表は同日午後の記者会見で、「歴史的な使命を持って民主党は戦わなければならない。明治以来の官僚主導の政治から国民が総参加して政治を作り出していく、新しい政権を作り出していく、革命的に大きな目的を持った政権交代だ」と訴えた。

  コロンビア大学のジェラルド・カーチス教授は21日、ブルームバーグのインタビューで、「今回は、ほとんどすべての人が政権交代が現実のものになると考えている選挙だ。自民党が何とか日本を正しい方向に導いてくれるという国民の信頼を失った」と述べ、自民党が敗退する可能性が高いとの見方を示した。

「安心社会実現選挙」対「政権交代選挙」

  今回の総選挙について首相が「安心社会実現選挙」と命名したのに対し、鳩山氏は「政権交代選挙」と位置付けた。選挙戦では経済政策や少子高齢化対策、外交・安全保障政策、年金制度改革などが争点になるほか、民主党の独自政策の財源や麻生首相が掲げる景気回復後の消費税増税の是非についても論戦が展開されそうだ。

  鳩山氏は会見で、総選挙の争点として少子化対策、年金問題などを列挙。これに対し、首相は会見で、雇用対策や幼児教育の無償化など少子化対策に取り組む考えを示した。その上で、「そのためには財源が必要だ。わたしは景気が回復した後、社会保障と少子化に充てるための消費税率引き上げを含む抜本的な税制改革をお願いする」と消費税増税にあらためて言及した。

  また、総選挙での獲得議席については、鳩山氏が「野党各党と協力して政権交代を実現することだ。最低限第一党になる、そして野党と協力して過半数の議席を得るということが目標」と明言した。

  これに対し、首相は「解散・総選挙が始まったばかりであり、勝敗ラインをわたしの口から申し上げるのは慎むべきことだ」と指摘した。

  衆院解散・総選挙は2005年8月8日解散―9月11日投開票の「郵政選挙」以来、4年ぶり。衆院に小選挙区制度が導入されてから5回目となる。麻生内閣の支持率は報道各社による世論調査で10−20%台に低迷。12日の東京都議会議員選挙など大型地方選挙でも与党系候補の敗北が続いており、自民党に逆風が吹く中での選挙戦となる。

  自民党内では中川秀直元幹事長ら反麻生グループが先週、総選挙前の「麻生降ろし」を念頭に両院議員総会の開催を求める署名を集め、党執行部に提出したが、細田博之幹事長らは17日にこれを拒否した。

  代わって自民党は21日午前11時半から党本部で総裁選前倒しなどの問題をめぐる議決権のない両院議員懇談会を開催。麻生首相は地方選での敗北に関し、「多くの方々に多大なご迷惑をかけることになり、ここに改めておわびを申し上げる」と陳謝した。

マニフェスト

  各党は衆院選で掲げるマニフェスト(政権公約)の策定を急いでいる。

  民主党は16日に立候補予定者向けに主要政策のポイントを説明したマニフェストの概要を配布。1人月額2万6000円の「子ども手当」支給や揮発油税などの暫定税率廃止による2.5兆円の減税実施などを主要政策に位置付けた。同党は7月中にマニフェストの全容を発表する。

  これに対し、自民党は菅義偉選挙対策副委員長を中心としたプロジェクトチームで作成作業を進めている。首相はこれまでの演説などで、総選挙で経済危機対策など麻生内閣の実績や自民党の政権担当能力を国民にアピールしていく方針を示している。

  河村官房長官は21日、自民党のマニフェストに関しては「このような厳しい状況にあることを踏まえて、これまでの批判に耐えるだけのマニフェストをもって臨むことになる」と語っている。

-- Editor: Hitoshi Sugimoto, Eijiro Ueno
更新日時 : 2009/07/21 19:43 JST
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 21:30 | 長野 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月19日

日教組:民主党 輿石東参議院議員会長は教育界の「北朝鮮」だ

私が愛読しているメルマガです。
民主党の輿石参議院議員が日教組を選挙活動に利用している事実が書かれています。

恐怖政治が、教育界でも行なわれている事がよくわかります。
色々言うより、まあ、読んでみてください。
びっくり仰天な、内容ですよ。(苦笑)



■■ Japan On the Globe(607)■■ 国際派日本人養成講座 ■■

Common Sense: 日教組、教育界の「北朝鮮」

 少数派が権力握って、一般教員の自由な志を
踏みにじる構造は、かの国と同じである。
■転送歓迎■ H21.07.19 ■ 37,795 Copies ■ 3,154,004 Views■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

-------------------------------------------
■■■ 第54回全国学生青年合宿教室 ■■■
テーマ: 世界における日本のあり方を考える
 国の歴史と文化をより深く理解する
 短歌や古典を通じて豊かな感性を育む
日時:  本年8月20日(木)〜23日(日)
場所:  七沢自然ふれあいセンター(神奈川県厚木市)
主催:  社団法人国民文化研究会/大学教官有志協議会
詳細:  http://www.kokubunken.or.jp/camp/index.html-------------------------------------------

■1.「教育の政治的中立はありえない」

政治を抜きに教育はない」とは、民主党の代表代行かつ参院
幹事長を務める輿石東(こしいしあずま)議員が、その支持基
盤である日本教職員組合(日教組)の第97回定期大会で語っ
た言葉である。

 輿石議員自身、日教組傘下の山梨県教組(山教組)の元委員
で、今年1月に都内で開かれた日教組の会合でも、「教育の
政治的中立はありえない」「日教組とともに戦っていく」と述
べている。[1]

