島国根性・傍観者根性を改め、構造改革の為に
自ら行動する日本人でありたい。
自立国家を次世代の子供たちの為に!
アメリカがチェンジなら、 日本はチャレンジだ!


kuro4.jpg
日本が、日本であるために!



↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ

2009年04月30日

ダライラマ14世:講演で訪米〜何故合わない米政府関係者


ダライ・ラマが訪米 大学で講演

2009.4.25 12:08

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は米国を訪問、カリフォルニア州南部サンタバーバラの大学で24日、講演した。5月6日までニューヨークなどで講演や対話集会に出席するが、米政府関係者らと会談する予定はないとしている。


中国と仲良しになりたい関係」で、どうしてもダライラマ14世と
合うわけには行かないのだろう。
アメリカの「人権意識」も堕ちたものである。(苦笑)


英仏もそうだが、「人権より経済が優先」とは、アメリカ精神も
大したことは無い。
自分に都合のいい時だけ「人権」を振り回すのは、どこかの国の
サヨクと変わらないではないか。(苦笑)



彼は、逆境の中でも「非暴力」を貫いており、しかも最大限
中国政府に歩み寄り「平和的解決」を志している。
にもかかわらず、中国共産党はチベットで弾圧を継続しており
話し合いも碌にしようとしていない。


チベット地域では、現在ウランなどのレアメタルが産出され
中国にとっては、絶対手放せない状況になっている。
ウイグル地域では、核実験を繰り返しており、こちらでも
反政府勢力を徹底的に取り締まっている。

しかも、両地域では「同化政策」が進められており、中国人(漢民族)の
入植が急ピッチで推進されている。

この植民地政策・人権弾圧に対して、世界は沈黙している。


もちろん日本もである。


こんな事をしていれば、世界に「天罰」が下るだろう。

金融危機などという生易しい天罰ではない。
パンデミック(感染爆発)がメキシコ発で拡大しているが
急速に世界に拡散しているようだ。

フェーズ5

これが予兆なのか・・・。



参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:41 | 長野 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係

年金保険料後払い、規定違反2300件

国民年金:未納分、時効超え2300件納付 04〜05年度、社保庁受け入れか

 国民年金保険料は過去2年分しかさかのぼって納められないのに、社会保険庁がそれを超えて納付を認めた疑いのあるケースが04〜05年度だけで2300件あることが分かった。舛添要一厚生労働相が17日、衆院厚労委員会で長妻昭議員(民主)に答えた。



調べれば調べるほど「疑惑」が深まる社会保険庁
今度は「国民年金の不正受領」が発覚した。
しかも、「知り合いが含まれている」可能性があるらしい。
未納記録を消す」と言う行為があったことが確認されている。

社保庁はいずれ「解体」される。
いまのままで解体されれば、「逃げ切り」成立である。(苦笑)


独立行政法人になれば「別組織の事は、知りません」で
押し通す事は、これまでの官僚達のやり方を見れば、明らかだ。

今の麻生政権は「公務員制度改革」をやる気は無い。
というより、「やれない」状況になっているので、期待は出来ない。

肝心の桝添大臣も、最近は「息切れ」状態で、さすがに官僚の
抵抗に疲れが出てきているようであり、孤軍奮闘の限界点にある。

早期解散が国民にとっては急務であるが、かといって民主党に
政権など渡せば、この国はガタガタにされてしまいそうである。


一体どうすればいいの???!!!(お手上げ)(笑)


そうだ!


社会保険料、税金の不払い運動を起そう!・・・・・


でも・・・、特捜部が「国策捜査」で逮捕に来るかも・・・。(苦笑)


ええい、もう、どうにでもしやがれ!

なんてヤケクソになっては、いけない。
粘り強く、諦めず、一歩一歩進めるしかない。

年金記録を粘り強く訂正させ、不正を正させ、無駄遣いを無くさせ
最後は、職員全員を「晒し首」にしたい。(笑)

その前に「獄門」で死ぬほどの苦しみを味わわせなければ、
私の気持ちは治まらない。

人間、痛い目に合えばしばらくは大人しくなる。(苦笑)
100年は大人しくしてもらわなければならない。
それに見合った「獄門」でなければならない。

どうしてくれようか・・・。(笑)


お粗末!   m(_ _)m


国保、財政悪化止まらず 公費補てん拡充不可避 厚労省検討


落ちを書いた後に、こんな記事が目に入ってしまった。(苦笑)

経済危機で「払えない人」が増えているらしい。
そうだろうなあ・・・。
我が社も、かなり厳しい状況になっているし、他人事ではない。

いつ食えなくなるか判らないのだ。

健康保険料は天引きなので、逃れようも無いが、しかし・・・
なんか方法は無いか?  などと、不埒な考えが頭をめぐる。(笑)


この国は本当に「豊かな国」なのか?

はなはだ怪しい!

再び、 お粗末。  m(_ _)m(爆)

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 12:03 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行政関係

フジモリ元大統領:見殺しにするのか、日本政府

フジモリ氏長女、人気急上昇…「父は無実」身重でアピール

 【リオデジャネイロ=小寺以作】ペルーのフジモリ元大統領(70)の長女で、国会議員のケイコ氏(33)の人気が急上昇している。


父親を救い出すには、自分が大統領になる事である。
と、思っているかどうかは知らないが、健気に頑張る姿には
大和撫子的情景を感じるのは私だけか・・・。


フジモリ大統領は、列記とした日本国籍を持つ「日本人」である
にもかかわらず、日本政府は無視し続けている。

拉致問題と言い、日本政府は「邦人保護」をなんと思っているの
だろうか?
国家主権を行使する気の無い政府など、存在価値があるのだろうか?

外交の麻生」は、こういうところで発揮できなければ、
単なる「張子の虎」ではないか!(怒!)


しかも、彼は「日本人の恩人」であろう。 あの「大使館占拠事件
を忘れてしまったかのような、「非情な態度」は、許せない。

今の政治家は、選挙のことしか頭に無いのか。


日本政府は、フジモリ氏が日本に滞在していた時も、彼に対して
非情に冷たい態度を取り続けていた。
彼は、日本の政界に立候補しようと、支援者を探していたのだが
日本の政治家は、相手にしなかったようだ。


何故だ!


彼のような国際的な視野を持つ人材は、日本にさえ居ないではないか。
彼の外交力は、世界が認めているにも関わらず、何故、登用しようと
しなかったのか?


腹立たしい!


再度言うが、彼は、列記とした「日本人」である。


彼をこのまま放置しておいて、日本人として恥ずかしくないのか。

恩知らず

これは日本では、一番の「恥さらし」な行為である。


オヤジは、腸(はらわた)が煮えくり返っている!!!