 よくも言ったり。「(教員は)特定の政党を支持し、又はこ
れに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならな
」と定めた教育基本法、および教育公務員の政治的活動を制
限した教育公務員特例法を完全に無視した発言である。

 輿石氏がその選挙活動において、山教組の教員たちを使って
きた実態を見れば、これが言葉の上でのことだけではないこと
が、よく分かる。

■2.山教組の違法な政治資金集め

 山梨県では、日教組の組織率が95%に及ぶ。この組織が輿
石氏の違法な政治資金集めにフル活用されていた。平成18
(2006)年3月21日の産経新聞は次のように報じている。[2]

 山梨県教職員組合(山教組)が民主党の輿石東参院幹事
長を支援
するため、政治団体を通じて組織的に選挙資金を
集めていた問題で、県教委は二十日、違法な資金集めに関
与した山教組役員や校長ら十四人を懲戒処分とするなど、
計二十四人を処分した。

 処分は、政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で罰金命
令を受けた山教組の長田英和財政部長が停職三カ月、カン
パ要請書の作成に関与した山教組書記長とカンパを集めた
校長・教頭十二人が戒告。山教組の秋山俊一委員長は文書
訓告、支部書記長九人は厳重注意とした。

 山教組の違法な政治資金集めとは次のようなものだ。輿石氏
の選挙が近づくと、氏が顧問を務める山教組の政治団体である
「山梨県民主教育政治連盟」(県政連)から資金集めの指示
くる。ボーナス時に校長3万円、教頭2万円、一般教員1万円
の強制カンパである。これとは別に選挙前の年の2回のボーナ
ス時にも、校長1万円、教頭7千円、一般教員5千円が徴収さ
れる。[3,p154]

 総額数千万円から1億円におよぶと推定される資金カンパは
学校内などで現金徴収され、領収書も発行されず、使途も明か
されていない。

 県政連はこのカンパを政治資金収支報告書に記載していなかっ
た。この「政治資金規正法」違反により、財政部長らが罰金刑
を受けたわけである。当の輿石氏は「金を集めたのは県政連で
あり、自分とは直接関係がない」としらを切っている。


■3.選挙活動にも教員を動員

 選挙運動にも山教組が動員されている。輿石氏の政治団体で
ある「輿石東とともに明日を開く会」は、後援会入会に関して
組合教員にノルマを課している。ノルマは入会カードで一般教
員が80枚以上という。親族・知人・友人だけで消化できる数
ではないので、自分の受け持っているクラスの父兄を頼ること
になる。父兄も子供たちをいわば「人質」としてとられている
ので、教員からの依頼を断ることはできない。

 選挙になると、教員たちは平日夜や土曜日に地域の教育会館
に集められ、友人、知人、教え子宅への「電話作戦」に使役さ
せられる。選挙のポスター貼りも夜間や休日に命ぜられる。

 学校内で選挙対策会議が開かれることもあるそうだ。さらに
輿石氏が選挙前に各学校を挨拶回りすると、そのたびに授業を
中断して教員が集められたこともあったという


 こんな山教組になぜ95%もの教員が加入しているのか。一
つには「脱会希望者はノイローゼになるまでいじめられる」と
いう現場教員の証言が寄せられている。

 もう一つは、山教組が教員の人事権を完全に握っており、県
市町村の教育委員会の要職も組合出身者で占めているからだ
という。選挙運動や政治資金集めに熱心な教員ほど昇進が早く、
逆に不熱心だと、僻地に飛ばされたり、昇進試験を受けても合
格できない、という。

 まさに北朝鮮とそっくりの一党独裁の恐怖政治が、山梨県の
教育界で行われているのである。これでは大半の良心的な教員
も、しぶしぶカンパに応じたり、選挙運動をしたりするしかな
いであろう。これが「政治を抜きに教育はない」という輿石氏
のセリフの意味するところである。

■4.学校給食1食895円

 国家国民の富を収奪する点でも、日教組は北朝鮮とよく似た
手口を用いている。鎌倉市議会議員として日教組支配と戦って
きた伊藤玲子氏は、その一環として、あまりにも高額な学校給
食の問題を議会で質したことがある。

 一食あたり、なんと895円。そのうち食材費は220円に
過ぎず、残りのほとんどが人件費であった。これは専門の調理
師を雇っているからで、彼らは市の一般行政職と同様、昇給も、
ボーナスも、退職金・年金までが支払われる。しかも一般行政
職が年間265日出勤するのに対し、夏休みなどはすべて休み
になっている。

 給食の調理師に、なぜこんな厚遇が許されているのか。実は、
ほとんどの調理師は学校教員や市の職員たちの妻を縁故採用
たものだった。

 伊藤氏はこの件を議会で追及し、調理員をパートにするよう
求めた。すると、組合員たちが一斉に伊藤氏の所に押しかけて
きた。「あんなことをやったら子供たちに安心して給食を出す
ことができない。給食にパートなんか使うことはできない」と
わめいた。伊藤氏が「あんたたちはずいぶん失礼なことを言う
のね。今どき街のお弁当屋さんはほとんどパートじゃないか」
と言い返してやると、彼女らは黙って帰っていった。

 調理員をパートにすることで、給食費は一年目に895円か
ら640円、後に600円にまで下がった。[3,p54]

■5.「日教組は法律違反を堂々と行う」

 日教組と戦う伊藤氏のもとには、市民からも様々な訴えが寄
せられた。その一つに、ある中学校では、週に24時間も授業
を抱える教員がいる一方で、4コマしか持っていない教員がい
る、という訴えがあった。「これは不公平ではないか。いった
いどうなっているのか」という訴えであった。