参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 01:24 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係

2009年04月29日

河村・名古屋新市長:「減税」拒否なら解散

河村・名古屋新市長:「減税」拒否なら解散も

 名古屋市長選で初当選した河村たかし氏(60)は27日、毎日新聞中部本社の藤田健史・編集制作総務と会見し、選挙で公約した市民税10%減税に議会が抵抗した場合、解散も辞さない強い姿勢で臨む方針を明らかにした。関連条例の提出時期については、6月議会を目指すものの柔軟に対応する考えも示した。


河村氏、民主党時代の不遇を跳ね除けて名古屋市長に当選したら
早速、ジャブを繰り出した。

気合入っているが、気をつけないと足元を掬われる。
議会与党は自民党系が多く、民主は野党である。
世論が支持しているようなので、下手な事はできないだろうが
最初から無理は禁物。

柔軟に対応する姿勢は見せているので、まずは様子見か?(苦笑)

公約実現が第一義であり、政治家は結果がすべて
正攻法ばかりでは結果が出せない可能性があるので、変化球も
随時繰り出して、とにかく実績を上げる事が先決

市民税については、市民が反対する理由は無い。
議会もおおっぴらに反対は出来ない状況にあるので、これを踏まえて
世論をバックにぜひ実現させて欲しい。

これが成立すれば、他の自治体への波及効果が大きい。と見る。


経済危機と政治・官僚不信が合体すれば、税金に対する国民の
不満は増幅され、国民運動に発展する可能性もある。


河村名古屋市長、お願いしますよ!(笑)


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:21 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

財務相・財政演説:ハチの一刺しが経済危機になった

日本経済、まさに「経済危機」と言える状況=財務相・財政演説
2009年 04月 27日 13:18

[東京 27日 ロイター] 与謝野馨財務・金融・経済財政担当相は27日午後、衆議院本会議で2009年度補正予算案提出に伴う財政演説を行い、日本は経済危機と言える状況にあるとの認識を示した。


なんとまあ「ハチの一刺し程度の影響」とか言っていたのは
何処の誰でしたっけ?(苦笑)


見通しの甘さは、与謝野さんだけではないが、あまりにもお粗末。
財政規律を重要視する与謝野氏としては、財政出動は死んでも
やりたくなかっただろうが、100年に一度の経済危機と言われては
やらざるを得なかった。

しかし、

中期的な財政責任を果たすことが必要と強調。財政規律の維持や、持続可能な社会保障構築と安定財源確保に向けた取り組みを着実に進める


と言っているという事は「消費税を上げますよ」と言っているのだ。

とにかく「国民から金を取る」ことしか方法が浮かばないらしい。
芸無し」とは、こういう男を言う。

官僚政治家そのものであろう。  情け無い。


こんな政治家に、財務・金融・経済を全部預けている麻生氏は、
他にお友達が居ないのか?(苦笑)

返す返すも「中川昭一の不祥事」が悔やまれる。
ショウちゃん、大いに反省するべし!(涙)


同相はこの対策によって景気底割れを回避するほか、中長期的な成長を確保するため「低炭素革命」「健康長寿・子育て」「底力発揮・21世紀型インフラ整備」の3分野を緊急性の高い施策と位置づけて実行していく考えを示した。


なんとも「迫力の無い政策」ではないか。(笑)

エコロジー&セーフティ・ニューディール政策」くらいの
気の利いたキャッチを言えないものか。

横文字を並べるのも、なんだかなぁ〜〜〜ではあるが。(照)


小池百合子議員なら、もっと気の利いた事を言えるかも。(笑)
彼女の考えた「クールビズ」は、戦術が功を奏して国民に
受け入れられた


彼女は、あまり評判が良くないが、国民に対するアピールの方法を
知っているようで、こういう点は、他の政治家も見習うべきで
ある。

国民の心を捉えることは、政治家にとって重要なことであり
政策実行の為の重要なファクターである。

 
こうした財政状況を踏まえて同相は「中期の財政責任を果たしていくことが必要」と強調。「財政規律の維持や持続可能な社会保障構築とその安定財源確保に向けた取り組みを着実に進めていく」と述べ、財政健全化に向けた取り組みの重要性を訴えた。


与謝野氏は、どうしても今の借金体質が気に入らない。
しかし、日本の借金は、ほとんどは国内の(国民への)借金であり
海外からの借り入れは無いのだ。

さらに国民の資産は、借金を上回るほど充分なものがある。
こだわる必要は無いと私は思う。 無視されても困るが、
これにこだわるあまり、肝心な国民の士気を減退させるような
ことになっては、元も子もないからだ。

官僚達は、自分たちの裁量の範囲が狭まるので、ことさらに
借金を強調して、危機を煽る傾向がある。

しかし、今の官僚達に金を渡しても、既得権益を守る為に
使われるだけであり、国民の為には使われない、と思うべきであり
これ以上税金を渡す必要は無い」と思える。

金など「足りないくらいで丁度いい」。(笑)

足りないから工夫して、有効に使おうと考えるのであり
余分な金があっても「無駄に使う」だけなのだ。


今回の財政出動で、一番喜んでいるのは官僚達であるということを
国民は知らなければいけない。
官僚の財布を膨らませれば、官僚達は「やりたい放題」に
愚策を実行
しようとするであろう。

国の「借金の脅し」に騙されてはいけない。

これ以上の財源など、日本は必要としていないのである。
無駄遣いを徹底的に無くさせ、健全な使い方を官僚達に
教え込まなければいけない。

増税反対!

財政使途の健全化を最優先せよ!


官僚と族議員たちの横暴を退治しなければいけない。

それには「構造改革の推進」しかないのだ。
セーフティネットを充実させ、健全な競争社会を実現することで
共生社会」が確立する。

国民は、賢くなろう!


国民運動体 HPへ >>


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:42 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済関係

2009年04月28日

TBSやらせ番組:往生際が、相変わらず悪いマスコミ界

「思い込み・勘違い」だから許される。と言わんばかりのTBSの欺瞞体質には、今更ながら呆れる。

TBS広報部は「国が管轄する交差点では本来、ブラシを上げるものだと思い込み、業者に依頼をした。勘違いでありやらせではない」としている。


業者に依頼した

のに、やらせではない。???(苦笑)

じゃあ、「やらせ」って、どういうのを言うのだろう?(笑)


こういう子供じみた言い訳しか出来ないレベルの広報部も
どこかの官房長官と五十歩百歩。
政府の批判記事など、もう書いて欲しくない。
目くそ、鼻くそを笑う」類のレベルであろう。(苦笑)

番組スタッフが「正式な方法で清掃してほしい」と業者に依頼


とあるが、本当にこういう依頼の仕方をしたのか、も疑わしい。



国と地方の「二重行政の現場」

として報道したかったらしいが、取材の仕方も、視点も
高校の新聞部より低いレベルではないか。(笑)

こんな枝葉末節の現場でなくても、二重行政の弊害なら
大きな問題がいくらでもある。

たとえば宇宙ビジネスがそうだ。

経産省と文科省の縦割り行政で、中国にロケット基準(スタンダード)を
奪われそうになっているのが
現状だ。
お互いが情報を共有せずに、各自で行動している為に、相手国は
何処が窓口かわからず、日本と取引をしたくても出来ないでいる。

その内、中国が入り込んできて、もって行ってしまうのだ。


国内のこんな小さなことで「やらせ」をやって、経費を浮かせても
結局は、視聴者やスポンサーの信頼を失って、ますます広告が
取れなくなって行く。

費用を掛けられないから、また、手近な所で取材をする。
うまく表現できなければ、またまた「依頼」と称する「やらせ」を
やり、ばれたら「勘違い」で済ませようとする。

堕落のスパイラル」は止められない。(苦笑)


こんなメディアは、もう要らない。
やっぱり「楽天」に買ってもらった方がよかったのではないか。(笑)

TBSさん、国民(子供含む)はみんな、笑ってるぜ!


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 17:22 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ関係

農政改革:夏に中間案 政府、方向感示せず

「コメ政策で選択肢を」 首相、閣僚会合で指示

 政府は17日の農政改革関係閣僚会合で、関係省庁の特命チームがまとめた改革の「検討方向」を了承した。今夏をめどに改革案を詰める。麻生太郎首相は生産調整(減反)の見直しなどが焦点のコメ政策について「政策的な選択肢を出さないといけない」と発言。


石破大臣の肝いりで動き出した「農政改革関係閣僚会合」で
食料自給率向上」などを課題にした検討会である。

いままでタブーとされてきた農業政策に踏み込んだのは、
食品汚染問題や産地偽装の問題が顕著になり、食糧安保が
危ぶまれる状況が表面化してきたからだ。


日本の農家175万所帯の内139万所帯が兼業農家であり、
農業収入は全所得の10%程度である。このため、実に農産物の
約60%以上は専業農業で生産されているが、専業農家は37万
所帯しかない


今の日本の農業政策は、この兼業農家に対する支援策とでも
言えばいいのである。本気に農業をする人たちを支援していない


さらに今回の金融危機で、工業界が大打撃を受け雇用の
受け皿が無くなり、これに替わる受け皿が必要になった事も
大きなきっかけになっている。


既存農業の保護政策の弊害が囁かれながら、一向に改善の
動きが見られなかった農業界にも、構造改革の波が迫ってきた。

規制緩和が一番遅れた分野であるが、これ以上放置できない
所にまで来ているということである。


ことは農水省だけではなく、農協組織のあり方、農家の意識改革
農業政策の大転換、農業市場の見直し
と、広範囲にわたる。


新規参入が出来ない世界に、発展も無ければ、存続も無い。
所得保障をしていれば解決するような時代ではなくなり、
競争力の強化は、喫緊の大きな課題となりつつある。

改正農地法では専業農家の増加や、企業の農地利用
認める内容になっているようである。
既得権益者の抵抗が強いようだが、石破大臣には期待したい。

現在の農業の形のままでは、高齢化でやがては破綻する。
若者の農業参入、新規企業の農業参入、減反の廃止
日本の農業は、大きな転換点にきている。

食料自給率70%なんて、世の中が来るのか?(汗)


日本の底力に期待したい!

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:41 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交問題

2009年04月27日

韓国もロケット(人工衛星)発射実験へ

韓国ロケット日本領海上空通過へ 初の人工衛星搭載
 主要/2009年04月18日 16:24 

 韓国が今年7月末、南部の「羅老宇宙センター」から打ち上げる予定の初めての人工衛星搭載ロケットについて、日本の領海上空を通過する経路設定で最終調整していることが18日、分かった。複数の日韓関係筋が明らかにした。


やれやれ、韓国もかい?!(笑)
まあ、韓国の場合は、余計な心配は要らないのだろうが、失敗
すれば、日本に被害が出る可能性はあるわけで、大丈夫?

それより、人工衛星が欲しいのなら、日本に任せておけば
ちゃんと打ち上げてあげるのに・・・。(笑)
あまり、無理しない方がいいんじゃない。  通貨スワップで
日本をATMのごとく利用している国が、そんな余裕は無いと
思いますが。

景気づけにはいいか・・・。(笑)  不景気だし。


くれぐれも打ち上げは慎重にお願いします。 m(_ _)m


たださあ、何も金が無いからって、偽札作ってまで日本で
使うなよ。
それもただのコピーだって言うじゃん。

日本を馬鹿にしているの?(苦笑)

偽一万円札「100万円使った」 容疑の韓国人逮捕
2009.4.24 17:36

 偽造した一万円札を東京都荒川区の茶販売店で使ったとして、警視庁捜査2課と尾久署は24日、偽造通貨行使の疑いで、韓国籍で住所不定、無職、蔡(チェ)明信(ミョンシン)容疑者(35)を再逮捕した。


日本円貸してやったのは、偽札作る為じゃないよ。(苦笑)
困ってるって言うから、くずみたいな紙切れと交換してあげたのに
裏切るなよ!


韓国女優「性接待」自殺 芸能関係者らを強要容疑などで書類送検
2009.4.24 13:07

韓国の警察当局は24日、女性タレントのチャン・ジャヨンさん(26)が「性接待を強要された」などと書かれたメモを残して自殺した事件の中間捜査結果を発表、芸能関係者ら8人を強要などの容疑で書類送検したことを明らかにした。


儒教社会ってのは、こういうことが慣習としてあるんだね。
かつては「売春公務員」の居た国だし、私には驚きでも何でもないが
近頃の人は、そんなこと知らないでしょう。

一昔前には、別の意味の「韓流ブーム」があって、高度経済成長
の最中で景気が良かった日本の男は、韓国へ韓国へと行ったもんだ。
「00パーティ」とか言って、個室で酒飲んで・・・。

日本の芸能界でも、似たような噂は今でもあるし、この世界は
一般人の常識は無い人たちの集まりであるのだろう。
表の華やかな面と、その分、裏のどす黒い部分とがバランスして
成り立っている世界なのかもしれない。


ただ、韓国人の場合、今現在でも東南アジアでの蛮行が、国際問題
になっているので、容認は出来ませんな。

日本人を見習いなさいよ。  ちゃんと、謝るよ。(笑)

お粗末!  m(_ _)m


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 15:00 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係

ニッポン宇宙開発元年

ニッポン宇宙開発元年――夢とビジネスの狭間で -

09/04/17 | 18:10

 北朝鮮は「試験通信衛星」の打ち上げと称し、ミサイルの発射を強行した。北朝鮮のロケットの第1段は日本海に、第2段は日本列島を飛び越え、太平洋に落下した。

 日本の宇宙産業界は、北朝鮮の打ち上げを複雑な思いで眺めている。もちろん、国連決議を踏みにじる暴挙は許せない。が、正直、ニンマリする一面がないでもない。


たまには元気の出る記事を書こう。(笑)

2009041000164639-2.jpg

昨年5月に制定された宇宙基本法。

 基本法は早期警戒衛星や情報収集衛星(IGS)など新しい「軍需」に道を開いた。宇宙政策の司令塔となる宇宙開発戦略本部(本部長・麻生太郎首相)の豊田正和事務局長が言う。「(打ち上げの)数を上げていく。予算も最大限増やしていきたい」。


2009041000164639-1.jpg

「軍需」拡大より一足先に、国際市場でも凱歌が上がった。昨年末、三菱電機がシンガポール・台湾向けの大型通信衛星を受注し、年が明けると、三菱重工業が韓国航空宇宙研究院(KARI)から多目的衛星をわが国の大型ロケット「H2A」で打ち上げる契約を獲得した。

衛星もロケットも、悲願の海外初受注だ。



良かった、良かった。(喜!)