 伊藤氏が、その学校の時間割表を調べたところ、週に4時間
しか授業を持っていない教員は、湘南教職員組合(湘南教組)
の副委員長だった。当人は月、火、木、金の1時間目しか授業
を受け持っていない。他の教員の平均は約18時間なので、あ
きらかに異常である。授業は週4時間だけにして、あとは組合
活動に従事している疑いが濃厚
だった。

 そこで伊藤氏は教育委員会に情報公開を求めた。学校から教
育委員会に提出された時間割表では、当該教員は週10時間授
業を行ったように記入されていた。伊藤氏が別ルートで入手し
た時間割表と比べると、当該教員の部分だけが、授業時間を追
加して記載されている。明らかな資料改竄(かいざん)であり、
「虚偽公文書作成罪(刑法157条)」に当たる犯罪である。

 伊藤氏はこの事実を市議会で取り上げ、教育長に事実調査を
迫った。調査の結果、教育長は「この学校長に質したところ改
竄が認められました。今後は正直に届けさせます
」と答弁した。
伊藤氏はこう語る。

 公文書偽造という犯罪行為を平然と行い、それをさらに
「事なかれ主義」で隠蔽する校長や教育委員会。これがい
い加減な学校現場の実態の一端だ。日教組は法律違反を堂
堂と行うのだ。[3,p83]

■6.授業をさぼって政治集会

 授業時間中に組合活動をすのは、一部の幹部だけでなく、多
くの教員が「教育研究集会(教研集会)」に参加するという形
でも大規模に行われていた。

 伊藤氏は、平成11(1999)年10月14日午後から翌日にか
けて行われた集会を例に挙げている。14日午後の授業は休み
となり、15日は3割の教員が集会に参加したので、二クラス
合同で自習時間などが設けられていた。生徒の「学ぶ権利」な
どは平気で無視されている。

 その集会への参加者は、司会者、運営委員、発表者だけで、
2日間で延べ約750名にのぼった。聴講のみの教員も含めれ
ば、さらに膨大な人数となる。しかも会場として川崎市のある
高校が、平日に使われていたのである。

 その内容としては、「いじめ」「学級崩壊」などもあるが、
「人権」「平和」「環境」「共生」「民主的な職場・学校づく
り」といった分科会が開かれ、「日の丸・君が代反対を市民活
動に広げていく」とか「教え子を再び戦場に送るな」という主
張が討議されている。明らかな政治集会である。

 しかも参加者のほとんどは出勤扱いで、その時間中も給料が
支払われている。これは勤務時間中に組合活動を禁じている地
方公務員法の違反
である。この点を伊藤氏は市議会で追及した。

■7.「赤い貴族」たち

 この件が産経新聞に報道されると、文部省は神奈川県教育委
員会の責任を問いただした。慌てた県教委は各市町村の教育委
員会あてに、教研集会は年休扱い、あるいは授業終了後にする
よう通達した。

 さらに伊藤氏は、平成12(2000)年12月、「教職員が勤務
時間中に組合活動に使った時間分の給与の返還を求める」訴訟
を横浜地方裁判所に起こした。

 判決は平成15(2003)年10月に下り、給与の返還こそ実現
しなかったが、組合主催の教研集会は、あくまでも組合活動で
あり、これを研修扱いとした校長の承認は裁量権の範囲を超え
て「違法」であるという判断
が下った。

 この他にも、夏休みに「自宅研修」と称して、組合活動やレ
ジャーにいそしむ、という手口もある。東京都大田区議会議員
の犬伏秀一氏の平成12年度の調査によると、ある区立中学校
の教員30人のうち、「研修」と「週休(土曜日の出勤分を夏
休みに振り替えること)」を合わせて30日以上とっていた教
員が18人もいたという。しかも「研修」として届け出されて
いたのは、「移動教室の細案作り」「一学期評価まとめ」など
の項目がわずか一行のみだった。

 北朝鮮のような共産主義国家においては、党幹部になれば
「赤い貴族」として、働かなくとも国家と国民の富を搾取して
豊かな生活を送れる。授業をせずに組合活動に精を出したり、
自宅研修と称してごろごろしていても給料が貰える
、というの
は、まさに「赤い貴族」のミニ版である。

■8.「類は友を呼ぶ」

 日教組は北朝鮮と同様の体質を持っているだけではない。
「類は友を呼ぶ」と言うように両者は親密な関係を続けてきた。

 平成10(1998)年、日教組の川上祐司委員長は北朝鮮に出向
き、100万円のカンパ
を行い、今後も日教組と北朝鮮の教育
文化同盟などとの交流を深めることを確約している。その前年
に「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」が結成され、拉致問
題がすでに広く知られていた時期である。

 槙枝元文・元委員長は、平成15(2003)年1月の日教組の教
研全国集会でも北朝鮮賛美のメッセージを発したことが報道さ
れている。この人物は、長年にわたる日朝友好親善への貢献に
より、北朝鮮から平成3(1991)年に親善勲章第一級を授与され
ている。

 日教組と北朝鮮の親密な関係は今も続いているようだ。福岡
市の水城四郎・市議会議員は「朝鮮総連の関連施設に対する課
税問題」で長年、戦ってきた。その成果として、福岡高裁は
「朝鮮総連の関連施設への税の減免は違法」との判決を出し、
平成19(2007)年に、最高裁でもこの判決が支持された。