米調査会社によれば、08年の日本の宇宙競争力は世界7位。中国、インドの下にランクされる。


がしかし、

 これが、本当の「天にも昇る」心地だろうか。1月23日、都立産業技術高専の石川智浩准教授は生徒12人とともにH2A15号機の打ち上げを見守った。15号機には生徒たちがはんだごてを握って製作した超小型衛星「輝汐(きせき)」が搭載されている。

 「夢のよう。学生たちは種子島にいることも信じられず、地に足が着いていなかった」(石川准教授)。

15号機には輝汐のほかにも、東大阪の中小企業が製作した「まいど1号」など6個の超小型衛星が相乗りした。H2Aを打ち上げた三菱重工の宇宙機器部・淺田正一郎部長にとって、今回のプレッシャーは格別だった。「韓国から商業受注した後の初打ち上げ。しかも、皆さんの夢を乗せた小衛星を運んでいる。今回は失敗できない、と」。轟音とともに、心配は吹き飛んだ。


よかった、よかった。(笑)

H2Aロケットは、「2段燃焼サイクル」。
スペースシャトルと同じ、世界トップ技術である。

これに政府の宇宙戦略が合流できれば、宇宙基本法の制定が
あらたな日本のビジネス産業に発展する可能性は大きい。

各省庁は、省益ではなく「国益」として、この宇宙産業を
大いに援護して貰いたい物である。

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 04:25 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係

2009年04月26日

公務員制度改革で町村派分裂か?

公務員改革、内憂再び 中川秀氏ら、独自法案へ議連

 中川秀直氏ら自民党議員約40人が17日、議員連盟「士気の高い霞が関の再構築を実現するための研究会」を立ち上げ、国家公務員制度改革の議員立法に向け動き出した。


この男、雲隠れして何やってるのかと思ったら、偉そうに
士気の高い霞が関の再構築を実現するための研究会」で、
国家公務員制度改革の議員立法」をしたいらしい。
あ、偉いか。(笑)


なんでも「子供に世襲させない宣言」をしたらしいが、そんなことは
子ども自身が決める事で、親のアンタが子供の人生決めるような事を
言ってどうする?!(苦笑)

モンスターペアレントと同根か?(笑)

自分の子育てに自身の無いものが言う台詞だね。
子供の人生は、子ども自身に決めさせなさいよ!

広島の教育界は、日教組色が強いから、心配だが・・・。(苦笑)
なんでも次男は、市長選で負けたらしいが、「正しい選択だ」と
親に言われた子供は、どうすりゃあいいの?(笑)


自分は養子になってでも政治家を目指したわけだから、総理に
なれなければ、立場が無い?肩身が狭い? 同情します。(苦笑)


この男、どこか民主党の代表と重なって見えるのは、
私だけ?・・・。

オヤジも年取ると目が悪くなって・・・。(苦笑)


大島理森国対委員長
も署名が70名以上になった事で、無視できなく
なって動いたようだが、どうせ、自民党が許可しなければ議員立法
の提出は出来ない
んだから、形式的なものでしょうが。

政府案を多少修正してでも、国民に改革姿勢を出したいのと
党内が纏まっている印象を作りたいこともあるか。
いずれにしても「選挙用」であることは、国民は、見通している。


自民党や麻生政権は、あまり「公務員制度改革」を押すと
官僚達がうるさくなって、また、スキャンダルをリークされては
せっかくの支持率回復がパ〜〜になるので、押さえたいのだろう。

 甘利明行政改革担当相が苦労するだけだし・・・。(苦笑)


与党の基盤が揺らいでくると、どうしても内部に不安感が出て
こういった「ジタバタ」する浮き足立った連中が出てくる。
こういう行動が、自民党の判断を誤らせるのである。



選挙が近いのだから、とにかく今は「纏まる」ことが大事
分裂すれば公明党の存在感が増すだけで、自民党にメリットは無い。
自民党支持者が混乱するような事は避けるのが、賢明である。


自民党は、補正予算が通ったら、ボロが出ない内にサッサと解散して、総選挙に出るべきではないだろうか。
下手にサミットや都議選にこだわっていると、解散のタイミングを
失う事になりかねない。


ボロが出ない内に、さっさと解散せよ!(笑)


今なら、たぶん、自民党は圧勝できる。  と見るが・・・。(汗)



中川さん、余計なことはするな!



参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 11:36 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員制度改革

世襲議員問題:何故これが問題になるのか?

民主党の政治改革推進本部(本部長・岡田克也副代表)が国会議員の世襲立候補を制限する方針を決めた。自民党でも論議が始まっており、次期衆院選に向けて世襲制限が争点化する情勢だ。


このことを「問題」だとする意見が多いのだが・・・。


菅さんが問題提起した議員の親族の立候補制限が、波紋を呼んでい
る。
(議員の親族の立候補制限などとまだるっこしいことを言わずに世
襲禁止といえばよいと思う方がいらっしゃるだろうが、日本では世
襲している議員はいない。みんな選挙で当選しているのだから

衆議院外務委員長河野太郎の国会日記より


議員自身は、上記のような意識であるようで、それならば
罪悪感は持っていないのであろう。

そもそもこれが問題化してきたのは、

 世襲議員である福田康夫前首相、安倍晋三元首相が相次いで政権を投げ出し、小泉純一郎元首相が引退に伴って次男を後継に指名するなど、自民党が批判材料を提供してきたのは事実だ。


というような「政治家の体たらく」が招いた言わば「自業自得
によるものである。
「・・・だから、二世議員は〜〜〜」というのが、一時国民の
間では「口癖」のように言われるようになっている。


その理由には、苦労もしないで

地盤を受け継いでいる
もともと親の選挙資金がある(しかも、無税)
地元での親の名声があり、知名度が高い


という「地盤・かばん・看板」の三点セットが、
事前に用意出来ていると、国民は思っているからである。


しかし、河野太郎氏が言うように「選挙で当選」してきているの
である。
選挙民が選んでいるのである。

これが本来、問題視されなければならない。

二世だから、世襲だからダメ、なのではない。

 世襲議員である福田康夫前首相、安倍晋三元首相が相次いで政権を投げ出し、小泉純一郎元首相が引退に伴って次男を後継に指名するなど、自民党が批判材料を提供してきたのは事実だ。


こういうことが立て続けに起こって、「ひ弱」な体質がある。
と、国民が思ってしまったのである。

人物本位で見回せば、優秀な人物はたくさん居るであろう。
しかし、「ひ弱」な印象が強く、「頭はいいが、気性が弱い」。
「根性が無い」「粘りが無い」「政治に対する執念が無い」という
ような印象を国民は持ってしまったのである。


しかし・・・・・

その人物を選んだのは「選挙民」である「国民」である。

問題は、これらの政治家を選んでしまう「国民」の側にある。

小選挙区制度」による「選択肢が無い」ということも大きな原因
のひとつでもある。

最近の選挙を見ていると、大方の投票率はせいぜい50%前後であり
多くても60%前後でしかない。
地方選挙では、70%を超えるような地域もあるが、ごく一部だ。

先日の千葉県知事選挙でも50%を割っている。
国民の大半が「無関心」なのである。

これでは「組織票」を持っている候補者が当選するのは、当たり前
であり、新人候補など「勝ち目」はないのだ。

ここに二世議員・世襲議員が多くなる原因がある。


となりの選挙区同士で「候補者の入れ替え」をしたところで、
組織同士が話し合って「選挙協力」をすれば、結果は同じである。

国民は「地元利益誘導型選択」を止めなければいけない。

国会議員は「国益優先」の政策を実行できる人物を選ばなければ
意味が無い。

よく当選した議員が「これから勉強します」と言う台詞を
インタビューで言うのを耳にするが、国会は学校ではない

政策を実践する場である。


立候補する前に勉強して来い!


と言いたい。(笑)


状況は日々変化しており、政治家が勉強する間待ってはいないのだ。
甘ったれて貰っては困る。
「先生」と呼ばれるのは、政策に精通している人だから、そう呼ぶ
のであって、国会議員だから「先生」と呼ぶのではない


国民は、立候補者の唱える「政策」を聞き、それを語る「人柄」を
見て、それまでの実績を考えて「投票」
しなければいけない。
国会議員は「ぽっと出」の人物が出来る職業ではないのだ。

政治とは、「権謀・術策に長け、相手を篭絡する」ことである。
そこには「国家を安定・発展させ、国民を幸せにする」という
大きな目的がある。 

だから、「権謀・術策に長け、相手を篭絡する」ことも許される。


地元に利益を誘導する」ことが目的であってはならないのだ。
それは地方自治体の首長がする仕事であり、国会議員がする仕事
ではない。

国民の一人ひとりが、「国を動かす」意識を持って、選挙に
臨まなければいけない。


国民運動体HPへ >>


ぜひ、いっしょに行動しましょう!






参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 06:50 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年04月25日

豚インフル感染疑い1000人超 メキシコ

豚インフル感染疑い1000人超 メキシコ
配信元:
2009/04/25 11:15  イザより

メキシコ市を中心に豚インフルエンザの人への感染が多数判明したことについて、メキシコのコルドバ保健相は24日、国内で感染の疑いがある死者が68人、患者が1004人に達したことを明らかにした。死者のうち20人は感染が確認されたという。



鳥インフルエンザで東南アジアや中国を警戒していたが、予想外
の所で予想外の家畜から発生していた。

すでに3週間で68人が死亡しているメキシコでは、1000人
以上の感染が確認されているらしい。

アメリカでも感染が確認され、豚肉もおちおち安心して
食べられないのか?(苦笑)

厚労省は「豚肉の感染は無い」と言っているが、今までが今まで
なので、鵜呑みには出来ない。


こんな中でも、日本人観光客は、ゴールデンウィークも重なり
「仕方が無い」と言いながらメキシコへ旅立っているらしい。

これも「平和ボケ」の内なのであろうか? 危機意識が無い。
日本以上に安全な国は世界には無いのだという事を、日本人は
知らない。

なんと「お気楽」なことであろうか。(苦笑)

自分が感染して帰国した場合、「他の人に迷惑が掛かる」という
ことを想像できないのであろうか?

予約の関係で、キャンセルは難しいのかもしれないが、少なくとも
旅行会社は、ツアーを辞めるべきではないか。
客は文句を言うかも知れないが、毅然として対応して欲しい。

ことは国民全体の安全保障の問題である。
損得勘定は、二の次三の次である。   と思えるのだが・・・。

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 18:02 | 長野 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 安全保障

政治家たちの価値観の違いがよくわかる

稲田朋美
町村信孝
安倍晋三
中山成彬


NHKの偏向報道番組問題で、ようやく保守政治家が動いた。
中山氏は「公開質問状」を出すようである。

心より「お願いいたします」と言いたい。 頼りにしてます。(笑)

出来れば、西川京子議員にもぜひ動いていただきたい。


にもかかわらず、未だにこんなことを言っている変な奴もいる。

自民党の加藤紘一元幹事長は24日、TBSの番組収録に出演し、麻生太郎首相が首相官邸で毎日、番記者に対して応じている「ぶら下がり取材」について「傲慢(ごうまん)な態度だ」と批判した


加藤紘一?  まだ、議員やってたのかい?!(笑)

記者クラブのレベルがあまりにも低いから、馬鹿にされるのであって
かつて石原慎太郎氏が国会議員であった当事にもあったことであり
珍しい事ではない。

ぶら下がり記者の方が、勉強不足なのである。

インタビューしている相手は、一国の総理大臣である。
それ相応の礼儀は当然であり、知識の無い記者がそこに居る事が
問題
なのである。
これは、そこに配置している新聞社にも責任があるのであって
加藤某が言うような「傲慢な態度」でもなんでもない。
諌めているだけの話であろう。  子供みたいなものである。

麻生太郎総理、気にしなさんな。(笑)


新聞記者など「国民の代表」でも何でもない。 新聞社の手先
でしかないのである。
特に、朝日新聞・毎日新聞にはお気をつけください。(苦笑)

ちなみにこの「売国議員」の党公認を外してくれると、国民は
幸せになれます。 あ、ついでに山崎某議員も一緒にお願いします。
(笑)

それにしてもこの加藤某議員は、「自分は親を超えた」と
思って居たんだネエ〜〜〜。  へ〜〜〜。  サブ(寒)〜〜〜。



一方、アメリカの先生にまで「総理の資格は無い」と言われてしまった
小沢一郎民主党代表ですが、アメリカ人に言われたくも無いが、
言われる方も情け無い限りだ。

民主党の藤井裕久最高顧問にまで「孤独に結論・・」と言われ
ほんとに「さびしい人」なんだわなあ。(お気の毒、笑)

政権交代の夢も無くなった事だし、いさぎよく政界引退したほうが
お体の為ではないでしょうか?
これからはご家族の為に長生きした方がいいのでは・・・。(合掌)

あ、くれぐれも子供さんを政界に入れないでくださいね。
国民は、迷惑ですから・・・。


腐ったマスコミで、コメンテイターでもやれば、生活は出来ます。
国連中心主義も、堂々と言えるかも。(苦笑)
妄想を語るのは、民間人なら自由ですし・・・。
「ファンタジー」とかなんとか言えば。(含笑)


今日は、毒舌絶好調で、すっきりした〜〜〜。(笑)


オヤジって、いやだね〜〜〜。(苦笑)

お粗末!   m(_ _)m


参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 15:16 | 長野 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 政治

民主鳩山・自民鳩山:この兄弟は・・・

【鳩山幹事長会見詳報】「(永住外国人の地方参政権は)愛のテーマだ。付与されてしかるべき」
2009.4.24 17:25   MSN産経ニュースより

民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、党本部で記者会見し、永住外国人への地方参政権付与について、「愛のテーマだ。地方での参政権は付与されてしかるべきではないか」と述べた。



愛のテーマだ」???(苦笑)  何言ってんの?(怒!)
誰に対する「愛」なのか、はっきりしてもらいたいものだが
こういう「情緒的」なことで、「国の安全保障」を脅かすような
政治家は、国にとって必要は無い。

国家意識の無い政治家など、「百害あって一利無し」である。
一体どうしちゃったのだろうか? この人は・・・。?