 その動きに異を唱えたのが、「福岡県教職員組合執行委員長
 N・S」である。ホームページに「水城の暗躍により、朝鮮
総連に課税がかけられそうだ。そんなことをされては、福岡市
域外の市町村まで波及してしまう。たまったものではない。皆
で阻止しよう」と呼びかけた。これを受けて、左派系市民団体
が財務局長への集団抗議を計画していた。

 教師がここまで露骨な政治運動を展開し、議会活動を妨害し
たことで、水城議員はNの懲戒免職を教育委員会に求めた。教
委はNを厳重注意処分に処し、水城議員のところに謝罪に行く
よう指導した。Nは水城議員を訪ねたが、開口一番「謝罪をす
るつもりはない
」と強弁。激怒した水城議員が「いつまで革命
ゴッコをやっているんだ」と一喝すると、Nは「革命ゴッコと
は何事だ! 訂正しろ!」
と逆に食ってかかる始末だった。こ
ういう人物が「福岡県教職員組合執行委員長」だったのである。

■9.我々国民一人ひとりが親として、有権者として

 Nの「革命ゴッコとは何事だ!」というセリフは、彼らが本
気で革命を目指していることを表している
。そして、民主党が
政権をとれば、その教育政策は輿石東・代表代行の日教組路線
がとられるだろう
。「政治を抜きに教育はない」という山教組
の実態が全国に広がりかねない。

 ほとんどの北朝鮮国民は共産主義など欲していないだろうが、
権力を握る少数が一般国民の権利と自由を踏みにじり、その富
を収奪している。

 日教組も同じである。ほとんどの教員は子供たちの教育を第
一義に志している真面目な教育者だろう。しかし彼らの良心も
志も、権力を握る少数派によって無法にも踏みにじられている。


 明日の日本を背負う子供たちを育てるという崇高な使命を持
つ教育者が、そのような組織的犯罪の犠牲になって良いものだ
ろうか。そういう事態を防ぐためにも、我々国民一人ひとりが
親として、有権者として、日教組の組織的不正を見逃さずに批
判の声をあげ、また日教組と戦っている教師や政治家を応援し
ていかなければならない。
(文責:伊勢雅臣

■リンク■
a. JOG(114) 恐怖と無法の広島公教育界
「自分の選ぶ道がどこにもない」と言い残して校長は自殺した
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog114.html
b. JOG(442) 「科学から空想へ」 〜 現代日本の教育思想の源流
「子供の権利」「自己決定権」「個性尊重」など の教育思想の
源泉にある「空想」。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/jog442.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 産経新聞、H21.07.07、「『政治を抜きに教育ない』民主・輿石
氏 日教組大会で持論」、東京朝刊、5頁
2. 産経新聞、H18.03.21、「山教組役員ら24人を処分 違法資金集め」、
東京朝刊、28頁
3. 伊藤玲子『中山成彬はなぜ日教組と戦うのか』★★★、
ベストセラーズ、H20
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584131163/japanontheg01-22%22

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■600号「二宮金次郎と『積小為大』」に寄せられたおたより

「なな」さんより

 いつも、本当に感心して読んでおります。時々、難しいこと
もありますが、それでも、心の底の方から湧き上がってくる心
地よい感情は、爽快感と言いますか、達成感と言いますが…、
うまい言葉が見つからないのですが、自分は間違っていないん
だ!がんばろう!というような気持ちになります。

 どの記事も毎回心を打たれるのですが、最近では、二宮金次
郎さんの記事が印象に残っています。生まれたところが神奈川
県で、すぐ近くに金次郎さんの生家があったし、どこにでも薪
を背負って本を読んでいる金次郎さんが立っていたので(笑)何
となく慣れ親しんでいたのですが、以前、感想にもあったよう
に、あの貧しいけど勉強好きなだけだと思っていた金次郎さん
が、そんなにもすごい方だったとは全然知らなかったので、と
てもとても驚いたとともに、そんな金次郎さんに小さい頃から
慣れ親しんでいたことに、ちょっぴり誇りも感じました。何で
小学校などで教えてくれなかったんだろう!と思います。もっ
たいないことです。

 これからも、楽しみに読ませていただきます!

■ 編集長・伊勢雅臣より

 声援、ありがとうございます。身近な郷里の偉人のことを調
べる事は、歴史に学び、自分の生き方を考える上で、大変良い
アプローチだと思います。

 読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
への返信として、お送り下さい。
 掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P36920582

==================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
===================================
 ■今回の記事はいかがでしたか?
 ┃下記ページより、あなたの評価をつけてください!
 ┗ http://www.melma.com/score_6060l0QR60h7rGgmq0DkbsiU12a119fc/
 ───────────────
 □このメルマガのバックナンバーやメルマガ解除はこちら!
 ┗ http://www.melma.com/backnumber_115/
 □その他のメルマガ解除や登録メルマガの検索はこちら!
 ┗ http://melma.com/contents/taikai/
━…━…━…━…━…━…━…━…━…

人気ブログランキングへ本当に民主党でいいのか?、にクリックを!


posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:37 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

核の傘:日米定期協議へ〜民主党も寄り添うのか

アメリカが恐れるのは、「日本の核武装」であろう。

北朝鮮の挑発行為に触発され、さらに中国の軍事拡大で、国内に
核武装論が広まるのを極端に恐れているのがアメリカである。

アメリカは、日米戦争の日本軍の強さを忘れてはいない。

核の傘:日米定期協議へ 不安解消、米が配慮 具体化は困難

 18日開かれた日米両政府の外交・防衛担当局長級「日米安全保障高級事務レベル協議(SSC)」が「核の傘(拡大抑止)」に関する定期協議の設置で合意したのは、北朝鮮の2回目の核実験で動揺する日本に、オバマ政権の核政策を説明して不安を和らげるためだ。

キャンベル米国務次官補は「核の傘が強固であることを確認する」と述べ、数週間以内に定期協議を開催することも明らかにした。次期衆院選後の政権交代を念頭に、日米協議の道筋を整えておく狙いもある。


核の傘が確実である事を保障することで、日本の隷属関係を
確保しておきたいのがアメリカ
である。
そのためなら、アメリカは何でもするだろう。(苦笑)

そんなアメリカの態度に、民主党の外交・安全保障政策も
現実的な対応
を取らざるを得なくなっている。

理想だけでは、政治は出来ないのだ。

民主:米との対立色薄める マニフェストの外交・安保原案

 民主党の次期衆院選マニフェストの原案となる「09年政策集」の外交・安全保障部分が11日明らかになった。日米同盟に関して、昨秋時点では明記されていた在日米軍基地の負担軽減に向けた見直しや、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の検証が削除された

米側の反発を踏まえた対応とみられ、政権交代の可能性が高まる中、米国との対立色を薄めるものとなった。


これが民主党である。(嘲笑)
格好いい事を言っていても、現実には抗しきれない。

この分では「公務員制度改革で、官僚支配を止める」という公約も
怪しいものである。(苦笑)

 08年の政策集では「新時代の日米同盟の確立」として「基地負担軽減への配慮から、アジア太平洋地域の安全保障における米軍のあり方や在日米軍基地の位置付けを検討」と明記。「日米地位協定の抜本的な改定に着手すると共に米軍再編の経費負担、思いやり予算などの執行について不断の検証を行う」としていた。

 これが09年分では「日米地位協定の改定に着手し、米軍再編や在日米軍基地のあり方等についても引き続き見直しを進める」となり、「抜本的」「不断の検証」などの表現がなくなった


民主党には「政策インデックス」という、マニフェストとは別の
政策マニュアルがある。
現実的な政策は、すべてこれで行なわれるのだが、表向きには
マニフェスト」として、「いいとこ取り」の政策しか発表して
いないことを、国民は知るべきである。

その「政策インデックス」の内容を、アメリカに合わせて
変更し始めた、というのが、この記事でよく判る。

結局、アメリカには何も言えない民主党であることを露呈した
のである。
こんな政党に「改革」など出来るわけが無い。

これでも民主党に投票するのですか?


民主党は、学校で知識は豊富に学んだが、現実社会を知らない
未熟な社会人と同じである。
いずれ社会の現実に押しつぶされるのであろう。

そんな民主党を押す世論に怯え、ジタバタ騒いでいる自民党も
まことに見苦しい。(嘲笑)
そこには、信念も何も見えない。

別の政策をやりたいのであれば、潔く、自民党を離れるべきである
実家から独立できないくせに、家の中で生意気な口を利くどら息子
と同じ行為であろう。

まともに取り合う必要は無いのだ。(笑)

日本は、アメリカの「核の傘」を使いたいなら、非核三原則を
見直すべきであり、持ち込んだ核の運用方法を決めなければいけない。

これ以上の先送りは、日本のためにならない。

核を独自で持つには、実際問題として大変である。
それよりは、アメリカの「核」を利用する事を考えたほうが、
現実的だ


その為には、民主党のようなアメリカに対する態度では、日米同盟は
怪しくなるのである。
日本の安全保障を考えるならば、日米同盟は重要である。

これを蔑ろにするような民主党では、安全保障は危ないのだ。


自民党よ、武士道を思い出せ!


人気ブログランキングへ本当に民主党でいいのか?、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 07:53 | 長野 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 安全保障

2009年07月18日

弁当値引き販売容認で調整:損得勘定ではなく、緑の保守思想で

食べ物を捨てる」という考え方が、間違っているのだ。
損得勘定ではない。

弁当値引き販売容認で調整 セブン、公取委の命令受け入れへ

 コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンが、弁当などの値引きを不当に制限していたとして公正取引委員会から受けた排除措置命令を、受け入れる方向で調整していることが18日、明らかになった。事実上、加盟店の値引き販売を容認することになりそうだ。


以前は、残った弁当をアルバイトが持ち帰って、自分の食事
利用していたが、食中毒の心配が出てきて、中止された。
しかし、それがいつのまにやら「値引き販売」の問題に摩り替わって
しまっている。

そうではないだろう。(苦笑)

加盟店の利益を圧迫しているのは事実だろう。しかし、この問題の
根底にあるのは「もったいない」という、日本人としての感情
まずあり、「値段を下げてでも、食べてもらいたい」という想いが
あったはずである。

それに対して、セブン本部が「値引きはダメ」と言ったものだから
割り切れない思いと、本部の横暴に対する反発が混ざり合って
今回のような混乱になったのではないだろうか?