まさか「地球市民」敵思想に丸め込まれてしまったのでは
あるまいに・・・。
そういえば民主党内には、そういう思想を持っている旧社会党系
議員がゾンビのごとく生きていたっけ・・・。

支持基盤も朝鮮系が増えているようであるし、かつての自民党
議員も、すっかり様変わりである。

こんな政党に政権など渡せば、日本が消えてなくなる。


【SMAP草なぎ逮捕】鳩山総務相が「最低の人間」発言を撤回
2009.4.24 10:44  MSN産経ニュースより

鳩山邦夫総務相は24日午前の記者会見で、公然わいせつの現行犯で逮捕された「SMAP」の草なぎ剛容疑者を「最低の人間だ」と批判した23日の自らの発言を撤回した。



「かんぽの宿」問題での「言いがかり」といい、弟の方
最低の人間だ」と、言ってやりたい。(苦笑)

国民からの抗議で慌てて「撤回」したようだが、国民意識が
全く理解できていない政治家の一人である。

酒に酔った勢いで「裸になって騒ぐ」くらいのことは、
特に珍しくも無いし、誰かに危害を加えたわけでもなく、
いわゆる「犯罪者」とは、質が違う。

「羽目を外した」程度の事柄であり、取るに足りないことである。
マスコミは、騒ぎすぎであろう。

当事者が「超有名人」であったがために、視聴率稼ぎ、販売部数稼ぎ
マスコミの「餌食」にされてしまった格好で、気の毒である。

こんな事を「トップニュース」にするマスコミには、呆れる。


確かに本人に「自分は有名人である」と言う自覚が足りなかったかも
知れない。 「脇が甘かった」とも言えるであろうが、この手の
政治家に言われる筋合いでも無い

他人の事を言えた義理か」ということである。(苦笑)


兄の由紀夫と言い、弟の邦夫といい、この兄弟の人間性を
疑いたくなるような最近の言動が目立つ。

インタビューなどの画像を見ていると、どうも視線がおかしい
と思っているのは私だけだろうか?
焦点がぼやけたような、視線がキョロキョロしていて、異常な
感じを
受けたのだが・・・。(疑)


この兄弟、背後で何か起こってはいまいか・・・。(冷汗)

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 07:35 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年04月24日

チベット:善光寺で犠牲者の法要

善光寺追悼キャンドル.jpg

チベット支援に僧侶3百人 聖火リレーから1年、善光寺で法要

2009.4.24 09:04  MSN産経ニュースより

 チベット問題を訴える人たちと中国人留学生らがもみ合った長野市の北京五輪聖火リレーから26日で1年。チベット支援の輪は広がり、出発地を辞退した善光寺を中心に「宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会」が発足、会員僧侶は約350人、一般市民も1000人を超す。同会は25、26両日、善光寺でチベット騒乱犠牲者の「一周忌」追悼法要を行い、チベットの平和を祈る。



北京五輪聖火リレーでは「まるで中国国内のよう」に、留学生達
中国国旗を振り回し、チベット支援者や日本人に暴行を加えた
日本の警察は、「事なかれ主義」で、騒いでいる中国人は保護し、
それに抗議する日本人のみを逮捕した

リレーのスタート地点であった善光寺は、チベット弾圧に抗議して
スタート地点を辞退し、当日には「法要」を実行してくれた。

この勇気ある行動に賛同した支援者や宗教関係者が
宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会」を結成し
一般人会員1000人と共に活動している。

そんな善光寺で行われる
チベット騒乱犠牲者の「一周忌」追悼法要
支援の輪がジワジワと拡がっている。

善光寺では平成21年4月5日(日)から5月31日(日)までの57日間、数え年で七年に一度の盛儀「前立本尊御開帳(まえだちほんぞんごかいちょう)を行います。

ご案内ページへ >>

ちょうど「ご開帳」の時期でもあり、多くの参拝者にこの行事を
アピールして、日本の宗教界にも勇気ある活動をしているグループ
があることを知って欲しい。


チベットでは現在も弾圧が続けられており、マスコミの取材は
事実上、出来なくなっている。



欧米の「チベットへの裏切り」の中、ダライラマ14世は、
それでも「自治権」を求めて世界中に出かけている。
インド独立の父「ガンジー」にも似た「平和的行動」に徹し、
「非暴力・不服従」の姿勢を貫いている。

若いチベット人達の過激な活動を戒めながらも、毅然として
中国と対峙するその気高い姿勢
には、日本人の私でさえ頭が
下がる思いで居る。

チベットの存在を忘れてはならない。


欧米のように「金の為に中国に媚びる」様なマネはしてはいけない。
日本人は、そんな情け無い国であってはならない。

ダライラマの存在が、日本人の誇りを呼び起こすきっかけになれば
日本人自身が救われる事を知るべきであろう。

チベットの存在は、日本にとって「精神世界」を呼び起こす
重要な位置づけにあるように私には思える。


「チベットの存在を忘れてはならない。」

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 17:02 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際関係

ロシア:四島支配正当化する本を配布

ロシアらしい、姑息な手段である。

ロシア 四島支配正当化する本 首相訪日控え世論喚起
(04/22 08:55)
           北海道新聞より

【ユジノサハリンスク21日津野慶】ロシアによる北方領土の領有
を正当化する、ロシア外務省作成の本を、サハリン州政府などが配
布し始めた
。五月のプーチン首相訪日を前に、世論を喚起し、領土
問題に関するロシア側の主張を広める狙い。

北方四島を実効支配している根拠を、第二次世界大戦での日本の侵略行為に対する「罰」と説明するなど、強硬な論理を繰り返している。


しかし、これが「外交」のひとつの方法である事もまた、現実で
あり、日本は正論で立ち向かわなければならない。

北方四島を実効支配している根拠を、第二次世界大戦での日本の侵略行為に対する「罰」


などという「戯言」を言わせて於いてはいけない。

当時のロシアは、終戦を確認したうえで「不可侵条約」を一方的に
破棄して、日本領土内に侵入してきたのであり、侵略したのは
ロシアの方である。

しかも終戦間際のどさくさに紛れて「火事場泥棒」のごとくに、
北方領土を奪ってしまった。
「罰」を受けなければならないのは、ロシアの方であろう。

プーチンの訪日を控えて、北方領土返還交渉のハードルを上げて
有利に事を進めようとするロシアの作戦である。
外交は、正攻法ばかりでは勝てない。

しかし、日本としてはここはあくまでも「正論」で押し通して
貰いたいと思う。

すなわち
ロシアの日本領土支配は、国際法違反」であり
北方領土は「我が国固有の領土」である。
従って、即時返還を要求する。


ん〜〜〜、これじゃあ、帰ってこないわな〜〜。(笑)

誰かが「金で買え」とか言ってたらしいが、それは筋が違うだろう。(苦笑)

3.5島返還」も一見、妥協案としてありそうだが、これも
あまりにも安易な方法である。


北方領土返還交渉は、「ロシアが返す」と言うまで、粘り強く
交渉し続けるしか方法は無い。
こちらから「返せ」と言えば、ロシアは「返さない」と言うだろう
から、「返す」と言うまで、待つのである。


こちらが黙っていればロシア側は返って困るのではないか。
交渉カードにならなくなるからであるが、経済が困窮している
現在のロシアは、どうしても北方領土を交渉カードに使いたい
はずである。

それを逆手にとって、「知らん顔」を交渉カードにするという
手もあり、かも・・・。(笑)

まあ、あまり「欲しい顔」をしない事が、いいような気がする。

同じ土俵には乗らない事が大事なような気がするのだが・・・。


当時も今も、戦争は「勝てば官軍」である。負けた国が何を言っても
国際社会では通用しない。  それが現実であろう。


であるならば、「勝てる時まで待つ」と言う方法もまた、外交には
必要なのかも知れない。


さて、「外交の麻生」はどうするのか?