私自身、その日に食べるのなら、消費期限は殆ど見てはいないし
おにぎりに至っては、翌日でも平気で食べる。(笑)
昔と違って、保存状態がいいので気にならないのである。

それより「食べ物を粗末にする」方が、気になるのだが
年代の違いがあるのだろうか?(苦笑)


世界的な「食糧危機」が大きな問題になっている現在、食料の
約3割を廃棄
している日本という国は、なんと贅沢な民族であろうか。

減反までして食糧生産を控えるのは、世界の流れに逆行している
としか思えない。
食料を作る土地と技術と資金があるのに、食料を作りたい人間を
参入させない現在の法体系
にも大きな問題があるし、世界に貢献
する気が無いとしか思えない。

米が国内で余っているなら、米が欲しい国に売ればいいのだし
その国に資金が無いなら、それこそODAを利用すればいい。
損得勘定だけで食糧問題を論じるのはいかがなものか。

食べられる物は、捨てずに食べる。

そんな当たり前の世の中にならなければ、日本ではない。
自然に反する!

緑の保守派」は、自然な世の中を目指します。
あなたも「緑の保守」と言う考え方をしてみては?

こちらが参考になれば >>


人気ブログランキングへ食べ物を粗末にしない、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 19:19 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済関係

三上新一さん=第58回全国農業コンクールでグランプリ受賞:これが「緑の保守」だ

グランプリ受賞、おめでとうございます。
緑の保守を体現されている、三上さんに拍手!

三上新一さん=第58回全国農業コンクールでグランプリ受賞

 ◇三上新一(みかみ・しんいち)さん(63)

 「自分が最下位かと思っていた。びっくりしました」と受賞に白い歯をこぼした。


この謙虚さが、日本人の証です。  このような態度は、日本人しか
しません。
決して、自分をひけらかさないのが、日本人の美意識なのです。

販売する「自然純米」は普通の米の価格の3倍ながら、多くの固定ファンがいる。04年には有限会社「瑞宝(ずいほう)」を設立。大豆やニンニク栽培も手がけ、常勤雇用9人、臨時雇用910人にまでなった。


何故、このお米が売れるのか?
日本人の自然志向は、伝統的な血統なのです。
起した会社に付けた名前が「瑞宝(ずいほう)」とは、恐れ入りました。(笑)

自然が人間にとって、いいものだ」と言う感覚。
これが伝統的な「緑の保守」の考え方と言えます。

無農薬=自然の物〜いいものだ

常識的な考え方ですね。 これが、日本人の感覚なのですが
あまりにも当たり前すぎて、日本人自身は気が付いていません。
と言うか、意識してはいません。

でも、海外から見ると、この考え方は不思議なのですよ。
キリスト教的な感覚で言えば、「自然は人間が支配するもの
ですから、「自然はありがたいもの、いいもの」と言う感覚は
欧米人にはありません。

あくまでも「自然は、人間が利用するもの」でしかないのです。

ここが、日本人と違う所です。


この感覚を、近年の日本人は忘れていたのですが、ここ数年で
伝統的な自然崇拝の感覚を、急速に取り戻しています。
これが伝統の力なのでしょう。

これを「緑の保守」と呼びましょうと、提唱しているのが
われわれ自称「緑の保守派」なのです。

名乗る、名乗らぬは、個人の自由」がモットーです。(笑)

要は、表面的な形は関係なく、精神の問題と捉えます。

自然保護も
エコも
伝統的なお祭りも
無農薬も
ご先祖様も
山ノ神も


全部「緑の保守」の考え方になります。


それらを体現していたのが、三上さん、です。
お孫さんが、それを見ていて「後を継ぐ」と言ってくれたそうです。
小学六年生だそうです。
自然とそうなるんですよね、日本人は・・・。(喜!)

これが正統派日本人の、普通の感覚です。

ダカラ、日本人はすばらしい民族なのです。
その元締めが「天皇」なわけです。(引きました?、笑)

天皇」は、「日本人の理想の姿」だと思えばいいのです。
何も、堅苦しく考えることはありません。
天皇」は神でも仏様でもありません、人間です。

日本人の大親分だと思えばいいのです。
大親分だから、国民全員の安寧を日夜、祈ってくれているのです。
そんな人を、蔑ろにできますか?

緑の保守」とは、そんなことなのです。

三上さんは「緑の保守」なのです。


人気ブログランキングへ緑の保守民族、日本人、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:22 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題

農水省:ヤミ専従、地方中心に198人=全国にまん延〜返せばいいというものではない

腐れ公務員が、全国に蔓延っていた事が、あらためて確認された。
無断職場離脱を年間30日以上
ヤミ専従の期間も最長で13年超
言い訳が出来る時限ではないようだ。

ヤミ専従、地方中心に198人=全国にまん延−農水省第3者委

 農水省で3月に発覚した職員の違法な組合活動(ヤミ専従)問題の実態解明を進めてきた「無許可専従問題に関する第三者委員会」は15日、調査結果を石破茂農水相に報告した。それによると、就業時間中の無断職場離脱を年間30日以上、行っていた「常習者」は地方の農政局、農政事務所を中心に計198人に上った。ヤミ専従の期間も最長で13年超と、全国にまん延していた実態が判明した。

予想はしていたが、呆れて言葉が出ない。(苦笑)

税金を食い物にする悪徳公務員は、刑事告訴を含めて厳正な
処分を石波農水大臣には、要望したい。
任期も残り少ないのであるから、しっかりとした「けじめ」を
付けて辞めて貰いたい。

謝って済む問題ではないのだ。

この経済不況に、国民の多くは税金に悩まされている。
税高くして、国滅ぶ」である。

その貴重な税金を食い物にするなど「死刑」に値する。
国の財政は800兆円にも登る赤字を抱えていると言うのに、
なんという「KY」な行動であろうか。

断固とした処分を要求する。

民主党が政権を取れば、こういう事は一掃してくれるそうであるから
大いに期待しよう。(苦笑)
出来なかったら、再度、政権交代をシテモラウ。

一年持つかどうか、はなはだ怪しいが・・・。(笑)

農水省、停職など1238人処分 ヤミ専従、次官らは給与自主返納

 農林水産省は17日、全農林労働組合(全農林)によるヤミ専従問題で、常習的に違法な組合活動をしていた職員23人を停職1カ月とするなど346人を懲戒処分とする、と発表した。上司に対する訓告なども含めると1238人に上る異例の大量処分となる。

甘い処分ではないか。
常習者でも停職一ヶ月でしかないのだろうか?
何年にも渡って繰り返していたのである。停職では済まない。

民間会社なら「クビ」である。

こんな事をしているから、政治家が官僚に舐められるのだ。
責任の取り方が、なってはいない。
25億円にも昇る不正給与を受け取っていたのである。
返せば済むという簡単な話ではないだろう。

ましてや、事務次官は「改竄を知らなかった」ので、減給のみ
とは、まったくもって、不届き千万である。
責任者が「知らなかった」でとおるなら、警察など要らない。

私も「税金なんて、知らなかった」で済まそうか?

ヤミ専従職員の存在を隠ぺいするため関係文書を改ざんしていた
のである。
確信犯なのだ。  悪質極まりないではないか。

これをこの程度の処分で済ますなんて、許せない!!!(苛!)


全農林は、解体せよ!



人気ブログランキングへ官僚は、国民の敵だ、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 05:56 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

2009年07月17日

国旗国歌訴訟:県立学校教職員の請求棄却〜当たり前の判決だ

判決は、ごくごく当たり前の常識的な判断であろう。
いやなら公務員を辞めなさい!

国旗国歌訴訟:県立学校教職員の請求棄却 横浜地裁

入学・卒業式で国旗に向かって起立し国歌を斉唱するよう命じた神奈川県教育委員会通知を巡り、県立学校教職員135人が県を相手に起立斉唱の義務がないことの確認を求めた訴訟で、横浜地裁は16日、請求を棄却した。


日本の国旗は「日の丸」、国家は「君が代」しかないでしょう。
それを学校の先生が否定してどうするの?(苦笑)
馬鹿じゃないのか?
大川隆司・弁護団長は「最高裁判決をなぞった月並みの猿まね判決。国民の常識と正反対だ」と批判した。

常識が無いのは、先生、あんたがたなんだよ!

国旗・国家に敬意を表すのは、日本国民として当たり前であり、
日本人の常識的な行動でもある。
それを否定すれば、世界中の笑いものになるのである。
それを知らない先生には、教育をする資格がない。

先生を辞めなさい!

子供たちが迷惑します!

私も迷惑だ!!!(笑)


この連中が、民主党を支持しているのだ。
それでも民主党に投票しますか?

こういう先生方に毎日子供たちは、洗脳されているのです。
あなたの子供は、大丈夫ですか?

国を愛せない子供たちを大量に作り出している、この種の先生は、
全国に蔓延しています。
国民としての最低限の常識も身につかない子供たちを作り、
それを世界の常識のごとくに喧伝する偏向教師達。

愛国心を持たない国民は、世界中の笑いものにされます。
自分の国を悪く言う民族は、軽蔑されるのが世界の常識です。

アメリカを御覧なさい。
あんな自由を標榜する国でさえ、国旗はそこらじゅうに掲揚され
国歌は、野球場でさえ謳われているのです。

そのことに何の疑問も持たないのが、アメリカであり、その他の
国々も同じようなものなのです。
ただ、日本だけが騒いでいるのが現状です。

まあ、騒ぐのは一部の連中ではありますが・・・。(苦笑)

彼らの頭の中には「国旗・国歌=軍国主義」という短絡的な
思考しかありません。
それ以外は考えられないのでしょう。  可愛そうに・・・。(嘲笑)

この最大の問題組織が「日教組」なのですが、この組織も
全部が悪いわけではありません。
やはり、一部の過激な先生達がいて、その人たちの発言力が
大きいために、このような歪な事になっているのです。

ですから、あなたの子供たちのいる学校の先生達が、どのような
先生なのか、よく確認しなければなりません。
それは、他の児童の親御さんたちと話し合うことです。

そうすれば、評判がわかるでしょう。
もし、おかしな先生がいるようでしたら、PTAでまとまって
校長なり、教育委員会なりに抗議をしてください。
泣き寝入りが一番よくありません。

話し合いがうまく行かないようでしたら、マスコミを利用して
問題を公にするのが、効果的です。
この種の先生達は、マスコミで騒がれるのが一番困ります。

ですから、彼らの一番困る事をしてやりましょう。(苦笑)


人気ブログランキングへ国旗掲揚、国歌斉唱は当たり前、にクリックを!


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 15:37 | 長野 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育

社民党:早速、鳩山代表に苦言。〜だから無理だって・・・

だからさ・・・、言ったでしょ、無理だって。(苦笑)
社民党の残党が、民主党内部で蠢いているんだから、この件は
無理なんだって・・・。

現実的に政権を取れば、この問題が命取りになるのですよ。

【衆院解散】民主・鳩山氏の非核三原則見直し発言に社民が反発
2009.7.16 20:05  MSN産経ニュースより

 民主党の鳩山由紀夫代表が政権獲得後に、非核三原則の見直しも含め、米側と協議するとした発言が波紋を広げている。民主党が連立相手と期待する社民党の重野安正幹事長は16日の記者会見で「(連立)政権の一翼を担う前提条件はいろいろある。われわれの琴線に触れることを平気で否定するのは、いかがなものか」と述べ、衆院選後の連立政権協議に影響しかねないと強く牽制(けんせい)した。


核持込の密約が公然の秘密となった今、この非核三原則
避けては通れないでしょうに・・・。
どうやって社民党と合意するんですか?