お手並み拝見である。(笑)



参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 00:05 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 領土問題

2009年04月23日

靖国神社:中国の内政干渉にはウンザリ

中国の靖国神社への参拝に関する「内政干渉」が続いている。
それに対しての日本の報道機関の姿勢にも問題が出ている。

靖国問題で不満表明=中国
                時事ドットコムより

 【北京23日時事】中国外務省の姜瑜副報道局長は23日、麻生太郎首相が靖国神社に「真榊」(まさかき)を奉納した問題で、外交ルートを通じて日本側に不満を表明したとの談話を発表した。



首相の靖国供物奉納に「不満」 中国、日本に表明

 【北京23日共同】中国外務省の姜瑜副報道局長は23日、麻生太郎首相の靖国神社への供物奉納に対し、外交ルートを通じて日本側に「不満」を表明し「誤った行為」が日中関係に深刻な影響を与えるとして歴史問題での慎重な対応を求めた、と発表した。
2009/04/23 14:03 【共同通信】


時事通信では「靖国問題」とあたかも何か「問題」があるかのように
報道しているが、共同通信ではそのような記述は無い

産経新聞では、さすがに擁護しており、それどころか参拝を
即している積極的な記事
である。


【主張】首相と靖国 堂々と参拝をしてほしい
2009.4.23 02:55  MSN産経ニュースより

 麻生太郎首相が靖国神社の春季例大祭に真榊(まさかき)を供物として奉納した。「内閣総理大臣 麻生太郎」名で奉納され、供物料5万円は私費から支出されたという。

 麻生首相は「国のために尊い命を投げ出された方々に感謝と敬意を表するものだと思っている」と説明している。できれば靖国神社に参拝してほしかったが、真榊奉納も、国民を代表して戦没者らに哀悼の意をささげた行為として相応の評価をしたい。


朝日や毎日はどうかと、見て見たが、現在の所はこの件の記事は無く
国会議員の参拝リストを記事にしているだけである。
この中で「閣僚の参拝は無かった」と、暗に、姑息な手段で
政府は参拝していない」と擦り込もうとしている。

国民の反応を見てから、記事を書くつもりなのであろう。

これが大新聞のやり口である。(苦笑)
赤字になるわけだ。(笑)


さて、何にしても麻生総理としては、訪中前である事も手伝って
無難な線で納めた形ではあるが、私としては「参拝しろ」と
主張したいところだ。(笑)

その上で訪中すれば、面白い事になったかも知れない。


日本が中国に気を使わなければならない事など、何も無い。
「内政干渉である」と撥ね付ければ良いのであって、この辺が
情けない所ではある。

靖国神社は、あくまでも「戦没者の慰霊の場所」であって、
それ以上でも、それ以下でも無い。
宗教施設でもなければ、歴史観を規定する所でもない。

そんな場所に参拝したからと言って、文句を言われる筋合いは無い
のである。

中国では、「墓を掘り起こしてでも罵る」風習があるが、
日本には、そんな野蛮な風習など無い。


「死ねば、皆、仏様」であり、敬いの対象になるのである。

増してや「戦没者」に対しては、感謝こそすれ「批難」など
思いも拠らない事なのである。

これが「世界一流の文明」の証であり、日本人は、堂々と
「死ねば、皆、仏様」と、泰然としていればいいのである。

中国が何か言ったからと、ドタバタすることなど無いのである。


簡単な話である。     以上!(笑)

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 17:05 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自立国家論(日本の道)

2009年04月22日

民放の日:57年目の大罪

初めて知ったが(いや、忘れていたのかも)今日は
民放の日」だそうな。

・民放の日(日本民間放送連盟tel.03-5213-7711)
 1951年のこの日、日本で初めて民放16社に放送の予備免許が与えられた。
翌年、日本民間放送連盟が発足。これにちなみ、<民放の日>を制定。196
8年に「放送広告の日」、1993年に「民放の日」と名前が変わり現在に至る。


長い間にすっかり腐ってしまったものである。(苦笑)

昨今のTV番組は、お笑いタレントと称する輩が、訳知り顔で
ニュース解説や、コメンテーターまでやる始末。
お笑いタレント」とは、そもそも何じゃ?(笑)

漫才や落語には「文化」が感じられるものだが、この「お笑いタレン
ト」なる者、「笑われる」ことを職業とするかのような、芸無し
ばかりにしか見えないが、偏見であろうか?(苦笑)

この傾向が顕著になってから、全く見なくなったので詳しい
内容には疎いが、ただただ「身内同士」で騒いでいるだけにしか
見えないのは、私だけであろうか?(笑)

広告費が激減して、特定業界の変な広告や、特定宗教の変な広告
が深夜まで流されている様は、不気味でさえある。

予算の関係からか、ほとんどお金の掛からないようなクイズ番組や
健康番組・料理番組などばかりで、さっぱり面白くない


変更番組と言えどもまだNHKの方がマシである。(笑)
まあ、こちらは景気に関係なく視聴者から料金を搾取しているの
であるから、予算は潤沢にあるのだろう。

3年もかけて放送する「坂の上の雲」の大ロケーションを
敢行するだけの金が充分にあるということであろう。


しかし、NHKの内部は、人材は潤沢に居るのであろうか?
私の言う人材とは、「まともな感性を持った人」と言う意味であるが。(笑)


まあ、何にしても「民放の日」であるのだから、NHKは横に
置いておいて、各民放には「公共放送のあり方」を真剣に検討する
日であって欲しいものである。


・・・・・、今更、無理かぁ?????(爆)



・アメリカ空軍の秘密兵器「ステルス」公開飛行(1990)


同じ日にこういう記事もあった。

何とも偶然とは、恐ろしきものよ!(笑)

posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:32 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ関係

橋下知事「霞が関にはうんざり」:国民もウンザリしています

 橋下知事は「霞が関がこれからも全国を仕切っていくのはうんざ

りで、そんな日本に将来はない」と現状を痛烈に批判


今日は「アースデイ」らしい。(笑)
勉強不足で今の今までこんな日があったことすら知らなかったが
なんでもアースデイには二通りあるようで、ひとつは3月21日これは国連のユネスコが決めた「アースデイ」。

もうひとつがアメリカが決めた今日4月22日の「アースデイ
であるという。(ウィキペディアより)

ユネスコに提唱されたのが1969年、決まったのが1971年。
一方、アメリカのは1970年に決められたらしい。

この微妙な決定次期からして、当時の国連とアメリカの関係が
想像できるが、現在では、このアメリカの方の「アースデイ」が
イベント的には大きいらしい。

アメリカ覇権の賜物と言えようか・・・。(苦笑)

・・・・・だから、なんだ?  ではあるが・・・。(笑)