ゴマカシの連立は、国民が許しませんよ。

昨日も書いたけど、社会党と同じ道を歩む事になるでしょう。
認めざるを得ないのだから・・・。
連立など出来ないでしょうよ。まともに考えれば・・・。(嘲笑)

この件には「触れてくれるな」と社民党が言ってます。
棚上げしたまま連立」しますか?(嘲笑)

そんなことで、改革なんて出来るんでしょうか?
やっぱり「不安な民主党」なんですね。(笑)

まあ、政権とって、やってくださいな。
期待してまっせ!(苦笑)


著名な評論家は言ってます。
これが起死回生の自民党浮上案だ!

「中国のウイグルとチベットの人権弾圧」に強烈な批判をする。
尖閣諸島へ自衛艦を派遣する。
東シナ海の油田開発を始める。
で、選挙中の8月15日に「靖国参拝をする」


これで、確実に支持率が上がると言ってます。
考えてみてはいかが?  麻生さん?(笑)

そんな度胸があればだが・・・。


人気ブログランキングへ不安な民主党はダメ、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:00 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 政治

2009年07月15日

民主・鳩山氏:旧社会党政権と同じ道を行くのか?

政権取りが現実的に可能性が高くなったとたんに、この発言
が出る事は想定内ではある。(苦笑)

鳩山由紀夫氏は、元自民党員である。 このことを、知らないはずは
ないのだ。

核搭載艦、寄港・通過の容認を示唆 民主・鳩山氏
         読売新聞より
 民主党の鳩山由紀夫代表は14日夕の記者会見で、1960年の日米安全保障条約改定時の核の持ち込みに関する密約に関連し、核兵器を搭載した艦船の寄港や領海内の通過は日米両国の事前協議の対象外とすることを容認する考えを示唆した。鳩山氏は「『非核三原則』が堅持される中で現実的対応がなされてきている側面もある」と述べた。


旧社会党政権であった村山富一元総理は「自衛隊は合憲だ」
言って、国民の信任を失った過去があるが、この民主党
「核の持込を認める」と言って、国民の信任を失うのであろう。

現実的な対応が理解できているのであれば、ソマリア派兵に
何故反対するのか?

現実的な対応そのものではないか!(苦笑)

民主党とて、結局は「アメリカの核の傘」を認めざるを得ない。
小沢代表時に「第七艦隊があればいい」発言と言い、これが
民主党の矛盾点であり、「不安な民主党」の根本的な理由である。

これで「旧社会党系議員」をまとめる事ができるのだろうか?
政権を取るまでは大人しくしているであろうが、政権を取れば
必ず、この問題で党内不一致が露出して、民主党は分裂する。

核密約否定:鳩山代表「矛盾しない政府統一見解を」
      毎日JPより
 民主党の鳩山由紀夫代表は14日の記者会見で、政府が「核密約」を「なかった」としていることについて「矛盾しない政府の統一見解をしっかり作ることが肝要だ」と述べた。


政権党になれば、「矛盾しない政府見解」をしっかりと作って
もらいたいものである。
出来るのならば・・・。(苦笑)

核密約否定:「政府答弁の修正」断念 河野外務委員長

 1960年の日米安全保障条約改定時に両政府が結んだ日本への「核持ち込み」の密約に関し、自民党の河野太郎衆院外務委員長は14日、密約はないとする政府答弁の修正を求める委員会決議について、今国会中に行う方針を断念した。


太郎君の力の限界であろう。
時間が無さ過ぎた。

しかし、この一件で、国民の多くは「核持込があった」ことを
知ってしまった。
「やっぱり」というのが、多くの国民の感想ではないか。(苦笑)

核搭載艦が、日本に来る時に、わざわざ「核」を下ろしてくる
こと自体が、無理があるのだ。
一体何処へ下ろしてくると言うのか?(笑)

非核三原則などという「欺瞞」はもうそろそろやめよう。
現実をしっかりと見なければいけない。

そういう意味では、太郎君の功績は大きいのだろう。
ご苦労さんでした。(苦笑)


北朝鮮・労働党機関紙、日米核密約否定は「欺瞞」
2009.7.13 19:42  MSN産経ニュースより

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は13日、日米間の核持ち込みに関する密約があったとする報道に関連し、日本政府が「密約はない」と主張していることについて「欺瞞(ぎまん)だ」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。


お前に言われたくない」というところか。(笑)

他人のことが言える立場には無い、ことを知らないようだ。
色々言う前に「拉致被害者を返せ」!

北朝鮮の核開発を「脅威」として問題視する日本の姿勢も「盗人たけだけしい」と非難した。


よく言うわなぁ・・・。(苦笑)
この言葉は、そっくりそのまま、お返しいたします。(笑)


まあ、何にしても民主党は、現実に押しつぶされる可能性が高い
し、官僚組織やアメリカは、民主党政権を潰しに掛かるだろう。
どこまで頑張れるか、お手並み拝見である。

っていうか、これ「民主党政権」を容認してないか?
ああ、我ながら情け無い。(笑)

自民党の体たらくを眺めていると、どうしてもこういう心境に
なってくるねえ・・・、困ったもんだ。(笑)


人気ブログランキングへ自民党よ、ジタバタするな、にクリックを!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:31 | 長野 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 安全保障
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。