日本に於いては、永田町の政治力より、霞ヶ関の行政力が強く
官僚支配の政策が優先されて、国が壊れて行っている。
信念の政治家を選出できないで居る国民にも責任はある。

そんな中で、大阪府民が選出した橋下知事が奮闘してくれている
姿が眩しく見えるのは私だけであろうか。


国の直轄公共事業費の地方負担金のあり方について衆院総務委員会
に参考人として出席した際の橋下府知事の発言である。

「霞が関がこれからも全国を仕切っていくのはうんざりで、そんな日本に将来はない」


と言い放ったようである。


個人的には、胸のすく想いではあるが、橋下府知事、気をつけて
くださいよ!
官僚達が言われっぱなしで居る訳はないので、足元を掬われない
ように、身辺には気をつけて欲しいと切に、真面目に心配する。


想像するに、これから大阪府やそれに同調する自治体に対する
霞ヶ関の陰湿な「嫌がらせ」が始ると見ている。
彼らは、表立って行動する事は無く、族議員や官僚出身議員
使って、自治体に圧力をかけてくる。

現在は、国民の支持率が高いようなので、直接的には攻撃して
来ないであろうが、彼らは「スキャンダル」を探している
何か「弱み」を掴んだらマスコミに「リーク」して、国民の
目を欺き、相手を社会的に葬ろうとしてくる。

「悪口・リーク・サボタージュ」は、官僚達の三点セットであり
国民は、これに騙されないようにしなければいけない。


橋下府知事を守っていかねばならないと、意を強くしている。


江田けんじ氏、渡辺喜美氏が呼びかけている草の根運動
官僚制度改革を国民的運動にしようと頑張っている。


ぜひ、ご参加を!

国民運動体  >>

参考記事を読む>>
posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 03:22 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 公務員制度改革

2009年04月21日

アンケート結果:希望する同盟国は何処?

希望する同盟国は何処?
日本が生き残る為に、どの国と同盟を結ぶのがいいですか?

米国 5件 (50.0%)
英国 1件 (10.0%)
EU 1件 (10.0%)
中国 0件 (0.0%)
韓国 0件 (0.0%)
台湾 1件 (10.0%)
インド 0件 (0.0%)
同盟は要らない 0件 (0.0%)
中東諸国 0件 (0.0%)
東南アジア諸国 0件 (0.0%)
ロシア 0件 (0.0%)
北欧諸国 0件 (0.0%)
ドイツ 1件 (10.0%)
フランス 0件 (0.0%)
イラン 0件 (0.0%)
その他 1件 (10.0%)


予想通りというか、非常に妥当な結果だと思います。

欧米が8件、アジア2件で、日米同盟が一番多いというのは
当面の日本のあり方としては、これしかないだろうと考えます。

コメントを見ますと、アジア(中国・朝鮮を除く)は安心して
付き合える国であり、欧州は、文化的価値観が近いという安心感
と言った事が、判断の根拠になっているようです。

コメント一覧 - 項目別に表示

「台湾」 : 近隣では唯一善良な国、他は東南アジア諸国 + G7 (男性/50代/山梨)

「EU」 : 文化的で人も成熟して価値観が日本に近いと思う

「その他」 : 戦前統治していた東南アジア・台湾・南太平洋地域(支那・朝鮮は除外)。他の国々にはその場の都合で。


特に「台湾」においては、嘗ての日本であった関係で、
親日的であったことが大きな要因ですし、現在の民主主義国家として
価値観は非常に近いものがあるからでしょう。

先日のNHKの偏向放送(JAPANデビュー)についての抗議を
見ましても、歴史的な事実を認識している読者が多いのは
心強い限りです。

日本は、台湾には貢献しこそすれ、搾取や欧米植民地のような
虐待的なことはしておらず、むしろ、日本人と同等なレベルで
国民教育をしようと努力をしました。

台湾の現在があるのは、インフラ整備を日本が行い、その上で
台湾国民が努力をしてきた賜物なのです。

その台湾を、中国に売り渡そうとする現国民党政権に対しては
日本は、警戒感を持って対処しなければいけないのでしょう。
中国化は、絶対に阻止しなければいけません。

日本のシーレーン防衛を考えても、ここを中国に取られますと
非常に危険な状態が生まれることになります。
また、ここが揺らぐ事で、必ず朝鮮半島情勢にも動きが出てきます。

中国が糸を引くでしょうし、韓国には、しっかりしてもらわなければ
なりません。  反日など持っての外でありましょう。


現在の状況の中では、日米同盟は外す事ができません。
その上で、アジア諸国の協力を取り付け、中国の影響力を
牽制しながら、外交を強力に進めるべきだと考えます。

また麻生総理が外務大臣時代に提唱した「自由と繁栄の弧」構想
再始動させるべきだと、私は考えます。

地政学的に考えますと、このラインは日本にとって非常に重要で
ここをロシアや中国に押さえられてしまうと、将来的に資源の
枯渇の可能性が出てくることと、多極化する世界勢力の構図が
大きく変わってくるように思っています。

現在でもグルジア情勢が不安定化しており、米ロの代理戦争
としての政権抗争が激化し、非常に危ない状況が現出しています。

アメリカ覇権が弱体化している現在、日本の果たす役割は
ますます重要になってきます。

アメリカが出来ない部分を日本が補完することで、この地区の
安定的な発展を援助しなければいけないでしょう。
イランに於いても、日本は良好な関係を保っており、情報ネット
ワークもかなり食い込んでいると聞きます。

独自の日本外交が必須となってくることでしょう。


東南アジアについては、現在、中国の影響力が拡大しており
日本は、後手後手に回っているのが現状のようです。
この方面の外交は、直接的な勢力範囲に影響してきますので、
相手国の要求をよく聞き、有効なODAをしなければいけない
のですが、外務省のやり方は、無責任であり、相手国にとって
返って「害毒」になっているのが現状です。

ODAをしたおかげで、感謝されるどころか「反日」
産んでいる現状は、外務省の責任は大きいものがあります。
大いに反省をしてもらいたいところです。

政府の「外交委員会」でも、一応、問題提起はされるようですが
河野太郎委員長は、本気で取り組む気は無い様に見えます。
いつも「アリバイ作り」で終わってしまっています。

この男、要注意です。(苦笑)


外交を有利に進める為には、相手国が安心して付き合えるような
普通の国」にならなければいけません。
また「頼りがいのある国」としての軍事的背景の整備は、
必要不可欠
だと思います。

現在、危機に直面しているアメリカを援助しつつ、アメリカの
協力を取り付けながら、中国とバランスを取りながら付き合い
自由と繁栄の弧」を強化して、中ロを牽制する事が日本にとっては
一番いい戦略であると思われます。

国内の政治・行政の混乱を一刻も早く収束させて、一丸となって
取り組む姿勢を構築しなければ、近い将来、災いが襲ってくるような
予感がしているのは、私だけでしょうか。(汗)

これからも目が離せませんね。(笑)


アンケートにご協力、ありがとうございました。
さらにご協力をお願いする事になりますが、なにとぞ
宜しくお付き合いのほど、切に願っております。


posted by 緑の保守派 風のヤマオヤジ at 16:02 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンケート結果
↓↓↓へんな国になりたくない、と思う方はクリックを!
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。